東京5週連続GIシリーズ開幕! 第1弾NHKマイルカップを少し展望。

スポンサード リンク

思い出のNHKマイルカップは・・・

 

思い出のマイルカップと言えば・・・創設2年目のシーキングザパールですかね。

フジテレビ青嶋アナの「文句なし名牝の道!シーキングザパール!!」は今でも鮮明に覚えてます。

デビューから高い素質を持て余して、3歳時(旧表記)は思わぬ惨敗と圧勝を繰り返しながら、明け4歳(旧表記)のシンザン記念を皮切りにフラワーカップ、ニュージーランドトロフィーと重賞3連勝、さらにマイルカップも大外一気の末脚で制し、重賞4連勝でGI制覇となりました。
以後は国内ではGI勝ちはありませんでしたが、モーリス・ド・ゲスト賞で日本調教馬による海外GI初制覇の快挙を達成しています。

当時の競馬界では外国産馬、いわゆるマル外がかなり幅を利かせていました。
ダイキブリザート、タイキシャトル、エルコンドルパサーにグラスワンダー・・・
他にも短距離、ダートを中心にとにかくマル外が強力でしたね。
トニービン、ブライアンズタイム、サンデーサイレンスのいわゆる『御三家』の産駒たちが活躍するにつれてマル外も減っていった感じですね。
良質な内国産馬が増えていったからでしょう。

東京GIシリーズ第1弾は大混戦!

さてさて。

今年のマイルカップは大混戦模様ですね。

上位人気が予想される馬たちは。。。
桜花賞4着カラクレナイ、桜花賞5着アエロリット、朝日杯2着モンドキャンノ、あとはアウトライアーズボンセルヴィーソあたりでしょうかね。

個人的にはボンセルヴィーソを応援したいです。
以前も書きましたが、リトルオードリーの近親(祖母リュバンドールがリトルオードリーの妹)。
競馬を見始めて間もない頃に4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)を制した馬です。
こういう血の繋がりが競馬の面白いところです。同期のエアグルーヴ、ビワハイジは日本を代表するスーパー母ちゃんに、またロゼカラーも「バラ一族」の基幹牝馬となりローズバド、ローズキングダムなどを輩出してずいぶんと水を開けられた形ですが、ようやく子孫から活躍馬が出てきて何よりです。
(祖母リュバンドールがリトルオードリーの妹)

マイルカップでは全力で単勝買いますよ!

ということで、皐月賞と同じくまともに考えても当たりそうにないので。。。
今週は好きな馬や頑張ってほしい馬から買うかもしれません。

春のGIシリーズは馬券的に不調なので、いったん気持ちをリセットしてみましょう。

案外考えすぎないほうが当たったりしますしね。
それもまた競馬の面白いところ!

明日以降、ちょっと真面目に有力馬を分析したいと思います。

↓↓ これからもちょっと懐かしいレースや馬も登場させますよー。応援お願いします!

にほんブログ村

混戦のときこそKLANに乗れ!?
前哨戦、大波乱のニュージーランドトロフィーも上位評価馬で決着!


一歩差がつく競馬予想ツール★KLANプレミアム

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です