京王杯スプリングカップ 振り返り。GI馬レッドファルクスの底力はさすが。

京王杯スプリングカップ

A6KN5ZWM
↑↑ netkeiba.comより抜粋。

2017年5月13日(土) 東京11R 京王杯スプリングカップの予想結果

クラレント来ましたね!
おそらくこれがクラレント最後の馬券にしようと思ってます。

本命に推したダッシングブレイズは後方から少し差を詰める程度で終わってしまいました。
レース全体としては積極的に引っ張る馬がおらず、まさかのヒルノデイバローが先行策を取りました。
さすがノリさん、そのまま4着に残しています。

レッドファルクスは重馬場も味方したと思います。58kgを背負って完勝ですからやはり力が1枚上でした。
一方のサトノアラジンは道中頭を上げていたように折り合いからチグハグ。直線もいつもの末脚は鳴りを潜めたまま惨敗。安田記念できっちり巻き返してくるのか?要注意です。

馬券的には3連単タテ目でアウト。
軸が当たれば相手が抜け、軸が飛べば相手が来るという・・・

なかなか噛み合いませんね。

そろそろスッキリ的中させたいところです。

果たして明日のヴィクトリアマイルはどうなる!?

馬選びはそこそこ当たるんですが。。。競馬はやはり買い方が難しいです!
同感!という方はクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara