マーメイドステークス振り返り。 本命キンショーユキヒメ! ハナ・ハナ差に泣く。

マーメイドステークス

 

荒れる牝馬のハンデ戦ということで、気合入れて穴馬チェックを行い挑んだ日曜の午後。

本命に単勝9番人気キンショーユキヒメを指名!

と言っても、私の本命はあくまで3着に入る馬という目線でつけてますので、この馬が勝つ!

というスタンスではありません。もちろんアルアインの皐月賞みたいに突き抜けてくれることもありますが。

 

軸馬に穴馬を据えましたので、手広く相手をピックアップしました。

 

さてさてレースのおさらいを。

 

プリメラアスールとショウナンバーキンが先頭争い、その後ろに人気のトーセンビクトリー、マキシマムドパリがつけます。

我が本命キンショーユキヒメは500kgを超える雄大な馬体を揺らしながら後方待機。

前半1000mが1.00.6のスローペース。いつも斬れないユキヒメ号、大丈夫だろうかと心配しながらもう1頭の芦毛マキシマムドパリが好位から早くも先頭に立つ積極的な競馬で4コーナーへ。

押し切りを図るマキシマムドパリにクイーンズミラーグロ、内からアースライズが迫る。

そして大外から来た来た!キンショーユキヒメ!

届くか届くか3着に! あと少し、差せ差せ差せーー!!と絶叫。

 

写真判定の結果、ハナ、ハナの接戦の末4着となりました orz

阪神巧者らしく上がり3F最速の脚を見せ、見せ場たっぷりのレースぶりは次走以降も注目です。

 

 

トーセンビクトリーはまだまだ掴みどころのない馬ですね。

また京都、中山あたりで人気落ちしてたら買っても面白い馬かと思います。

 

それではまた週末の競馬を楽しみに待ちましょう!

 

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。