週末の結果。日曜3場メインはいいところなく・・・

小倉記念

 

あんまり荒れないのは想定どおりでした。バンドワゴンは馬券にならんと思いをばっさり切ったのも想定通りでした。

ストロングタイタンが伸びなかったのは・・・想定外でした。

川田騎手のレース後のコメントを見ると敗因はこれから考えると・・・ 体調面なのか、それとも重賞の壁か??

持ち時計的にもレース内容としてもGIIIくらいでつまずく馬ではないと思っておるのですが・・・

中央場所でやれるのか?秋以降に持ち越しになりそうです。

 

指名馬にひと言

◎ストロングタイタン 8着

正直ここまでなす術なく惨敗するとは・・・やっぱり休養明けで-12kg、しかもレコード勝ちの反動があったのかも。

 

〇タツゴウゲキ 1着

レース当日に、騎乗予定だったデムーロが落馬負傷するというアンラッキーがありながら、代役の秋山騎手が責任を果たしました。

52kgの斤量にも恵まれた印象ですが、2番人気から直前で4番人気まで転落するという、いかにミルコ買いが多かったかという感じ。レース内容としてはとにかくロスなく回ってくる上手な競馬。前々走で1600万条件でシルバーステートに完敗の3着ながら良い内容、前走も勝負所で動けず6着に敗れながらも末脚は際立っていたのでこれくらいは走って当然。今後は重賞ウイナーとして歩み続けるマーベラスサンデー産駒。もう52kgで走ることはないでしょうが、頑張ってほしいですね。

 

▲ヴォージュ 6着

今回もバンドワゴンが作る1000m58.3のハイペースに苦慮した模様。たしかに好走した1600万連勝したときは1.00前後のスローペース。

かといって33秒台の切れがあるわけでもないので、重賞に上がると少し足りないかも。2000mの持ち時計も京都で1.58.2があるものの、今回の走破時計は1.58.5。勝ちタイムが速すぎた感もあり、今後は時計のかかりそう&スローペースに絞って買ってみてもいいかも。

 

△スピリッツミノル 9着

スタート直後の1周目スタンド前で早くも軽くムチで仕掛けられ・・・でも先団には行けないというズブさ。たしかに持ち時計もないしなーと後で反省。

今春GI、GIIでそこそこ戦ったところを評価したものの、オープンで掲示板が精一杯なのもまた事実。重賞で馬券圏内に入るのはしばらく先かも。

平均ペースで流れ、平凡な勝ち時計が見込まれるときが買い時ですかね。

 

×ベルーフ 4着

スタートはまずまずの飛び出しも、一完歩、二完歩目が遅く後方から。

3角あたりから進出、外を回って伸びるもコース取りの差でフェルメッツァに及ばず4着。ホワイト騎手が上手く乗って得意コースでこの結果。まだ衰えてはいないと思うので、斤量、展開次第では今後も穴を開ける可能性はあると思いますが。。。。

次の買い時はいつでしょう??

 

×カフジプリンス 5着

道中インコースで追い通し。直線もまずまずの伸でて掲示板確保。今回そこそこ走ったので次走また穴人気しそうですが、毎度こういう感じで掲示板止まりの可能性大と見ます。なにか買いたくなる衝動に駆られますが・・・馬券圏内に来るかどうかで考えると買わないほうが得策かもです。

 

 

消し馬の結果

バンドワゴン 11着

今回は思い切りよく、若かりし日を思い出したかのような逃げの手。早めに突かれる展開も苦しかったですが、それにしても反応なく惨敗。

脚元に不安もある馬ですし気性面も難しそう。負け覚悟の穴狙い以外はなかなか買いにくいですね。今後も応援していきたい馬ではありますが、馬券からは外して考えます。

 

サンマルティン 2

間違いなく一番強い競馬をしたのはこの馬。ハイペースを4角手前から進出、外から並びかけ楽々抜け出したところをインコースのタツゴウゲキに脚元をすくわれた形に。 ストロングタイタンかこの馬か、どちらを軸にするかの二者択一式でストロングタイタンを上に見立てましたが、いやはや恐れ入りました。

セン馬ですし今回も行きたがっていたようにまだ気性面で怪しいところはありますが、今の充実ぶりなら秋のGI戦線でも通用しそうです。好位につけて抜け出すときの速さは結構脅威的な感じがします。母ディアデラノビア譲りの切れを見事に引き継いでいます。 次走以降も注目です。

 

レパードステークス

 

エピカリス、やっぱり本物のデキにはなかったように思います。進路がなく厳しかったとはいえ、本来なら前が空いた瞬間に割って出れたはず。この1戦で評価を落とすわけにはいきませんが、次走以降も調整過程の観察は必要かもしれません。世代ナンバーワンであることは間違いないですがライバルと目されたアディラートが小倉で惨敗しただけに、今年の3歳ダート路線のレベル自体が低い可能性も捨てきれません。

どっちにしても今回のローズプリンスダム、サルサディオーネは買えませんね。やっぱりダートは難しい!(芝も難しいですが)笑

 

UHB賞

 

実はこのレースが一番自信があったんですが・・・ヒルノデイバロー軽視で撃沈しました。前走京王杯SCで逃げて4着に粘っていたものの、やはり追い込み馬のイメージが抜けず。先週に続きメインでナイス騎乗なノリさんでした。

本命タマモブリリアント、対抗イッテツは頑張りました。

 


みなさま、最後まで読んでいただきありがとうございます!

先週は残念な予想になりましたが。

今週も超難解そうな関屋記念。心機一転、また頑張ります!

↓↓ クリックで応援いただけると励みになりますm(_ _)m

KLAN競馬ブログランキング

※KLANプレミアムは2017年末でサービス終了となります。

 

管理人tom`sが愛用している競馬分析ツールがこちら。

「KLANプレミアム」です。

いいところをサクッと紹介しますと、

①ワンストップで必要な情報が閲覧できる(テンの3F、上り3F、コース形態、出走馬の過去成績など)

下の画像が実際のKLANプレミアムの画面です。

通過順位、テンの3F、上り3Fと上り順位、コース形態などをチェックできます。

②出走馬の成績がワンクリックでスライド閲覧できる。

下の画像、右上に出走馬一覧がありますね。

この馬名もしくは上部の矢印をクリックすると、画面を切り替えたり戻ったりすることなく過去の成績を閲覧できます。

もちろん上り3Fもチェックできますよ!

これが地味に便利!JRA公式HPだと1頭確認するごとにページ戻りが必要ですからね。

さらに上り3Fをチェックしようとするとさらにもうワンクリック、しかも1レースごとのチェックになるので結構手間です・・・

③KLAN能力指数が見られる

これは管理人tom`sは正直オマケ程度にしか見ていませんが・・・

たまにスマッシュヒット飛ばしてますよ。

たとえば17年桜花賞、皐月賞、ニュージーランドトロフィー。

いずれのレースも上位入線3頭に高い指数&穴馬マークが付与されています。

詳しくは以下の関連記事でチェックしてみてくださいね。

【KLANプレミアム(クランプレミアム)】 KLANスピード指数は侮れない!

2017.04.22

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara