【桜花賞】女王ソウルスターリングに土を付ける馬はいるのか!?

週末の雨予報にも拘わらず、ますます支持率上がってる感じの2歳女王ソウルスターリング。

母スタセリタはルメールの手綱でGIを3勝。(トータルはGI6勝)

スタセリタも重馬場のサンタラリ賞で6馬身差の圧勝を演じていることから、やっぱり重馬場も
問題なさそう。

今日は伏兵陣を分析してみましょう。

 

ミスエルテ

こちらも怪物フランケルの産駒。

強烈な末脚を武器にデビュー2連勝。朝日杯で1番人気に支持されるも末脚不発で4着。

負かした相手が低レベルかつ気性的な問題をはらんでおり、正直人気先行型な感じがするので今回は評価を下げておきたいところ。
切れ味勝負の馬なので、馬場が渋ると持ち味を削がれることも予測される。

カラクレナイ

この馬も末脚を武器に、2戦目で勝ち上がり目下3連勝で本番に駒を進めてきた。

父ローエングリンは3歳時にダートでも圧勝しており、重馬場の中山記念も勝っていることからパワーは十分。フランス遠征でも上位入線しています。
祖母のレッドチリペッパーは大好き馬だったのでこの馬も応援してあげたいなと。
(フィリーズレビューはレーヌミノルの単勝1点買いだったため悪役に。)
4枠8番と良い枠に収まったし、あとはスタートが心配。
この馬はミスエルテとは対照的に、馬場が渋っても伸びてくると思いますね。
距離もマイルはむしろ合うかと。 問題ないと思います。

 

ミスパンテール

いかにも不気味な存在。

派手さはないですが、パワフルな馬体と走り。かき込むようなフォームからは重馬場への適正を感じますね。
馬体が減っていると心配ですが、陣営からは徐々に増えているとのことで当日の気配に注目です。

ソウルスターリングに「並ぶとこまで行けば勝てる」と豪語している昆調教師もまた不気味。

 

アエロリット

勝ち切れない競馬が続きますが、センスと根性はいいモノがあると思いますね。

サフラン賞は抜け出したところを急襲されハナ差2着。フェアリーステークスは先行勢が総崩れの中よく踏ん張って2着。クイーンカップもレーヌミノルを見ながら直線しぶとく伸び、アドマイヤミヤビに食い下がり2着。

やや飛びの大きな走りなので馬場が心配ですが、レース展開に拘わらず確実に上位争いに加わる点は評価できます。

阪神外回りも合っていると思いますので、怖い1頭ではあります。

ほかにもフェアリーステークス、アネモネステークス勝ちのライジングリーズン、前走不利が大きかったジューヌエコールなど人気薄にも気になる馬がいますが、ある程度絞らないと収支が取れないので、当日までに優先順位をつけたいと思います。

果たして当日はどれくらいの馬場状態になるのか?

前日の同コースの阪神牝馬ステークスも参考になるかもしれませんね。

桜花賞、馬券的にも見るレースとしても楽しみです。

 

応援お願いします!

にほんブログ村

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です