フローラステークス振り返り。 ホウオウパフューム不発。。。

フローラステークス

K63UO6ZX
↑↑ netkeiba.comより抜粋。

2017年4月23日(日) 東京11R フローラステークスの予想結果

ヒモ穴どころか、頭から大荒れでしたね。。。
ハービンジャー産駒でワンツーフィニッシュ。

2着ヤマカツグレースは抑えてましたが、モズカッチャンはノーマークでした。
2勝馬の割に確かに評価が低すぎました。
本番オークスへはハローユニコーン、マナローラとともに鮫島厩舎が同厩3頭出しを狙っているようです。

さて本命ホウオウパフュームは中段やや後方から直線向いてもほとんど伸びず、8着敗退。
今日のペース、馬場だと辛いところではありますが、もう少し見せ場を作ってくれてもという気がしました。
前走の直線一気のインパクトが強かったですが、数値的には上がり3F34.5秒。
デビュー戦の東京2000mも今回とほぼ同数値の34.1秒。現状ではちょっと過大評価だったようです。
本来は切れ味勝負よりパワー型なのかもしれませんね。

フローレスマジックは今日も勝ち切れず。
この馬もスローペースの瞬発力勝負より持久力で勝負したいタイプですかね。
ただ、スタミナ豊富というわけでもなさそうなので、勝ち切るには距離や展開など注文が付くかなと。
3歳牝馬どうしなら2400mも守備範囲かと思いますが、将来的にはマイル前後がいいんではないかと思いますね。
姉ラキシスのマイラー版といった感じでしょうか?

個人的に注目していたレッドコルディスは5着。
東京2000mの大外枠はさすがに苦しかったか、ポジションを取りきれず。
直線もフラつきながらも、最後の1Fはよく伸びました。
馬体重が474kg→468kg→460kgと徐々に減っているのが気になりますが、体調整えて夏場に賞金を積み上げられれば秋華賞でも楽しみな1頭としておきます。

オークスへ向けて勢力図が入れ替わるほどのインパクトはなかったレースでしたが、モズカッチャンの決め手と勝負根性は見どころアリですね。
ハービンジャー産駒らしく距離伸びて本領発揮なるか??母系はやや短距離職が強いですが3歳牝馬どうしなら問題なさそうです。
有力候補の1頭に昇格といったところですね。

↓↓ ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村

2着ヤマカツグレースに穴馬印!予想はKLANに乗れ!?

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara