ダービートライアル青葉賞をさくっと予想。

青葉賞

ここで2着までに入るとダービーへの優先出走権が得られるので、各陣営どのくらいの仕上げで臨んでくるかの見極めが重要になりそうです。
この青葉賞を目一杯で仕上げてくる馬、ダービーを見据えた仕上げで出走する馬。

能力と仕上がりの両睨みで予想が必要になりそうです。
では人気上位に支持されるであろう馬たちを簡単に分析してみます。

 

アドミラブル

M3SZS517
↑↑ netkeiba.comより抜粋。

おそらく単勝1番人気に推されるでしょう。
未勝利戦の勝ち時計1.45.8が同日のオープン大阪城Sの1.47.1を大幅に上回っていることで高い評価を受けている馬。また皐月賞馬アルアインが制した毎日杯1.46.5をも上回っているところもクラシックを狙うにあたり、モノサシにしやすいかと。
ただ開幕週ということもあり、個人的には時計だけを鵜呑みにはできないと感じています(^^;)
先行して自らスパート、強敵サトノアーサーを破ったアルアインより上、とはさすがに言い切れませんね。
前走アザレア賞も先週500万特別勝ちを飾ったアドマイヤロブソン相手に圧勝しているところもポイント。ディープインパクト産駒で500kgを超える雄大な馬体は大物感あり。
どちらかというと母父シンボリクリスエスが強く出ている感じがします。

しかし!ムーヴザワールド、エアウィンザーらが集ったデビュー戦を大敗。
原因が喘鳴症、いわゆるノド鳴り。
手術を施し、復帰後に2連勝しているわけですが、ちょっと心配ではあります。
ダイワメジャーがこの病気から立ち直り、古馬になってからもGI4勝をあげていますが長距離路線を進む馬にしては厄介な病気に違いありません(ハーツクライはこの喘鳴症が引き金で引退)。

この青葉賞を勝てばダービーでも上位人気間違いなしかと思いますが、今回は少し様子見しようかと。

 

トリコロールブルー

スプリングステークス5着。左回りで2勝を挙げていることから今回も2番人気での出走となりそう。

ステイゴールド産駒にしてはゆったりと走る馬なので東京コースも合うと思います。
前走は評価下げましたが、今回は軸馬に据える予定です

 

ポポカテペトル

ディープ産駒にして伯父にクロフネがいる金子ブラッドの馬。

俊敏性に欠けると思われ、高速馬場になると厳しいかなというのが今の感想。
抑え程度に留める予定。

 

マイネルスフェーン

ステイゴールド産駒で堅実駆けが取り柄。東京2000mで未勝利勝ちをしているが近2走は中山で重賞2.3着。
レイデオロ、コマノインパルスと皐月賞に出走した馬と戦っており、キャリアも豊富。
今回が京成杯以来、3ヶ月以上間隔が開いており仕上がりが鍵。
脚質的に後ろから進めるので今の前残り馬場が合うかも微妙でこちらも抑え評価まで。

他にも水仙賞勝ちのイブキ大寒桜賞勝ちのアドマイヤウイナーあたりも穴人気しそうです。

個人的にはベストアプローチに期待します。
末脚に賭けるタイプですが、岩田騎手の騎乗、あと距離伸びて良さそうな血統(マイナーですが)が面白そうかなと。

こうやって見ると多士済々なメンバーとなっていますね!

他にも気になる馬がいますが、当日まで枠順を含めて考えます。

 

参考になったという方はクリックお願いします!

にほんブログ村

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara