2歳新馬 振り返り。1番星はケイアイノーテック!

 

さてダービーも終わり、新馬戦の季節がやってきました。

先週行われた新馬戦を振り返ってみたいと思います。

来年のダービー馬、オークス馬はいつデビューするのやら・・・

 

 

  【レース結果】

~ 6月3日(土)阪神5R メイクデビュー 芝1600m 10頭 ~

1着 ケイアイノーテック 1.36.8 福永祐一騎手

牡2 鹿毛

父:ディープインパクト 母:ケイアイガーベラ 母父:Smarty jones

調教師:(栗東) 平田 修

 

今年の1番星はディープインパクト産駒のケイアイノーテックでした。

母はダート短距離重賞2勝したケイアイガーベラ。

デビュー戦の体重が450kgとディープインパクトらしい均整のとれたコンパクトな馬ですね。

 

2番枠から好スタート。

道中は出たなりにインコースで折り合い、直線向いてもインコース狙い。

追い出してからは反応よく上がり3F33.5の脚で最内から抜け出し2馬身差の完勝でした。

ゴール前で止めるような仕草を見せたりまだまだ若さもありますが、マイル前後で楽しみな馬です。

この後はいったん休養を挟んで秋に備えるようです。

 

 

 【レース結果】

~ 6月3日(土) 東京5R メイクデビュー 芝1400m 16頭 ~

 

1着 ヴィオトポス (牝) 1.23.3 柴田大知騎手

牝2 青鹿毛

父:マツリダゴッホ 母:マイネヴィータ 母父:ナリタブライアン

調教師:(美浦) 田村 康仁

 

東京ではマツリダゴッホ産駒のヴィオトポスが新馬勝ち。

直線では何度もふらつくなど幼さ全開ですが、牝馬らしい切れを発揮しました。

上がり3F34.8、勝ち時計とも平凡ですが、今後の成長に期待ですね。

母マイネヴィータは01年札幌2歳ステークス、02年フラワーカップで2着。

ナリタブライアンの代表産駒の1頭でしょう。

 

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara