シルバーステート 復帰2戦目もあっさりクリア!

垂水ステークス

 

注目のシルバーステートでしたが、復帰2戦目もあっさり突破しました。

馬券的にはサッパリでしたね(*´з`)

 

週半ばの雨で多少馬場が緩いかと思いきや、3歳未勝利戦で1800m1.46秒台、同じく1000万条件で2000m1.58秒台、500万条件で1400m1.20秒台と相変わらずの高速馬場。

そんな高速馬場でシルバーステートがスピードの違いからハナに立ちます。人気のハクサンルドルフ、ミエノサクシードは出負け気味で後方から。

シルバーステートが引っ張るレースは前半1000m通過が59.6と平均ペース。

少頭数なこともあり道中は特に動きがないまま4コーナーへ。

直線を向いても持ったままのシルバーステート。軽く追い出すと一瞬で突き放し、楽な手応えのままゴール。

後方でもがくライバルたちを圧倒しました。

 

そして注目すべきは上がりタイムの推移。

ラスト4Fが 11.4 – 10.810.8 – 11.9。

このコース形態をご覧の通り、4コーナーへ向かう残り800mから徐々に加速、直線に入って追い出すと10.8の瞬発力。

そしてさらにもう1F10.8を継続し、最後の200は上り坂を完全に流して11.9でフィニッシュ。

コースレコードタイの1.44.5のおまけつき。時計の出る今開催とはいえ、馬なりのままこの時計は優秀。

かなりハイパフォーマンスでした。次走がどこになるか注目ですが、重賞は軽く突破できそうですね。

 

あとは脚元との戦いでもあります。無理せず、かつ賞金を積み上げるという難しい課題を抱えていますが無事に秋を迎えてほしい馬です。

 


みなさま、最後まで読んでいただきありがとうございます!

今週も頑張って予想しますよ!

↓↓ クリックで応援いただけると励みになりますm(_ _)m

KLAN競馬ブログランキング
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara