【馬券戦略】上半期を振り返り。

半年間の大まかな流れ

 

さて上半期の総決算宝塚記念が終了したところで、ブログ開設から今日に至るまでの苦悩の日々?を振り返りたいと思います。

まずは上半期を2ヶ月区切りで3つに分けてみましょう。

 

①1~2月 複勝期

 

ブログ立ち上げの時期です。

タイトルになっている通り、いかに複勝での的中率を上げてジャブのように確実に回収していくかを考えていた時期です。

当初は快調だったものの、東京新聞杯、きさらぎ賞あたりから不的中が続き、一度回収率が下がるとなかなか向上させるのが難しいと感じてきました。

ちなみにこのときは基本的にはガチガチ人気の馬に投票するケースが多く、的中率80%くらいじゃないと回収率100%を下回るような買い方でした。

的中率80%を達成する自信をなくし、少し思考が迷走し始めました。10回に8回ですからね、予言師でもあるまいし。

嫁からもらう小遣いだけで生活しているサラリーマンには、長く回収率マイナスの見込み状態が続くと心身ともに支障をきたすのです・・・

「好きな競馬を続けたいけど資金が。。。やらなければ減らなかったのに」、というネガティヴな思考が生まれ始めます。

まだ毎週馬券を買い始めて2ヶ月なのにね。

 

②3~4月 変遷期

 

転機は中山牝馬ステークス。

このときは複勝ではなくワイドを買ってレースに挑んでいました。

本命マジックタイムが2着に入り、1着にヒモ買いの5番人気トーセンビクトリー、同じく3着に7番人気クインズミラーグロ。

ワイドはマジックタイムからトーセンビクトリー、クインズミラーグロの2本が的中。合わせて1,750円分の配当をゲット。

・・・しかし3連単の配当は41,260円。

1頭軸マルチの5頭流しなら、60点買いで41,260円の配当をゲットできたわけです。

結果論ですが、少し複雑な気分になりました。

そのとき思いました。

 

「虎穴に入らずんば虎児を得ず。」

要するに競馬で勝ちたければリスクを負う覚悟も必要なのです。

 

ということで、この中山牝馬ステークス以降は3連単を中心に勝負することが増えました。

 

しかし・・・想定以上に当たらない日々が続き、心が荒んでいきそうに( ;∀;)

60点買いを毎週土日、東西のメインレースを買い続けると、月間約10万円の投資となります。

さすがにこんな買い方はできないので、1週間で1万程度を限度に購入するわけですが・・・

 

競馬を始めて過去最高額を投資していく中で、回収率は50%程度まで落ち込んできます。

このとき、2017年の収支がマイナス5万円くらい。

「この5万があれば・・・」

「さらに負けが膨らんだら・・・」

 

虎穴に入らずば虎児を得ず、の心意気はどこへやら。

現実を直視するのが辛い日々になってきました。

 

反比例するように、当ブログ複勝街道のアクセス数は少しずつですが上昇。

定期的に見に来てくれる方も増えてきました。

なんだか申し訳ないなーという気持ちも沸いてきます。

 

 

③5~6月 収穫期

 

東京5週連続GIもダービーを終えた時点で4連敗。そもそも春のGIがフェブラリーステークスのベストウォーリアの複勝以外すべて不的中というダメッぷり。

そして迎えた目黒記念で3連複7頭BOXが的中!

波乱の目黒記念! 三連複的中しました。

2017.05.30

8番人気フェイムゲーム、1番人気ヴォルシェーブ、13番人気ハッピーモーメントで決着し41,190円の配当をゲットしたのでした。

回収率がようやく上向き、そうはいってもまだ回収率66%。

少し心が軽くなりつつも、まだまだ負債が大きいなーと。

続く安田記念もレッドファルクス本命から9頭に三連複流し。36点買いで43,500円の配当ゲット!

しかも点数が36点と絞れていた(3連単1頭軸マルチ5頭流しの60点買いに比べて)ので200円購入していたので87,000円!

安田記念振り返り。三連複的中!3週連続3着のデムーロさん。

2017.06.04

 

天にも昇るような気持ちで、ようやく回収率105%へ。

 

念願の100%超えです。

 

そして函館スプリントステークス。

相手も絞れたので3連単1頭軸マルチ5頭流しで勝負。さらに軸抜けが怖いので三連複6頭BOXも押さえ。

結果はダブルで的中!

68,640円の配当を手にすることができました。

函館スプリントステークス振り返り。 三連単、三連複的中!やはり高速決着に。

2017.06.20

 

ブログ開設当初に掲げた「複勝で回収率120%以上」。

 

結果的に複勝ではなくなりましたが、半期でほぼ達成できたことは下半期に向けても自信になりました。

 

3着以内、この素晴らしきポジションにどの馬が食い込むのか?

それをとにかく予想する。

 

危険な人気馬を見抜き、手頃な穴馬を見つけ出す。

そして三連単、三連複どちらを選択すべきかを判断し勝負する。

1着はいらない。

 

私の本命は「3着以内に入りそう、且つ配当が見込めそうな馬。」

場合によってはガチガチ本命馬も推しちゃいますけども (‘ω’)ノ

 

このスタンスで下期も走りたいと思います。

 

ではまた!

 


※KLANプレミアムは2017年末でサービス終了となります。

 

管理人tom`sが愛用している競馬分析ツールがこちら。

「KLANプレミアム」です。

 

いいところをサクッと紹介しますと、

①ワンストップで必要な情報が閲覧できる(テンの3F、上り3F、コース形態、出走馬の過去成績など)

下の画像が実際のKLANプレミアムの画面です。

通過順位、テンの3F、上り3Fと上り順位、コース形態などをチェックできます。

 

②出走馬の成績がワンクリックでスライド閲覧できる。

下の画像、右上に出走馬一覧がありますね。

この馬名もしくは上部の矢印をクリックすると、画面を切り替えたり戻ったりすることなく過去の成績を閲覧できます。

もちろん上り3Fもチェックできますよ!

これが地味に便利!JRA公式HPだと1頭確認するごとにページ戻りが必要ですからね。

さらに上り3Fをチェックしようとするとさらにもうワンクリック、しかも1レースごとのチェックになるので結構手間です・・・

 

③KLAN能力指数が見られる

これは管理人tom`sは正直オマケ程度にしか見ていませんが・・・

たまにスマッシュヒット飛ばしてますよ。

たとえば17年桜花賞、皐月賞、ニュージーランドトロフィー。

いずれのレースも上位入線3頭に高い指数&穴馬マークが付与されています。

詳しくは以下の関連記事でチェックしてみてくださいね。

【KLANプレミアム(クランプレミアム)】 KLANスピード指数は侮れない!

2017.04.22


みなさま、最後まで読んでいただきありがとうございます!

今週も頑張って予想しますよ!

↓↓ クリックで応援いただけると励みになりますm(_ _)m

KLAN競馬ブログランキング

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara