『土佐黒潮牧場』 黒潮友馬会を応援しませんか?

土佐黒潮牧場について

 

土佐黒潮牧場は高知県須崎市にある、小さな牧場です。

引退した競走馬を引き取り、穏やかな余生を過ごせるよう牧場を運営しています。

牧場の目の前には太平洋が広がっています。

訪問してまず驚くのが、繋養されている馬たちの毛ヅヤが抜群なこと!

これは牧場スタッフさんが一生懸命、日々真剣に馬たちと向き合い、そして愛情をいっぱいに注いでいるからに他ならないのです。

馬のことを熟知し、1頭1頭の個性に合わせてともに生活する。そんな日常の光景が目に浮かびます。

スタッフさんの馬に対する接し方、話しかけ方、ひとつひとつの行動に馬たちに対する『愛』を感じることができました。

そんな幸せいっぱいの牧場で暮らす馬たちを少しだけ紹介します。

 

どんな馬に会える??

 

2017年7月現在の繋養馬は下記の17頭です。

ナムラコクオー号

アドマイヤスバル号

フィールドルージュ号

ヘッドライナー号

マンハッタンスカイ号

エイシンガイモン号

チャンストウライ号

レガシークレスト号&イブキラジョウモン号

皆さまのよくご存知な馬も多数在厩しています。

馬券でお世話になった馬、追っかけしてた馬、応援してた馬、逆に応援してた馬を撃破した馬・・・

ほんと競馬をやっていると、そのときの時代というか、いろんな思い出とリンクすることが多いです。

 

例えば私はエイシンガイモン。中学校受験を控えていた小6の冬の朝日杯。

勉強そっちのけでダビスタⅢをやりながら朝日杯観てたら、当然親に叱られ・・・苦笑

 

牧場や馬たちを応援するためにできること

 

黒潮友馬会に入会することで、牧場や馬たちを応援することができます。

 

一口5,000円を毎月お支払いすることで、応援したい馬の里親になることができます。

また里親という形ではなく牧場全体を応援するという形をとることも可能です。

毎月5,000円の負担は決して軽くはないですよね。その場合、半口2,500円という方法も対応いただけるようです。

 

土佐黒潮牧場ホームページより一部抜粋させていただきました。

華やかな競馬引退後・・・重賞ウイナーでさえも、
種牡馬、繁殖にあがれる馬は少ない現在です。
”経済動物”として、馬たちは短い一生を終えてしまうことも、
仕方のない現実でもあります・・・。

・・・当牧場の馬たちは、安住の地を見つけ、競馬引退後の今、のびのびと自由に余生を過ごしています。光り輝いています。
一頭でも多くの馬が幸福な余生を送れるよう、皆様も是非、当牧場の趣旨目的にご賛同され、友馬会にご入会ください。
この素晴らしい馬たちと共に人生を歩みましょう。

 詳細は下記リンクをご覧ください。

 

▶ 土佐黒潮牧場 黒潮友馬会について

▶ 黒潮友馬会 会則

 

毎日の様子がチェックできる土佐黒潮牧場さんのブログ「牧場日記」もぜひご覧になってみては。

馬たちの写真の他に、牧場内で飼っている猫ちゃんや大自然が楽しめますよ!

ほのぼの系で癒されること間違いなしです(*´з`)

 

また、土佐黒潮牧場についてインタビューしている記事もありましたので、リンク貼らせていただきます。

▶ REAL-VOICE【9割が殺処分】競走馬の行く末を辿る〜土佐黒潮牧場〜

▶ TOKYO FM ホンダスマイルミッション『引退した競走馬のための牧場を作った男性をリサーチせよ』

 

注意事項

見学希望の際には事前に電話にてお問合せを。(季節や天候により見学時間が変わります)

電話:088-857-0468

※AM9時~12時頃が見学可能時間となっていますが、夏場などはAM11時までだったりします。

 

競走馬のふるさと 土佐黒潮牧場へ。 エイシンガイモンの里親になった話。

2017.08.02

 

お客様へのお願い 牧場入り口の看板です。

 

では最後に牧場までのアクセス方法を。

▶ googleマップでチェック!

交通アクセス(土佐黒潮牧場HPより参照)

<高知空港から>

車で約50分

 

<高知道 須崎東インターから>

車で約20分

 

<JR高知駅から>

県交通バス(宇佐行き)

宇佐終点(約50分)→ 宇佐からタクシーで10分
<JR須崎駅から>

タクシーで20分

 

高知県交通お問い合わせ先
高知営業所:088-845-1611
宇佐出張所:088-856-0108
須崎出張所:0889-42-1705

 


みなさま、最後まで読んでいただきありがとうございます!

↓↓ クリックで応援いただけると励みになりますm(_ _)m

KLAN競馬ブログランキング
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara