キーンランドカップ&新潟2歳ステークス振り返り。 土日の収支は回収率126.8%でした。

こんばんは。

自称イクメンのtom`sはこの時間からブログを更新。

朝早起きの次男坊(1歳2か月)が起きるが先か、ブログ書き終わるのが先か笑

さて先週の競馬の結果は、土曜は好成績→日曜悲惨でトータル126.8%に落ち着きました。

土曜終了時点で約40,000円プラス収支だったので、日曜日は20,000円は利益確保するように馬券を買うつもりでしたが。。。

悪い競馬マインドにハマり、当たらない→次のレースも買う→外れる→新潟も買ってみよう→外れる→じゃあ小倉・・・

という具合に、絵に描いたようなダメオヤジっぷりを発揮してしまいました。

競馬において、冷静さを失うとろくなことがない典型例となりました。反省です。

最終収支はプラス13,000円くらいと、ずいぶん予算オーバー。7,000円くらいJRAに寄付した勘定です。

 

まあとりあえず勝ったから良しとしましょう!

この払戻し金が長男(5歳)の「ウーモ」に変身したのは嫁には内緒の話です(*‘∀‘)

たまには父ちゃんもいいところ見せなきゃね!(父はどうやら金づるのようです)

 

さてでは馬券的には残念な日曜日となったキーンランドカップと新潟2歳ステークスを振り返りましょう。

 

キーンランドカップ

 

なかなか力の要る馬場となった札幌競馬場。

勝ち時計は私の予測と+0.1秒差の1.09.0でした。

勝ち馬エポワスは9歳馬。今年すでに産駒がデビュー、今週の札幌2歳ステークスにも有力馬を送り出すオルフェーヴルと同期になります。

藤沢厩舎&ルメール騎手コンビも定着してきましたね!しかしあっぱれです。

函館スプリントステークスでおいしい馬券をいただいたエポワス様。前走大敗で評価落としましたが、ルメールに乗り替わりはやはり警戒すべきでした。

まあ軸のヒルノデイバローがぶっ飛んだので、どっちにしてもヒモどうしの残念な決着になったと思いますが。

 

指名馬にひと言

◎ヒルノデイバロー 12着

うーん、結果的には内枠がアダになった形となりました。

スタート一息から後方のまま。手応えも終始悪く、直線向いても反応なく何もないまま終わってしましました。

四位騎手のコメントから、脚をとられて進んで行かなかったと。なんとも残念な敗戦となりました。

今後はしばらくヒルノデイバローは馬券的にはお休みに入るかもしれません。

 

〇イッテツ 9着

これまたいいところなく惨敗・・・

函館スプリントステークスの展望で書いた通り、初速のある馬ではないですが、もう少し前に行けるかと思いましたが。

重賞では初速不足ということで競馬になりませんでした。

 

▲ソルヴェイグ 2着

外枠からすんなり先行して直線は馬場の真ん中へ。

最内で粘るナックビーナスを捕らえに行くところを内からエポワスにすくわれ2着。最低限の賞金加算は成功しました。

1頭になる時間が長く、ふわふわしていたとのことで併せる展開もしくはライトフェアリーがもう少し直線抵抗していれば結果は違っていたかもしれません。

これでスプリンターズステークスへ向かうことになりそうですが、展開、馬場次第でまた考えます。

 

△ノボバカラ 10着

懸念のスタートはまずまず出ました。

ただ流れに乗れず徐々に後退、4コーナーではほぼシンガリ。直線も数頭交わしただけとなりました。

このメンバーでトップ斤量57kgを背負っては厳しかったようです。穴馬としても資質はありそうな感がありますので適鞍に戻ればまた買ってみようかな。

 

×ナックビーナス 3着

無難なスタートからハナを奪う展開。先団から抜けてくるイメージがあったので意外ではありました。

パワーを活かして最短距離を一直線。昨年と同じくソルヴェイグの1つ下の着順となりました。

ここで好走してもスプリンターズステークスで即通用、ではないと思いますが、中山巧者なので一考。

 

×フミノムーン 4着

いつも通り後方から。4コーナーは大外を回して追い込んできましたが4着。通ったコースのぶん、距離ロスがありました。

次走はまた人気しそうなので、買うかどうかは当日の人気と気配(勘)次第ですね。

 

×ネロ 8着

ヒルノデイバローらと同じく内枠がアダとなって前に行けず。中野騎手もうまく息が合わなかったとのことでさすがの癖馬です。

ヒルノとともに、しばらく馬券はお休みです。

 

×ライトフェアリー 5着

外枠から予想通り前へ。今日も揉まれることなくレースを進められました。

直線もよく粘りましたが、相手が少し強かったようです。やや時計が掛かる馬場でのスプリント戦ならオープンでもやれそうです。

かといって次回自己条件に戻ってあっさり勝つかというと??そこは相手と人気次第です。

 

 

消し馬の結果

シュウジ 13着

マジックマンを持ってしても復調のキッカケをつかめませんでした。

むしろ内容は悪くなるばかり。ここの結果次第ではスプリンターズステークスでは注意が必要かと思いましたが不要そうです。

 

モンドキャンノ 6着

後方待機からジリジリを外から差を詰めるも掲示板にも乗れず。外から来たフミノムーンにも交わされてしまいました。

戸崎騎手いわく直線勝負に出た方が良かったとのことで、スプリンターズステークスに出走なら復調からの激走に注意が必要です。

 

新潟2歳ステークス

 

本命コーディエライトが積極的にハナを奪い直線でもフロンティアに抵抗、あわやのシーンもありましたが2着に敗れました。

勝ったフロンティアはドリームパスポートの弟。先行から上がり32.9秒を発揮しました。馬体が10kg減っていたのが気になりますが、秋には成長して帰ってきてほしいですね。

馬券的はコーディエライトの単勝とラインギャラントから三連複で勝負しましたが、ダブルでハズレ。

ラインギャラントは直線向くあたりまでは、おっ!?と思わせてくれましたが最後失速。距離はやはり短いほうがいいとのことで福島2歳ステークスあたりでは面白いのではないでしょうか?

 


みなさま、最後まで読んでいただきありがとうございます!

今週も頑張って予想しますよ!

↓↓ クリックで応援いただけると励みになりますm(_ _)m

KLAN競馬ブログランキング

※KLANプレミアムは2017年末でサービス終了となります。

 

管理人tom`sが愛用している競馬分析ツールがこちら。

「KLANプレミアム」です。

いいところをサクッと紹介しますと、

①ワンストップで必要な情報が閲覧できる(テンの3F、上り3F、コース形態、出走馬の過去成績など)

下の画像が実際のKLANプレミアムの画面です。

通過順位、テンの3F、上り3Fと上り順位、コース形態などをチェックできます。

②出走馬の成績がワンクリックでスライド閲覧できる。

下の画像、右上に出走馬一覧がありますね。

この馬名もしくは上部の矢印をクリックすると、画面を切り替えたり戻ったりすることなく過去の成績を閲覧できます。

もちろん上り3Fもチェックできますよ!

これが地味に便利!JRA公式HPだと1頭確認するごとにページ戻りが必要ですからね。

さらに上り3Fをチェックしようとするとさらにもうワンクリック、しかも1レースごとのチェックになるので結構手間です・・・

③KLAN能力指数が見られる

これは管理人tom`sは正直オマケ程度にしか見ていませんが・・・

たまにスマッシュヒット飛ばしてますよ。

たとえば17年桜花賞、皐月賞、ニュージーランドトロフィー、クイーンステークスなど。

いずれのレースも上位入線3頭に高い指数&穴馬マークが付与されています。

詳しくは以下の関連記事でチェックしてみてくださいね。

重賞的中情報は随時更新していきますよ!

【KLANプレミアム(クランプレミアム)】 KLANスピード指数は侮れない!

2017.04.22

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です