ファンディーナ復帰!豪華メンバー集結の前哨戦でどこまでやれる??

こんばんは!

今週の競馬は3日間開催ですね。

管理人tom`sは開催が1日多い分、単純に1.5倍の投資をする(予定)ので、勝てば天国、負ければ地獄。

そんな週末になりそうです。

日曜日に秋華賞トライアルのローズステークス、月曜日は菊花賞トライアルのセントライト記念です。

 

今日はまずローズステークスから展望してみますね!

ディアドラを撃破する馬は現れるのか!?(かねてから書いてますが、ディアドラが秋華賞馬になる妄想しているので。。。)

しかし週末の台風の行方次第では競馬の開催自体が危ういかもしれません。

 

ローズステークス 阪神芝1800m外回り

ファンディーナ

やっぱり馬券を検討する上ではこの馬の存在が一番難しいです。

3戦3勝で挑んだ皐月賞は0.5秒差7着に敗れ、若干のがっかり感がありましたが、よく考えれば十分に好走しているとも言えます。

2014年にフラワーカップを制して皐月賞に挑んだバウンスシャッセは0.7秒差の11着。世代レベルとしては今年も低いと見ますが、この年も低かったです。

馬場状態、展開こそ違えど走破時計はファンディーナが2秒速い1.58.3。

このレベルで走れれば牝馬どうしではやはり抜きん出ているとも言えますが。。。

 

体調が整わずオークスを回避し、放牧へ。

放牧から帰ってきたのが8月下旬とのことで、陣営も認める明らかな急仕上げ。

前哨戦とはいえ、桜花賞馬やオークス上位入線馬がいる中ではあっさり勝利とはいかないはず。

元々が今年は牝馬路線の方がレベル高いと言われてるわけで。

もうひとつ牝馬クラシック組との比較でいくと、負かした相手。

つばき賞で負かしたタガノアズワドこそ、夏場で500万条件を2着→1着と好走しましたが、ディープ産駒のインウィスパーズに至っては500万条件で惨敗を繰り返し期待を裏切っている状態。上がり33.0を記録したあたり、やはりタダモノではないですが、競馬は上がりだけではない!

フラワーカップ2着のシーズララバイは先週の紫苑ステークスで11着とパッとしない感じ(紫苑ステークスは結構評価してたんですみません。)

全く相手にせず持ったままでレコード勝ちということを考えれば物差しにするのもどうかなーという気もしますが。

春はファンディーナ推ししてましたが、今回に限っては少し疑ってかかりたいと思います。

もちろんこのメンバーに入ってもあっさり楽勝なんていう結末も十分にあり得るレベルの馬だとは思いますが・・・

 

レーヌミノル

ソウルスターリングを破り桜花賞馬に輝いた馬。クイーンステークス、フィリーズレビューの内容から、1600mの桜花賞でも十分やれると思っていましたが、まさか勝ってしまうとは想定外でした。

オークスはやはり距離が長かったですね。

では今回の阪神1800m外回りがこの馬に向くかどうか。

正直、ダイワメジャー×タイキシャトルですし、小回りでなんぼだと思います。掲示板くらいかなと思います。外回り、稍重の桜花賞を勝っているだけに、馬場が悪くなるのも含めマイナス材料にはならないと思いますが、あまり馬場が悪くなるとスタミナ切れを起こす可能性があります。

ここで負けて本番人気落ち、京都内回りの秋華賞で巻き返しという私のビジョンがあるので、あまり好走してほしくないのもありますが(^^;)

 

アドマイヤミヤビ

桜花賞で人気を裏切る大惨敗からオークスで巻き返して3着。クイーンステークスを完勝していますがやっぱりマイルは少々忙しいと思います。

今回の外回り1800mは合うと思いますね。鞍上も再度ルメール騎手に戻るので、改めて期待はあります。

ただ雨は心配です。さらにサウスポー感もあるので、このメンバーで右回りだと案外伸びきれない可能性もありますね。

おそらく単勝ではファンディーナに次ぐ2番人気でしょうが、信頼の軸というわけにはいかなさそうです。

 

リスグラシュー

昨年のアルテミスステークス、阪神ジュベナイルフィリーズの末脚のインパクトが強烈なのでやや人気先行感があります。

馬体面の成長がどの程度かにも注目ですが、本来は善戦ウーマンなキャラなのかもという気がしています。

一線級で勝ち切るにはなにか足りない・・・前に行くとキレが鈍り、後ろから行くと届かない。

鞍上武豊騎手で人気がさらに加速してる感はありますが、なんというかエアデジャヴ―?

ライバルのラインクラフトを下したエアメサイアのようにGI秋華賞勝てればいいですが、今年はもう少し層が厚い気がします。

トライアルなら勝てるかも、という思いもありますが運と成長次第という半端な位置づけにしておきます。

 

モズカッチャン

名前のせいか、あまり人気しない馬ですが、オークス2着で箔がついたので今後はそれなりに人気してくるでしょう。

ディアドラに続けとハービンジャー産駒。デビューからオークスまでコンスタントに使われて、今回は休養明け。

叩いて2戦目で狙いたい馬かなと思っていますので、今回デムーロ騎手騎乗で過剰人気するようなら「消し」にするかもです。

 

ミリッサ

シンハライトの半妹ということで春から期待されていた馬。チューリップ賞4着で桜花賞の権利獲りに失敗。

5月に500万下、7月に1000万下と連勝してここへ駒を進めてきました。

ただ・・・レース経験がすべて1600mというのが少し心配です。馬格もないので成長がほしいところですし。

切れ味が身上だけに、馬場が悪くなるのもプラスではなさそう。

今のところ、伏兵の中の1頭という扱いにしようかと思います。馬券妙味もあまりなさそうなので、他に穴馬を探す方が面白いかと。

 

カラクレナイ

NHKマイルカップでは評価下げたとおり、びっくりするほどの惨敗で終わりました。

今回あまり人気しなさそうで、正直美味しいのはこの馬ではないかなと。

距離延長が嫌われての人気落ちかと思いますが、この馬自身、牝馬同士なら2000mくらいまでは大丈夫と思います。

ただ1600mより1400mや1800mといった非根幹距離向きな印象。

なので良績ある阪神、しかも1800mで人気落ちなら買いたい要素満載だと思っているわけです。

切れ味を武器に戦ってきましたが、パンパンの馬場より重馬場でのほうが相対的にチャンスありと思います。

父ローエングリンですし、人気のないこういうときがチャンス!ロゴタイプがそうであるように人気薄でこそ狙いたい馬。

デムーロ騎手から川田騎手なので、そんなに評価落とす必要ないですし、むしろ阪神得意の川田騎手で人気落ちるなら大歓迎です。

 

以上、人気上位の馬を中心に展望しました。

週末に向けてさらに穴馬発掘していきたいと思います。

 

それではまた!


みなさま、最後まで読んでいただきありがとうございます!

今週も頑張って予想しますよ!

↓↓ クリックで応援いただけると励みになりますm(_ _)m

KLAN競馬ブログランキング

管理人tom`sが愛用している競馬分析ツールがこちら。

「KLANプレミアム」です。

いいところをサクッと紹介しますと、

①ワンストップで必要な情報が閲覧できる(テンの3F、上り3F、コース形態、出走馬の過去成績など)

下の画像が実際のKLANプレミアムの画面です。

通過順位、テンの3F、上り3Fと上り順位、コース形態などをチェックできます。

②出走馬の成績がワンクリックでスライド閲覧できる。

下の画像、右上に出走馬一覧がありますね。

この馬名もしくは上部の矢印をクリックすると、画面を切り替えたり戻ったりすることなく過去の成績を閲覧できます。

もちろん上り3Fもチェックできますよ!

これが地味に便利!JRA公式HPだと1頭確認するごとにページ戻りが必要ですからね。

さらに上り3Fをチェックしようとするとさらにもうワンクリック、しかも1レースごとのチェックになるので結構手間です・・・

③KLAN能力指数が見られる

これは管理人tom`sは正直オマケ程度にしか見ていませんが・・・

たまにスマッシュヒット飛ばしてますよ。

たとえば17年桜花賞、皐月賞、ニュージーランドトロフィー、クイーンステークスなど。

いずれのレースも上位入線3頭に高い指数&穴馬マークが付与されています。

詳しくは以下の関連記事でチェックしてみてくださいね。

重賞的中情報は随時更新していきますよ!

【KLANプレミアム(クランプレミアム)】 KLANスピード指数は侮れない!

2017.04.22

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム】


 

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara