神戸新聞杯、オールカマー結論! 前につけれる馬が有利?? 

こんばんは。

土曜の競馬はまさかの的中0という残念すぎる結果に( ;∀;)

(勝負レースのセプテンバーステークスは軸馬パラダイスガーデンが除外で返還・・・)

3連系馬券は3着抜けが多く悔しい思いを・・・

まさに惨敗です。秋競馬も早くも3週目。先週の3日間開催で負けているだけに、ここへきて2週連敗は避けたいところ。

神戸新聞杯、オールカマーなんとかダブル的中が欲しい!

 

土曜の馬場傾向は前残りが多かったですね。

阪神はききょうSのタワーオブロンドンこそ後方一気で次元の違う脚を見せましたが、あとは先行有利。

中山も前残りが目立ちました。

このあたりを考えて予想したいと思います!

 

神戸新聞杯

 

◎キセキ

良血馬が本格化。前走1000万条件の信濃川特別は直線メイチに追うことなく上り32.9の切れ味。

一瞬の脚を使うタイプではなく、長くいい脚が持続するので阪神外回りはうってつけの舞台。

今後菊花賞へ向かうのか中距離路線に行くかわかりませんが、来年のためにもここは勝って賞金加算したいところ。

 

〇ベストアプローチ

この馬もこのコースが合いそうです。

同馬主のタワーオブロンドンがききょうステークス勝ちましたし勢いを借りたいところ。

岩田騎手が熱心に調教つけているところからも期待のほどが伺えます。

ダービーは展開的に良さが活かせずだったので、今回はある程度積極的に動いてほしいところ。

 

▲レイデオロ

展開利とルメール騎手の好騎乗ばかりが取り上げられるダービーですが、あのレースができたのも力があってこそ。

今回メイチに仕上げていないですが、大崩れは考えにくいのでこれ以上評価を下げることもないかなと。

世代レベルが低いと思われる今年の3歳ですが、ここを叩いてジャパンカップで真価が問われそうです。

 

△アドマイヤウイナー

いい脚を長く使うタイプでこのコースは向いてます。外枠で揉まれず気分よくスパートできれば馬券圏内は十分にありそうです。

瞬発力勝負だと分が悪いので、ベストアプローチ同様早めに勝負かけてほしいところです。

 

×ダンビュライト

坂路で好時計連発。

ひと夏超えて成長があれば当然上位の存在です。

ただ謎の惨敗も考えれられる馬だけに。。。気分よく走れるかどうか注目です。

 

×アダムバローズ

展開、馬場状態を考慮すると穴はこれかと。

マイスタイルの後ろにつけると思いますが、上手く先行できればしぶとさを発揮できるかも。

皐月賞以来になりますが、昨秋から春まで使い詰めた分をリフレッシュできていれば。

 

消しな馬

サトノアーサーカデナの両ディープ産駒は今回軽視。

サトノはダービーのときも書きましたが母父リダウツチョイスで距離がどうか?

切れ味は認めますが、展開に左右されますし、他の馬も力をつけているはずで直線だけで一刀両断できるほど抜けているとは思いません。

カデナも弥生賞同様スローが見込まれる今回が正念場ですが、距離も少し長いように思いますし成長がどうか?

土曜も有力なディープ産駒がいなかったとはいえ、キンカメ産駒が好調でしたので、今の阪神コースの適正の面でも少し見劣る気がしています。

マイスタイルもノリさん騎乗&展開利でそこそこ人気していますが、忘れられてこその馬。

買うべきは今回ではない気がします。もっと人気落としてからですね。

 

メジロドーベル産駒のホウオウドリーム、メイショウベルーガ産駒のメイショウテンシャを馬券は抜きにして応援したいですね。

とくにホウオウドリームは2歳上の姉レーヌドブリエが阪神10Rの夕月特別を勝ちましたし、続きたいところ。

 

買い目はキセキ軸の三連複、印の馬へ10点。

相手を5頭まで絞りましたが、今回は三連単マルチ60点より三連複10点で1点あたりのレート増やす方が回収率が良さそうなので。

人気薄が頭に来そうになく、着順次第ではトリガミもあり、あまり妙味がないです・・・

 

 

オールカマー

 

◎モンドインテロ

前走は札幌リーディングのルメール騎手の後押しが大きかったですが、久々の1着。

正直メンバーもかなり手薄だった感がありますが、再度重賞で力のあるところを見せられるか?

乗り替わりも3歳時に勝っている田辺騎手ならマイナスにはならないはず。

 

〇ブラックバゴ

前走で本格化の兆し。切れる馬ではないですので、ある程度前目につけて積極的な競馬に期待です。

そういう意味ではウチパクさんは合うかもしれません。

バゴと言えば中山なイメージもありますし、そこまで抜けて強い馬もいないので勢いで。

 

▲アルバート

ステイヤーなイメージがありますが、このメンバーなら2200mでも通用でしょう。メルボルンカップへの登録があり、叩き台感があって強くは推せませんが、重賞3勝の実績で一枚上の存在。

切れ味で劣るのもステファノス、ルージュバックくらいなもので総合力勝負になれば普通に強いと思います。

 

△カフジプリンス

とにかくズブいので丸田騎手に頑張ってもらうほかないです笑

外枠をずっと走ってるんでは辛いので1コーナーまでにいい位置つけて内に潜り込んでほしいところ。

3コーナーからはひたすら追い通しになるかと思うので、どこまで来られるか楽しみです。

 

×タンタアレグリア

8ヶ月ぶりのレースで仕上がりに不安はありますが、能力は高い馬。

北海道シリーズでも穴を開けたり、もはや昔の蛯名さんではありませんが応援したい気持ちもあります。

 

×マイネルミラノ

柴田大知騎手は土曜でもステイゴールド産駒のマイネルヴンシュで勝ちましたし、ここはひとつ穴狙い。

近走も穴人気して裏切り続けていますが、3勝している得意の中山でもう一回狙ってみます。

 

×マイネルサージュ

オープン昇格後は苦戦続きですが、前走丹頂ステークスは大外回りながらいい脚を見せました。

1戦1勝の松岡騎手とのコンビで穴に期待です。

 

×ステファノス

実力、実績ではここは落とせないところですが目標はあくまで天皇賞。

ただ、今回芝追い切りをしたり、休み明けの藤原厩舎でもこの秋はいきなり好走する馬が多い(ダンスディレクター、ガリバルディ)ので要注意かもしれません。

 

消しな馬

牝馬2頭。まずルージュバック。ここ最近ずっと左回りを走っていて、いつも上位人気ながら期待に応えられていません。今回久しぶりの右回り&距離延長。

毎日王冠よりこちらを使ってきたのは不気味ではありますが、突っ込んできたら仕方なし。

デニムアンドルビーもさすがに往年の力はなく。切れ味でも分が悪いし、総合力勝負でも厳しいでしょう。

 

買い目はモンドインテロ軸の3連複、印の馬へ21点。

 

当たりますように!!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara