神戸新聞杯、オールカマー振り返り。 どちらも堅めの決着で・・・

こんばんは。

東西ダブルGⅡ、みなさん結果はいかがでしたか??

私管理人tom‘sはWハズレと先週の3日間開催の悪い流れのままでした。

神戸新聞杯は3着サトノアーサーが抜け、オールカマーは1着ルージュバックをばっさり切る始末。

どちらも予想と違った展開になり・・・そのあたりを振り返りたいと思います。

 

<お知らせ>

このたびTwitterのアカウント登録しました!

単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 

 

神戸新聞杯

まずは▲レイデオロの完勝、強かったですね。

仕上がり途上でしたが、レースセンスの良さと総合力が一枚上でした。

馬体重が-4kgと休養明け、しかも完調手前でのマイナス体重が心配ではありましたが、もともと完成度が髙いんでしょう。

気性面での成長も見られジャパンカップへ向けて順調な滑り出しとなりました。

あとは世代レベルの問題を破れるか。この1点がジャパンカップでの予想の争点になりそうです。

 

2着には◎キセキが入りました。想定では直線大外から豪快に追い込んでくるはずでしたが・・・

枠順、当日の馬場状態を考慮したのか毎日杯を再現するようなインコースからの追い込み。

狭いところを割ってきましたが、この馬本来の破壊力は見せられなかったですね。

上り3Fはメンバー最速の33.9なので、面目は保った感じです。ただこちらもレイデオロ同様に馬体減。

夏場の疲れもあったのかもしれません。菊花賞へは向かわないようですが、一層の成長を期待したい1頭です。

 

3着に消し馬サトノアーサーが来ました。

まさかの先行策ですか・・・想定外でした。

馬体重は+14kgと成長していましたが太めには見えず成長分かと。レース前予想では距離の心配と成長を疑問視しましたが、どちらもクリアしてきました。

ただ、脚質面も後方一気で勝ち切れるほど抜けていないと書きましたが、今回は想定外の先行。先行するとやはり今までの切れ味は発揮できず。

ポジションとしては牡馬版リスグラシューな感じになってきました。

能力は間違いなく高いけども展開次第。前から行くと伸びきれない。

2歳時のような首をぐっと下げて追い込んでくるような迫力が見られなくなってきている感じもします。

そのフォームがいいか悪いかは別の話として、ちょっとまとまり系な馬になりつつある??

 

4着は×ダンビュライト。堅実派な反面こちらも勝ち切るにはいろいろと条件が必要になりそうです。

きっと格下のレースでも同じような結果になるような。。。そんな馬ではないかと思います。かつてのロイスアンドロイスのような存在かと。

坂路でビシバシ鍛えても+16kg。パワーアップして気合十分で権利取りに来たのに4着。

武豊騎手いわく「やりたい競馬はできた」とのことなので、もし菊花賞へ出走できれば穴で一考。

 

5着に△アドマイヤウイナー。外枠からすんなり動ければチャンスと書きましたが、秋山騎手いわく「最後は伸びたけど外枠で掛かりそうだった」とのこと。

中長距離での安定株に成長しそうな馬です。来年の万葉ステークスはこの馬が勝つんではないでしょうか笑

 

6着に〇ベストアプローチ。こちらは+10kgでの出走。もう少し消耗戦にならないと切れ味勝負では分が悪そうです。

マイスタイルが先頭に立ってアダムバローズあたりがつついてもう少し流れると思ったんですが、案外落ち着いてしまってじわじわとしか伸びきれず。

 

もう1頭の消し馬カデナはいいところなく、格下メイショウテンシャにも遅れ9着。

距離なのか成長不足なのかわかりませんが、しばらく静観でいいかもしれませんね。

 

そんな感じで上位人気馬がだいたい上位に入る順当な結果に収まった神戸新聞杯。

前につけた馬がそのまま瞬発力を活かして上位入線というダービーにも似た構図。時計は2.24台なのでまずまずではないかと。

菊花賞へ向けて混戦度合いが高まった1戦となりました。

 

オールカマー

こちらはズバッと切ったルージュバックがズバッと内から差し切り・・・

完全にやられました。オッズが割れて混戦模様のオールカマーでしたが結局3-5-1番人気での堅めの決着。

それでは振り返ります。

 

行くであろうと思ったグランアルマダは先頭に立つことすらできず後方から。それくらい厳しいハナ争いだったのかと思いきや。

しかもマイネルミラノがレースを引っ張り、早々に縦長の展開になったところからハイペースかと思いきや。

1000m通過が1.03.1というスローペース。

この時点で管理人tom`sのオールカマーは終わってしまいました。

 

勝ったルージュバックは戸崎騎手から北村宏騎手へスイッチ。先入観なく乗れたのが良かったんでしょう。

今までより積極的にポジションを取り、4コーナーでゴチャつき(北村騎手は騎乗停止処分)ながらも最内から突き抜ける新味を見せました。

ここ数戦は惨敗続きでしたが、距離不足だったり直線壁になったりで消化不良だったのも確かですが、まさかここで来るとは。

本番のエリザベス女王杯では再度人気高騰しそうですが、冷静に判断したいと思います。

 

2着には戸崎騎手の×ステファノスは芝で追い切るなど今までとは違った仕上げ。戸崎騎手の判断でスローペースと見るや早めに仕掛けて最後まで伸びてきました。

相変わらず勝ち切れないですが、ここを叩いて本番の天皇賞が楽しみになる内容でした。

人気しそうですが、藤原厩舎お得意の叩き2戦目、しかも東京コースと来れば一定以上の評価は必要かと。

 

3着には脚部不安からの休養明けタンタアレグリア。仕上がり途上の報道がありながら地力で3着まで来たのは立派。

今後も脚元との相談になろうかと思いますが、一戦一戦判断していきたいと思います。

 

上位評価したモンドインテロ、ブラックバゴのシルク軍団は仲良く最後方、後方2番手をポツンと追走。1000m通過タイムを見て絶望へと変わりました。

ブラックバゴがメンバー最速の上がり33.4を使うも、ほぼレースに参加せず。モンドインテロは3コーナーで仕掛けた時には手応えがなかったとのことで、やっぱりGI級のメンバー相手の重賞ではまだ荷が重いかもしれません。ローカル、金杯などGⅢレベルであれば勝ち負けできるかなと。

 

マイネルミラノが残り600mあたりから急にペースを引き上げ場内を盛り上げるも、結局は上りだけの競馬になったオールカマー。

瞬発力のある実績上位馬で決着するという至極順当は結果となりました。不利があったアルバートも順調であっても掲示板までだった気がします。

 

来週も前残りの競馬になるんでしょうか??

明日以降、スプリンターズステークスの予想も基本前残りで検討していきたいと思います。


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ


※KLANプレミアムは2017年末でサービス終了となります。

 

管理人tom`sが愛用している競馬分析ツールがこちら。

「KLANプレミアム」です。

いいところをサクッと紹介しますと、

①ワンストップで必要な情報が閲覧できる(テンの3F、上り3F、コース形態、出走馬の過去成績など)

下の画像が実際のKLANプレミアムの画面です。

通過順位、テンの3F、上り3Fと上り順位、コース形態などをチェックできます。

②出走馬の成績がワンクリックでスライド閲覧できる。

下の画像、右上に出走馬一覧がありますね。

この馬名もしくは上部の矢印をクリックすると、画面を切り替えたり戻ったりすることなく過去の成績を閲覧できます。

もちろん上り3Fもチェックできますよ!

これが地味に便利!JRA公式HPだと1頭確認するごとにページ戻りが必要ですからね。

さらに上り3Fをチェックしようとするとさらにもうワンクリック、しかも1レースごとのチェックになるので結構手間です・・・

③KLAN能力指数が見られる

これは管理人tom`sは正直オマケ程度にしか見ていませんが・・・

たまにスマッシュヒット飛ばしてますよ。

たとえば17年桜花賞、皐月賞、ニュージーランドトロフィー、クイーンステークスなど。

いずれのレースも上位入線3頭に高い指数&穴馬マークが付与されています。

詳しくは以下の関連記事でチェックしてみてくださいね。

重賞的中情報は随時更新していきますよ!

【KLANプレミアム(クランプレミアム)】 KLANスピード指数は侮れない!

2017.04.22

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara