府中牝馬ステークス振り返り。好調岩田騎手のファインプレー。馬券的中への道はまだ遠く…

みなさんお疲れ様です。

明日からまた1週間が始まりますね。

天気もずっと雨模様、気温も低めとイマイチ秋の行楽感が湧かない1週間になりそうです。

菊花賞も難しいレースになりそうですね!

 

Twitterやってます!

単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 

しかし今週は堅い決着が多かったですね。

人気馬が上位にきっちり来るということは、当たり前ですがそれだけ馬券を的中させている人が多いってことです。

夏場の好調はどこへやら…

では府中牝馬ステークスの振り返りを。

 

府中牝馬ステークス

勝ったのはクロコスミア。得意の馬場状態にも恵まれましたが、スローに持ち込みロスなくレースを運んだ岩田騎手のファインプレーも光りました。

逃げて上がり3Fを33.7でまとめられるとさすがに後続は厳しいです。

ヴィブロス、アドマイヤリードの人気2頭は内に閉じ込められる形になり追い出しに手間取る。

特にアドマイヤリードは完全に万事休すという位置から残り400mからようやく外へ持ち出して最後200mだけで猛然と追い込む強引な競馬。馬場が合っていたのもありますがやはり底力がありますね。次走エリザベス女王杯はこれまた得意な京都コース。距離、展開といくつか注文はつきますが上位評価が必要になりそうです。意固地になって消し続けるのはやめておきます…笑

ヴィブロスも海外遠征帰り久々で56kgの斤量と決して楽な戦いではなかったですが、最後の決め手はさすがの一言。

直線前を行くクロコスミアと外のトーセンビクトリーが壁になり、外に持ち出すことでワンテンポ仕掛け遅れ。結果クロコスミアを捕らえるところまで行きませんでした。

クイーンズリングはスタートでやや遅れた分、いつもより後方の位置取りに。道中外から押し上げていった分最後の伸びが鈍った感じですね。

ただ力はまだまだ衰えていませんので得意の非根幹距離でエリザベス女王杯連覇も十分に圏内でしょう。

tom`sの本命トーセンビクトリーは好スタートから2番手追走。スローペースで直線も手応え十分にクロコスミアに並びかけたときは「よっしゃ!」と叫んだもんです。クロコスミアと2頭で後ろを引き離したときはヴィブロスと3頭で決まったと思ったんですがね・・・

やっぱり府中の直線は長いです。 苦笑

福永騎手のレース後コメントがたったひと言、「ペースが遅すぎた」。

自身最速の上がり33.7を記録しているので瞬発力勝負になるとこれ以上は厳しかったです。

かといって使える脚が短いので、早仕掛けしてもクロコスミアのように粘ることも難しかったと思いますしベストを尽くした結果でしょう。

掴みどころのない馬ですが、エリザベス女王杯に向けて面白い存在になりました。

福永騎手とも手が合っていそうですし、ここへきてレース内容が充実してきた感じです。

内枠引いたときは全力買いしたいと思います。

 

 

今日の上位古馬陣に秋華賞組がどう挑むかが楽しみな一戦になりそうです。


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara