菊花賞展望① 「乱菊」はもう古い!?近年は堅めに収まる傾向あり。

みなさんお疲れ様です。

今週は牡馬クラシック最終戦の菊花賞ですね!

先週の秋華賞は荒れそうで荒れませんでした。

馬場も悪化し波乱要素もあったんですがね・・・

むしろハービンジャー産駒の2頭と、道悪は桜花賞でこなしたリスグラシューが適正を改めて証明する形でお堅い決着となりました。

今週の菊花賞も降り続く雨の影響で、先週の秋華賞同様に芝コンディションの悪い中で行われそうな予感。。。

そうなるとマスコミはただでさえ混戦模様の菊花賞を「さらに荒れる」と書き出すわけですね。

 

確かにメンバーを見渡しても秋初戦快勝のダービー馬レイデオロ不在、皐月賞馬アルアインもセントライト記念で敗戦、さらに距離適性に疑問符、上り馬も何頭か強そうなのがいるけど結局秋華賞みたいに春の実績馬が強いんでは・・・と脳ミソも混沌としてきます。

しかし!『乱菊』と呼ばれたのも今は昔。

2011年オルフェーヴルが制した菊花賞以来、6年連続で1番人気が3着以内、しかも4勝と安定した成績を残しています。

2ケタ人気の馬が馬券に絡んだのも過去10年の30頭中で2頭のみ。(08年フローテーション、12年スカイディグニティ)

今年は勝ち馬を予想するのも、1番人気を予想するのも難しいですが笑、おそらくキセキ、ミッキースワロー、アルアインのいずれかかと思います。

どれも菊花賞に限っていうとイマイチ信用できない馬と感じます。

結局騎手で買うのが正解だったりするかもしれません。。。

 

個人的にはアルアインを応援したい気持ちがありますが、もう1頭ポポカテペトルも好きな馬なので、穴馬として推薦したいですね。

小ネタとしてはアルアインが重賞で馬券に絡むと1つ下の着順に同厩のパートナーを連れてくるというところかな。

・毎日杯1着→2着サトノアーサー

・皐月賞1着→2着ペルシアンナイト

・セントライト記念2着→3着サトノクロニクル

菊花賞にも上記サトノアーサーとサトノクロニクルが出走予定なので、池江厩舎は人気していても要チェックですね!

 

本格的な予想は追い切りや枠順確定してからになりますが、ぼちぼち有力馬の考察もしていきたいと思います。

あーもっと時間が欲しい・・・

 

Twitterもやってます!

単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です