菊花賞振り返り。泥沼のサバイバルレースを制したキセキ。ヒモ穴の波乱決着でした。

みなさんお疲れ様です。

泥沼菊花賞、みなさんの予想はいかがでしたか??

私tom`sは気持ちいいいくらいの外しっぷりでした。

波乱決着と決め打ちして、なかば無理矢理消したキセキ&デムーロ騎手が雨を切り裂き最後の1冠を手中に収めました。

おめでとうございます!!極悪馬場の中、全馬完走お疲れ様でした!!

 

では漫画さながらのサバイバルレースを振り返ります。

 

スタートはプラチナヴォイスが派手に出遅れ。三連複購入した残りの資金で複勝買ってたので、ここでいきなり最初のがっかり。

キセキ、サトノアーサーなどもダッシュがつかず、後方から。

先行争いはウインガナドルがすんなりハナへ。そのあとアダムバローズ、スティッフェリオ、ベストアプローチ、トリコロールブルーなど。

本命スティッフェリオが積極策をとってくれたのでしめしめと思いながら、各馬1周目のスタンド前へ。

ここでマイスタイルがハナを奪って自分のペースに持ち込む構え。ウインガナドル、アダムバローズは無理に絡まず待機。

アルアインは思ったより後ろ、中段待機。ミッキースワロー、キセキ、サトノ2騎マイネルヴンシュあたりが後方集団。

2周目3コーナーあたりからレースが一気に動き出します。

マイスタイルは早くも一杯になりズルズル後退。ここで馬券的には第二のがっかり。

本命スティッフェリオからの三連複、Twitterの方には書きましたが、メンバー中ダービー最先着のマイスタイルからの三連複を買っていたもので。

そして4コーナーでは馬群が密集。各馬一気に外へ持ち出し、泥沼化した淀のターフを死力を尽くして最後のラストスパート。

ベストアプローチ、ダンビュライトが先頭に立つ勢い、クリンチャーも中団から一気に押し上げる。

ミッキースワロー、キセキが大外から捲るように先頭集団へ。

内のほうではアルアイン、ポポカテペトルもスパート体勢。

直線でダンビュライトを捕らえてクリンチャーが抜け出し、内からポポカテペトルも差を詰める。外からミッキースワロー、さらに外からキセキ。

大外からキセキが一気に先頭に立ち、2番手争いはクリンチャーと二の脚で差し返すポポカテペトル。ミッキースワロー、アルアインは最後は伸び一息。

マイネルヴンシュが外から突っ込んで来るが4番手まで。

キセキが豪快に突き抜けて快勝!!

2着争いはクリンチャーがハナ差制し、ポポカテペトルが3着となりました。

しかし09年ロジユニヴァースが制したダービーがそうであったように、極悪馬場での激走は今後のレースへのダメージが心配です。

キセキを始め、出走全馬次走の取捨では慎重に判断したいですね。

 

レース前は本当に全馬チャンスありと見て、消す馬を探すのに何度馬柱を見直したことか・・・

結局、「消し」としたのは故障明けのブレスジャーニー、ミッキースワロー、キセキの3頭のみ。

あとは何かしらの形で馬券に組み込みましたが。。。

本命スティッフェリオは4コーナーで力尽き、14着。他、穴人気した内枠のステイゴールド産駒たちも揃って惨敗。

唯一上位に来たのが4着マイネルヴンシュでした。

 

菊花賞展望記事で書いた中で、2ついいところ突いていたんですが、自分でもほとんど買ってないという・・・汗

1つ目は展望①の記事で書いた「ポポカテペトルも好きな馬なので、穴馬として推薦したいですね。」という文言。

菊花賞展望① 「乱菊」はもう古い!?近年は堅めに収まる傾向あり。

2017.10.17

前走の阿賀野川特別で単勝1点勝負で的中しましたし、その内容が早めスパートから直線で突き放し危なげなく押し切るという競馬。

もともと持久力に長けていて、逆に瞬発力では分が悪い馬で、兄マウントロブソンに似たタイプ。

あまりディープ産駒らしくなく、母系に近親クロフネがいるようにパワー型。道悪適正はメンバー中でも高いだろうと思っていましたが、マウントロブソンは菊花賞7着。どうしても中距離馬なイメージがあり結論的には上位評価に至りませんでした。

2つ目は展望③の記事で書いた「波乱の鍵を握るのはこの馬!?今年のメンバー中、ある項目でダントツの数値を叩き出しています。」という部分。

菊花賞展望③ 皐月賞が荒れると菊花賞も荒れる!?

2017.10.20

これはクリンチャーのことで、単勝244倍のびっくり配当を出したことがあるので穴馬資質ありですよということが言いたかったわけです。

しかしこちらも内枠に入ったこと、セントライト記念でも出ムチを入れても押しても先手を取れなかったテンの遅さからダービー二の舞を懸念し、印が回りませんでした。

トリコロールブルー、クリノヤマトノオー、ベストアプローチなど魅了的な穴馬に埋もれてしまいました。

キセキを無理矢理切ったのもイマイチでしたね。やっぱり勝負を賭けてきたときのデムーロ騎手は強い!10Rでも外から力強い差し切り勝ちをしていたように自らお膳立てできるのも憎いところです。笑

来週はサトノクラウンに騎乗しますが、扱いどうしましょうかね。今週の馬場なら間違いなく上位評価ですが・・・

 

天皇賞秋の展望は月曜以降に書いていきますね!

今週のようにどこかでヒントを出せるようにしたいと思います。(まずは自分を信じることが大事ですが)

地域によっては台風の影響が残りそうですが、明日からまた1週間頑張りましょう!

 

Twitterやってます!

単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!天皇賞のヒントもここに散りばめていきますよ!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara