スワンステークス展望 とにかく若い馬を狙え!?

みなさんお疲れ様です。

さて今週末の競馬はまたまた台風の影響を受けそうですね。

接近のタイミングや進路次第ですが、週間天気予報を見ると特に東京は天気の悪化は避けられないようで…

先週の菊花賞みたいにはならないでしょうが、道悪の巧拙が出るかも知れませんね。

クラウン、アラジンのサトノ2騎は重馬場適性が真反対なので、てるてる坊主を吊るす向きで大ゲンカしそうですね…

まあそれぞれ栗東と美浦所属なので、しょーもない例え話でございます。

 

Twitterやってます!

単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 

 

さて土曜のスワンステークスも注目のレースです。

スプリンターズステークス組と上がり馬、3歳牝馬の争いとなりそうです。

 

個人的にはカラクレナイを推したいところですね。

マイルカップでは評価下げましたが、桜花賞、ローズステークスでは上位評価した馬。

距離は1400がベストかなという気がしますし、少々馬場が渋ったほうが持ち味が活きるかなという気がします。

マイルカップは使い詰めと輸送による疲労、ローズステークスは太め残りとまさかの先行策と噛み合いませんでした。

今度は得意距離に短縮ですし、後方待機の末脚勝負になるはず。

後の桜花賞馬レーヌミノルを差し切った末脚は非凡です。

休み明けのジューヌエコール、スプリンターズステークスと香港スプリントの間になるレッツゴードンキに比べるとローテーション的に走り頃ではないかと。

陣営の本気度も高いのではないかと予測。

 

ただ、スワンステークスの傾向としては先行馬&外枠が圧倒的に有利になっています。

その点が気になりますが、今年は季節外れの台風連発で馬場も例年とは違った傾向になっていますので、追い込みが利く可能性も十分あるかと。

何よりM・デムーロ騎手(今週から短期免許で弟のC・デムーロ騎手が来日のため区別しますね!)が騎乗するのは強みです。

本当に狙ったレースは逃さないスナイパー的な騎乗はただただ圧巻です・・・

そこで走り過ぎて、本番は乗り替わって走らないパターンがあるくらい。苦笑

まさにミルコトラップですよ。

このミルコトラップ、天皇賞秋ではあの馬に該当するんですよね・・・大丈夫かな?

→10月28日更新、リアルスティールです。

 

話を戻してスワンステークス。

先行有利に加えて、3~4歳馬の活躍が目立つレースになっています。

先行の3歳馬といえばジューヌエコール。函館スプリントステークスで三連単・三連複でW万馬券をプレゼントしてくれた孝行娘です。笑

函館スプリントステークス振り返り。 三連単、三連複的中!やはり高速決着に。

2017.06.20

京都1600mのデイリー杯2歳ステークスを勝ってますし、いかにもクロフネ産駒らしいパワー型。

前走の勝ちっぷりを見ると、同じクロフネ産駒のスリープレスナイト級の活躍まで期待したくなる馬ですね。

今回は休養明けでまだ太いというように体調万全ではないようですが、枠順次第では侮れないです。

 

同じく休養明けでもキャンベルジュニアは穴っぽい1頭かなと思います。

5歳馬ながらキャリアはまだ12戦。距離適性もイマイチ掴み切れないですが1400~1800mくらいが合いそうで、折り合いに不安がなくなる1400mがベストな可能性もあります。シュタルケ騎手が騎乗ということで、とりあえず外国人ジョッキーは押さえておくべきかなと。

他にもダノンメジャービップライブリーなど勢いのある馬もいますし、ここでは触れませんでしたがGI馬セイウンコウセイにも注目です。

 

結論は金曜の夜に!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara