ジャパンカップ展望① 今週も3歳馬か?牝馬の活躍も目立ちます。

みなさんお疲れ様です。

今週はジャパンカップです。

春先には史上最弱世代とまで言われた3歳牡馬陣。

ひと夏越して、見事に成長を遂げて今や登り竜の勢いです。

エリザベス女王杯、マイルCSに続いて今週も3歳馬が古馬を撃破するのか!?

 

今日は3歳の2頭を取り上げます。

 

レイデオロ

今年のダービー馬。

秋初戦の神戸新聞杯で後の菊花賞馬キセキ相手に完勝し、6戦5勝としました。

父キングカメハメハよりも母父シンボリクリスエスに似たタイプの馬ですね。

唯一の敗戦が4ヶ月ぶりのぶっつけで挑んだ皐月賞5着。いかにもダービーを意識したようなステップで、レースぶりもとりあえずインコースをロスなく回ってきただけという省エネ運転でした。

ダービーではいまさら語る必要のないルメール騎手の好騎乗に導かれ、スワーヴリチャード以下を退けて戴冠。藤沢調教師に初のダービーをプレゼントしました。

道中の超スローペースから一気に2番手まで進出、直線は二の脚で後続を振り切ったレースは相当の能力がないとできない芸当。

アルゼンチン共和国杯を圧勝したスワーヴリチャードを物差しにしても、ジャパンカップでも十分通用するはず。

超スローとはいえ2400mでラスト2F目に10秒台の末脚はやっぱり凄い。夏を順調に過ごして秋初戦も快勝、当初からジャパンカップ一本に絞ったローテーションも好感です。

相手はキタサンブラックただ1頭と決めて競馬してほしいですね。

 

ソウルスターリング

こちらも藤沢厩舎管理のオークス馬。

主戦のルメール騎手はレイデオロに騎乗するため、ジャパンカップはC・デムーロ騎手が手綱を取ります。

秋の2戦は消化不良気味のレースが続いていますが、内容としては決して悪くないと思います。

毎日王冠は休養明け、慣れない逃げのレース、スローからの強烈な瞬発力勝負と三重苦。

それでも直線残り200mくらいまでは奮闘していて最後は無理させなかった感じに見えます。

天皇賞は説明不要の超極悪馬場の中6着に奮闘。レースを諦める人馬がいる中でよく頑張りました。

今回のジャパンカップはオークスを圧勝した舞台。当然相手も古馬であり、同厩のダービー馬も強力です。

しかし古馬とは4kgの斤量差、レイデオロとは2kgの斤量差がありますのでこれは大きなアドバンテージです。

近年、牝馬の活躍が目立つジャパンカップ。3歳牝馬ジェンティルドンナが現役最強のオルフェーヴルを撃破したのは記憶に新しいところ。

15年はショウナンパンドラが、13年、12年はジェンティルドンナが連覇、11年はブエナビスタ、10年も1位入線はブエナビスタ(2着に降着)、09年はウオッカと牝馬が躍進するレースです。

近年ジャパンカップの牝馬の着順

2016年
ルージュバック 9着(7番人気)
ナイトフラワー 12着(9番人気)
ビッシュ 16着(11番人気)


2015年
ショウナンパンドラ 1着(4番人気)
ミッキークイーン 8着(3番人気)


2014年
ジェンティルドンナ 4着(1番人気)
ハープスター 5着(2番人気)
デニムアンドルビー 11着(7番人気)


2013年
ジェンティルドンナ 1着(1番人気)
デニムアンドルビー 2着(7番人気)
ヴィルシーナ 7着(9番人気)


2012年
ジェンティルドンナ 1着(3番人気)
ソレミア 13着(7番人気)


2011年
ブエナビスタ 1着(2番人気)
デインドリーム 6着(1番人気)
シャレータ 7着(10番人気)
サラリンクス 12着(13番人気)


2010年
ブエナビスタ 2着(1番人気)(1位入線降着)
メイショウベルーガ 6着(11番人気)


2009年
ウオッカ 1着(1番人気)
レッドディザイア 3着(6番人気)


2008年
ウオッカ 3着(2番人気)


2007年
ウオッカ 4着(2番人気)
フサイチパンドラ9着(12番人気)

なんと、ここ10年で9頭(同一馬含む)も馬券圏内に入っています。逆に牝馬が馬券圏内に絡まなかった年は3回だけとなっており、かなりの確率で牝馬が3着以内に食い込む可能性があるというレースです。

今年は出走予定馬の中ではソウルスターリングが紅一点となりますのでどんな走りをするか注目ですね。

 

明日は今年と何となく構図が似ている「あの年」のジャパンカップを振り返ってみたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました<(_ _)>


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です