ジャパンカップ結論! 高速決着想定でもう一度信じます!

みなさんお疲れ様です。

ジャパンカップ悩みますね~。

大波乱はなさそうですが、3着には穴馬のニオイがします・・・

 

ぼちぼちTwitterやってます!

単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 

 

 

◎ソウルスターリング

3度目の正直なるか。オークス圧勝のこの舞台で再度期待します。

ルメール騎手からC・デムーロ騎手に乗り替わりですが、土曜も京都で好騎乗ありましたしさすがに世界レベルの騎手です。

パドックでの入れ込みと、絶好調とのことで折り合いが心配ではありますが斤量と能力、そして2頭出しは人気薄を狙えの格言で!

ここで惨敗するようなら来年はこの馬の馬券は買わずに応援しておきます。

 

〇キタサンブラック

やっぱ外せないというか・・・切ったら来るのでとりあえず。

本来はそんなことで選ぶようなレベルの馬じゃないんですけどね。どこか信用しきれない・・・前走不良馬場の影響、追い切り軽め、まさかのゲート難発動?

など不安材料もある一方、叩き2戦目での良績を考えると、うーん。

今年4戦で唯一◎をつけた宝塚記念で惨敗、無印にした天皇賞秋で1着と相性悪くなっているので、〇という中途半端な印でお茶を濁すことにします笑

 

▲レイデオロ

絶好調3歳世代の頂点に立った馬。菊花賞をパスしてここ1本に絞ったローテも好感です。

休み明けで後の菊花賞馬キセキを完封しているあたり、やはり能力が抜けている印象。ジャングルポケットがテイエムオペラーをなぎ倒しようにこの馬にも期待しております。

土曜の東京を見ても、高速決着になる可能性が高く、神戸新聞杯を2.24秒台で走れたのはプラス材料となります。

 

★サトノクラウン

M・デムーロ騎手じゃなかったら今回はもうワンランク評価下げるつもりでしたが・・・ミルコさんにはとりあえず逆らいません。

高速決着を想定しているので、対応できるかが課題ですが、2年前のダービーでは2.23.5でドゥラメンテの3着、しかも上り最速をマーク。

重馬場での好走が目立つだけに盲点になっていますが、本格化した今なら大崩れはなさそう。

 

△シュヴァルグラン

ボウマン騎手で今年は参戦。ローテーション的には京都大賞典からということで前年よりも良いですね。

あとは単純に能力がこのメンバーで足りるかというところ。勝ち切るイメージはないですが、トニービンの血を持つこの馬はやっぱり東京なら無視できません。

最内枠がアダとなる可能性もありますが、ロスなく立ち回って遅れることなくスパートできれば上位進出は十分可能です。

 

△ヤマカツエース

大穴ならこれ。調教抜群ということで。

正直コース、距離適性はここではないと思いますが・・・前走は度外視してみると今年は惜しい競馬続き。自ら勝ちにいくような競馬で負けているので今回は無欲でいってほしいところ。

 

消し馬はマカヒキ、レインボーライン、外国馬。

マカヒキはそもそも2400mは長いと思います。前走天皇賞秋も不良馬場の中よく頑張りましたが、ウチパク騎手が巧く走らせた感があります。

来年はマイル~2000mくらいで頑張ってもらいましょう。レインボーラインも時計勝負になるとどうかな。

外国馬も同じく。穴人気しているアイダホ、ギニョールあたりも日本では用無しかと。現地ならそれなりに強いんでしょうけど・・・

 

買い目は

馬連◎ソウルスターリングから印の馬へ5点。

単勝◎ソウルスターリング。

三連複〇▲★△△のボックスで10点。

ちょっと変則的な買い方ですが、ソウルはイチかバチかなポジションで考えています。

勝つか惨敗か。馬券圏外の場合の三連複BOXを抑える形をとります!

 

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!

京阪杯の穴馬をピックアップしていますよ!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara