朝日杯フューチュリティステークス結論。 コース、距離、能力文句なしの3拍子揃ったこの馬から。

みなさんお疲れ様です。

 

土曜の競馬はいかがでしたか?

tom`sはターコイズSがひっさびさに会心の的中となり、ちょっとだけ潤いました。

結局ブログでもTwitterでも予想アップせずすみません・・・的中報告だけとなり、完全に後出し感がありますが(:_;)

予想印は・・・

◎ミスパンテール
〇フロンテアクイーン
▲ラビットラン
★ワンブレスアウェイ
△デンコウアンジュ
△バンゴール
△サザナミ

馬連で◎ミスパンテールから印の馬へ6点で的中(25.7倍)。

三連複は〇フロンテアクイーンから印の馬へ21点で的中(165.8倍)。

上手い具合にピッタリ嵌った感があります。

まあたまにはこういうこともないと、競馬続けられないです(;’∀’)

『競馬最強の法則ブログランキング』の予想コーナーにはきっちり投票してましたので、お許しくださいまし。。。

やっぱり的中者の中でも一番上に掲載されるのはとても嬉しいものです。

おかげさまで当ブログ『複勝街道』も今日はたくさんのアクセスを頂いています!

とはいえ10月から続く不調の負債はまだまだ重く・・・明日も頑張ります!

 

基本的に週末は子どもと戯れているので、ブログ書けないときはTwitterでサクッと予想することも・・・

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

 

 

では朝日杯の結論に入ります。

 

朝日杯フューチュリティステークス

 

◎ダノンプレミアム

新馬戦で阪神外回りの1800mを経験、2戦目で阪神マイルと相関性の高い府中マイルをレコードで完勝。

キャリア2戦2勝は先週のラッキーライラック、マウレアと同じ。すんなり先行できるレースセンスと瞬時に反応できる機敏性はこのメンバーでも1枚抜けていると思います。同じくディープインパクト産駒で昨年の覇者サトノアレスや2014年の覇者ダノンプラチナよりも能力、完成度は高いでしょう。

上記2頭も朝日杯の前走は府中マイルの500万条件を勝っており、阪神での開催に移行してからはディープ産駒の強さが際立っています。リオンディーズが勝った15年はディープ産駒未出走ということで参考外ですね。

枠順が1枠1番と極端なところに入りましたが折り合いにも不安があるタイプではなく、外のフロンティアが行くなら抑えるしタワーオブロンドンは後方へ下げるでしょうから、序盤から擦られて消耗するようなレースにはならなさそうです。

おそらく阪神JFのようにスローで流れて、4コーナーで好位にいないと厳しい瞬発力勝負になると見ます。

となると前走早めペースからでも押し切って完勝したこの馬には絶好の流れとなりそうです。

 

〇ケイアイノーテック

こちらもディープ産駒。前走デイリー杯は5ヶ月ぶりで馬体重も+22kgとやや余裕のある仕上げでした。

デビュー戦の阪神マイルは相手が弱く時計も平凡ながら上がり3Fは33.5と非凡な切れ味を発揮。直線でインコースから抜けてくるなど勝負根性も見せました。

ダノンプレミアムと比較するとスケールでは見劣りますが、マイル適正の高さはメンバー中でも上位です。

勝ち切るイメージは沸きませんが、先週のマウレアと同じような立ち位置での評価とします。

阪神開催に移行してからはデイリー杯組の活躍も目立ちますし。

 

▲ステルヴィオ

新種牡馬ロードカナロア産駒。前走はダノンプレミアムに完敗していますが、位置取りさえ取れれば差は詰まるはず。

枠順も前走は外枠8枠16番ポジション取りに苦労しましたが、今回は5枠10番とちょうどレースのしやすそうな位置となりました。

デビュー戦で府中マイルを勝っており、コスモス賞で1800mも経験。ロードカナロア×ファルブラヴと血統的にもマイル適正は高いと見ています。

鞍上はルメール騎手からC・デムーロ騎手へスイッチとなりますが、思い切った騎乗ができる弟デムーロなら今の内~中が伸びる阪神コースで持ち味を発揮してくれるはず。

 

★フロンティア

デビュー以来3戦連続のマイル戦を使ってきている点は侮れません。

前走デイリー杯2歳Sは故障したメガリージョンが下がってきた影響もあったはずで、度外視してもよさそうです。

切れ味勝負になると大幅に強化されたこのメンバーでは厳しいので、1枠2番の好枠を活かして思い切った先行策に期待です。

ドリームパスポートの弟でダイワメジャー×トニービンということで京都の軽い馬場より阪神の力の要る馬場のほうが合いそう。

新潟2歳S組がそのあと案外ですが、巻き返しに注意です。

 

△タワーオブロンドン

前々走ききょうS、前走京王杯2歳Sと1400mで強烈な差し脚を披露してここへ。

1500mを2走したあとに1400m2走、そして今回が初のマイル戦ということで折り合い面での不安はあります。

馬体も筋骨隆々でいかにも短距離馬といった感じ。阪神コース経験済み、広い府中でも圧勝していますが、GIで多頭数の内枠となると前走京王杯2歳Sのように楽な競馬にはならないはず。

そこをも覆す可能性をもつ破壊力ある末脚は魅力ですが・・・土曜6勝と勝ちすぎたルメール騎手、最近重賞ではイマイチ乗れていないので若干不安ありです。

 

×カシアス、ダノンスマッシュ、ダブルシャープ

この3頭は完成度とスピード能力、そしてダブルシャープは意外性に期待しています。

朝日杯はマイル適正の高い馬を上位評価しつつも、完成度の高いスプリンター寄りの馬が馬券圏内に突っ込んで来るレースでもあります。

カシアスは4戦2勝2着2回、しかも重賞勝ち馬、父キンシャサノキセキは昨年2着のモンドキャンノと同じです。相手なりに好走できるタイプですしここでも印を打つ必要はあると見ています。

ダノンスマッシュも同じくスピード値の高そうなロードカナロア産駒。ただ福永騎手なので頭まではどうかと、前走重馬場での圧勝、相手も弱いとあまり過剰に期待するには・・・といったところ。

最大の穴はダブルシャープでしょう。

前走はボウルズが道中斜行したことで不利を受け。折り合いを欠きながらも6着に踏ん張りました。

外目の7枠14番からしっかり折り合えばタワーオブロンドンを破った末脚と根性が活きるはず。

 

ヒシコスマーあたりも阪神適正は高そうですが、相手を絞るため今回は消します。

買い目は・・・普段あまり使わないフォーメーションを使います!

ダノンプレミアムは軸は堅いとみてある程度点数は絞りたいところ。

ダノン軸で2列目はマイル適正の高そうな3頭、3列目はスピードタイプで完成度の高そうな馬をチョイス。

 

三連複
◎ダノンP ー 〇ケイアイ▲ステルヴィオ★フロンティア ー △タワー×カシアス・ダノンS・ダブルS
① - ②⑤⑩ - ②③⑤⑩⑪⑫⑭
計15点

三連単
◎ダノンP ー 〇ケイアイ▲ステルヴィオ★フロンティア ー △タワー×カシアス・ダノンS・ダブルS
① - ②⑤⑩ - ②③⑤⑩⑪⑫⑭
計18点

 

当たりますように!!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara