金杯ウィーク振り返り。 なんだか惜しい予想続きも反省多し。

みなさんお疲れ様です。

2018年競馬の開幕ウィークが終了しました。

みなさんはどんな感じでしたか??

管理人tom’sはタイトルの通り、なんだか惜しいけど結果は残念!という1週間となりました。

昨年秋口のどうにも当たらない感じからは脱しているものの、少し詰めが甘いというか…

買い方次第では馬券取れたなーというレースが多いような。野球でいうとライナー性のいい打球は行くけど野手の正面に飛ぶ、みたいなそんな感じ。

まあ結果は結果なので!しっかり反省して来週以降に活かせれば。

それでは4つの重賞をサクッと振り返り。

中山金杯

◎ウインブライト
◯セダブリランテス
▲アウトライアーズ
★マイネルミラノ
△ブラックバゴ、フェルメッツァ、トーセンマタコイヤ

最内枠でじっと我慢、全くロスのない競馬で満を持して追い出した◎ウインブライト。追ってくる◯セダブリランテス。最後は1kgの斤量差も出たかなと思いますが、狙い澄ました戸崎騎手の好騎乗でした。

★マイネルミラノは最近スタートイマイチで道中押し上げて行きましたがトップハンデもありさすがに息切れ。残り150mくらいまでは楽しませてくれました。そこから△トーセンマタコイヤが上位2頭に肉薄、そのまま!と叫ぶも大外から飛んでくるストレンジクォークと、さらに外から△ブラックバゴ。

馬券的には馬連のみでしたが、ゴールまで熱くなれました。

 

京都金杯

◎ブラックムーン
◯レッドアンシェル
▲ストーミーシー
★キョウヘイ
△マイネルアウラート

◯レッドアンシェルが中団より少し前ということで、想定より後ろのポジション。◎ブラックムーンは定位置の最後方から。

ウインガニオン、アメリカズカップが引っ張る速めの流れを4コーナーでは射程に入れて追撃体制。レッドアンシェルは馬場の真ん中あたり、ブラックムーンは4コーナーで一気に前に取り付いて、すでに勝負あったような手応え。

内からはカラクレナイが久しぶりに見せ場を作る力走、外から追い込んでくるブラックムーン、抵抗するレッドアンシェル。

クルーガーが馬群に突っ込んで伸びてきて2着。先行から粘り込んだダノンメジャーが4着、▲ストーミーシーが5着。

こちらの金杯も、◎ブラックムーンがあっさり差し切って◯レッドアンシェルが2番手に上がるシーンもあり堅いながらも馬連ゲット…と思った矢先にクルーガーがスルスルと。ただ、久々に◎が勝ち切ってくれたので予想としては良かったかなと。このオッズなら単勝買えば良かった…と反省。

フェアリーステークス

◎ライレローズ
◯スカーレットカラー
▲プリモシーン
★テトラドラクマ
△シスル、ジーナスイート、アントルシャ、グランドピルエット

人気のトロワゼトワルがダッシュがつかず最後方から。消していたのでしめしめと思いながら。穴狙いのシスルがハナを切る形で楽しみ倍増。一方、◎ライレローズは掛かるくらいの手応えながら内で閉じ込められて直線も外に出すだけで終わるという残念な結果に。

三連複軸の◯スカーレットカラーは4コーナー大外から一気に仕掛ける強気な競馬。イメージ的にはもうちょっと前々でロスなく立ち回る競馬だったので意外。馬体重-8kgでしたし、かなり負担の掛かる競馬だったので次走の取捨は慎重に判断したいところ。

▲プリモシーンはスカーレットカラーの1頭分内を回る競馬。結果的にはこの位置取りの差が大きかったですね。最後までしっかり脚を伸ばしたあたり、まだ伸びしろはありそうですが、母系はスピード血統なだけにオークスでドンと来いというタイプでもなさそう。トライアルホースの匂いもしなくはないので今後もしっかり見極めて馬券検討したい馬です。

3着にレッドベルローズ。府中でのパフォーマンスを見ると中山では鵜呑みにしづらく無印にしましたが、素質だけで食い込んできました。こちらは2000mくらいあっても大丈夫なタイプだと思うので、うまく賞金加算できたらオークスで面白い存在かなと。

ディープ産駒が1着3着、2着もSS系のヴィクトワールピサ。この時期の切れ味勝負なら中山でもディープが強いか。

シンザン記念

◎ファストアプローチ
◯カシアス
▲カフジバンガード
★ツヅミモン
△アーモンドアイ、ヒシコスマー、プリュス

ここ最近のトレンド通り、◯からの三連複1頭軸で行っていれば取れたレース…◎ファストアプローチはこの馬場では内枠と大飛びがアダになりました。重馬場得意のミルコ兄さんの力でなんとか4着まで来れた感じです。

力はありますが、しばらく勝ち切れないキャラが定着しそうです。次走も好走しそうではありますが鞍上次第では嫌いたい人気馬になりそうな感じも。

◯カシアスはまさにドンピシャで想定通りのレースで3着。本質的にはマイルより1400mくらいが合っていて京都のような平坦が得意。

ファルコンステークスあたりでもまた上位に顔を出してくれそうな馬です。あまり人気にならないのもポイント。

▲カフジバンガードは位置取りが後ろ過ぎて終了。切れるタイプではないだけにもう少し積極的な競馬をして欲しかったですね。

★ツツジモンは見事に先行策から粘りこみ、カシアスも抑えたので価値ある2着。馬場がハマったとも言えますが、阪神、中山など力のいる馬場ではまだまだ楽しめそう。

△までしか評価しなかったアーモンドアイは強いの一言。新馬、未勝利の内容からアッサリも考えましたがシルク&戸崎騎手の3日連続重賞は…と思い評価下げました。右回り、重馬場、輸送と条件的にも厳しい中でこのパフォーマンス。桜花賞でも当然主役の1頭。

 

と、ザッと振り返りました。

最初の週は回収率50%台とイマイチでしたが、軌道修正できればプラス収支に持っていけそうな感じはあります。

来週も頑張りますので応援お願いします!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です