きさらぎ賞、東京新聞杯振り返り。しつこいけれどディープ産駒の取捨が肝。

みなさんお疲れ様です。

今週も競馬が終了、いかがでしたか?

tom’sは今日も馬連ボックスに救われてプラス収支で終わることができました。

9Rからの東西特別レースは全てハズレ、捨て身で投じた東京最終レースで馬連4頭ボックスが的中!56.2倍となかなかの高配当となり一気に挽回となりました。

ディープ産駒が1番人気だったので消し、ハーツクライ、ステイゴールド、ダイワメジャー、ヴァーミリアン産駒を買ったら見事にハマりました。

ただ公開予想の東西重賞はハズレだったのであまり喜べない…

では振り返ります。

きさらぎ賞

勝ったのはゼンノロブロイ産駒サトノフェイバー。2000mの新馬戦を逃げ切ってここへ臨んで来ました。スロー見え見えですし、テイエムジンソクで波に乗りつつある古川騎手なので押さえようか悩みましたが、それなりに人気してたのでニホンピロタイドやオーデットエールといった他の非ディープ産駒を狙いましたが…ちょっと力が足りませんでしたね。

2着に本命グローリーヴェイズ。こちらはスタート一息で後方からレースを進めるもミルコ兄さんが早々押し上げてサトノフェイバーを射程に捉えて直線へ。道中脚を使った分捕らえきれませんでしたが、持久力ある末脚は目を引きました。まだ後脚が甘そうで直線平坦がベターでしょうが、皐月賞、ダービーでも面白い存在になりました。

3着にはモンテロッソ産駒のラセット。藤岡兄さんが今日も見せ場を作りますね。今季はなかなか渋く活躍してくれそうです。

人気のディープ産駒ダノンマジェスティは掛かって4コーナーでは外へ逸走。気性の若さがモロに出てしまった形になりました。能力は確かですが、次走もあまり人気するようだとリスクの方が大きそうですね。

カツジは14kgと大幅に馬体が増えていましたが、余裕残しの仕上がりに加えて少し距離が長いのかもという気がします。母系はホワイトマズル、トニービンと欧州クラシック血統ながら母は短距離馬。案外、重馬場得意で新馬勝ちも適性の高さゆえかなと思ったり。デイリー杯も時計が遅い上、切れ味はさほどでもないジャンダルムに敗れてます。毎日杯あたりで再度狙うかどうかといったところです。

 

東京新聞杯

リスグラシューが55kgもなんのその。超抜時計の坂路調教そのままに牡馬を一蹴しました。ワンパンチ足りない上に斤量重め、直前まで1番人気とくれば武豊騎手騎乗であってもちょい足らずに終わると思い無印を貫きましたが…

2着サトノアレス、3着ダイワキャグニーはキャピタルステークスの2着、1着が入れ替わり。

3番枠と15番枠の差が明らかに出た感じです。

狙っていたクルーガーは-12kgと大幅減。直線も弾けず、着差こそ0.3秒大きくないものの8着惨敗。◯✖️が交互に来るだけに次はまた馬券内??

 

今週もディープ産駒の取捨を間違わないようにせねば。

京都記念は楽しみですね!

皐月賞馬、ダービー馬に加え秋華賞、エリザベス女王杯の勝ち馬まで豪華メンバー。クリンチャー、クロコスミアの先行勢がまたまた穴を開けるのか?

一方危険な人気馬は…

下のブログランキングのランキング内に記載中!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です