2018京都牝馬ステークス結論!

みなさんお疲れ様です。

昨夜飲んだプラセンタ入りの激マズ栄養ドリンクが効いているのか??あまり眠くならないtom`sです。

すっかり夜も更けましたが、しっかりブログは更新します!・・・週末だけですがご勘弁を<(_ _)>

 

では京都牝馬ステークスの予想を。

 

京都牝馬ステークス

◎ミスパンテール

チューリップ賞2着の後は3戦大敗が続きましたが、秋の清水ステークスから2連勝中。

ダイワメジャー産駒らしくない一瞬のキレが武器です。気性面でちょっと難しそうな馬で、折り合いを考慮すると距離短縮でむしろパフォーマンスを上げてくる可能性もありそうです。大型馬ですし斤量55kgも問題なさそうですね。

なんと言っても前走ターコイズステークスで馬券を取らせてもらった上に、『競馬最強の法則ブログランキング』で週間MVPを獲得させてくれた恩がありますので笑

1着か惨敗かの可能性もありますが、いまの力のいる京都も合いそうですし、少頭数で外目の枠引いたので揉まれる心配もなさそう。1番人気もありえる状況になっているのであまり妙味はないですが、勢いを買います。

 

〇ワンスインナムーン

力のいる馬場と言えばアドマイヤムーン産駒のこの馬をチョイス。先手を取る可能性が高いので内枠も良さそうです。昨年は14番枠から2着していますしコース相性も良さそう。母父へクタープロテクターということでGIよりはこういうGIIIくらいが向いている感じ。ちょっと底力に欠けそうでここは上位に食い込みたいところ。

香港で大敗しての国内初戦なのでもうちょっと人気落とすかと思いましたが、このメンバーでは実績上位ですし仕方ないところでしょうか。

 

▲デアレガーロ

前走市川ステークスでは脅威の差し脚でクリアザトラックらを撃破。春のフラワーカップでファンディーナに次ぐ2番人気に推された実力馬です。

7月の道新スポーツ杯では1200mで勝っていますし馬群を捌く根性も見せました。今回は池添騎手騎乗ですが手は合いそうな感じがあります。1400mに短縮された京都牝馬ステークスでは7枠のオレンジ帽が好走しますのでこの馬も該当。ワンスインナムーン、ソルヴェイグあたりが引っ張ってペースが流れれば前走のように末脚炸裂しても不思議なしです。

 

★ヴゼットジョリー

ここ最近苦戦続きですが、着順ほどは負けていません。前走秋華賞こそ道悪と距離が堪えて惨敗ですが、休養明けの今回は距離短縮&和田騎手に乗り替わりということで変わり身があってもいいかなと思います。ローエングリン×サンデーなので切れ味勝負は向かず、平均的なラップで早めに押し切るようなレースが合いそう。そういう意味でも追える和田騎手は合っていると思います。

△オーヴィレール、ミスエルテ、タマモブリリアン

オーヴィレールは追切が抜群に動いたとのことでピックアップ。最内枠がどう出るかですが、インコースでじっと我慢できれば1Fの延長も問題ないと思います。むしろ先行するより末脚を活かす競馬をするほうが楽しみが大きいです。

ミスエルテは追切が実践に結びつきませんが、本来は時計の掛かる馬場のほうが向いている気がします。デビュー2連勝の印象が強すぎますが、京都1400mは重賞勝ちの舞台ですしそろそろ一発があっても・・・ここでダメなら諦めます。

タマモブリリアンは昨夏からずっと追いかけている馬。オープン入り後は苦戦続きですが1F延長のここで再度見直してみます。体調はすこぶる良いとのことですし今年好調の古川騎手。テイエムジンソクの前に勢いつけておきたいですね。

 

人気で消したいのはソルヴェイグ。実績は当然上位ですが、ポカも多い馬です。あっさり勝っても不思議なしですが、ミルコ兄さんが人気を押し上げている感があります。昨年のこのレースで内枠に入ったミルコ兄さん騎乗のアットザシーサイドで単勝勝負したものの内が悪く何もできずに終わった苦い思い出がありますので・・・

 

人気が割れているわりには、馬連、三連複ともに上位人気の配当が低い・・・

ということで◎ミスパンテール1着固定の三連単で行きたいと思います!

ミスパンテールから印の馬へ30点勝負!

 

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara