2018弥生賞 枠順発表!有力馬分析します。

みなさんお疲れ様です。

先週は阪急杯、関門橋ステークスのメイン連続的中でまさかの土日惨敗の悪夢を払拭できました!

阪急杯は能力と実力で抜けていると判断したモズアスコットとレッドファルクスの2頭軸三連複が正解。7点勝負で40倍以上の配当をゲット、関門橋ステークスはレトロロックの単勝で6倍をゲット。点数を絞った分、1点あたりを厚めに買えたのが吉でした。

今週もこの調子で行きたいですね!

 

ぼちぼちTwitterやってます。

単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 

 

北海道は猛吹雪で大変そうですが、今週は暖かい日もあって、いよいよ春競馬本番といった感じですね。クラシックへ向けてのトライアルも本格化してきて楽しみ倍増です!

さて弥生賞、チューリップ賞の結論は土曜深夜ににアップする予定ですが、枠順を見て雑感を。あまり波乱の要素がなさそうなので馬選びを慎重にして点数を抑えたいところです。

 

いかにもトライアル向きの馬を選ぶ。

 

弥生賞は皐月賞と同コース同距離で行われますが、本番とはレースの質が全く異なるので「いかにも」な馬を選ぶのがコツ。

そんな目線で有力馬をチェックします。

 

2018弥生賞

 

ダノンプレミアム

1800m→1600m→1600mと来て2000mということで、スタミナ、折り合い面で不安がありそうですが…正直まだ3歳春の時点では適性よりも能力でどうにかなるもの。

ちょいと懐かしいですが、キャプテントゥーレあたりでも皐月賞で押し切ってしまうくらいですし。そのキャプテントゥーレがダノンプレミアムに騎乗している川田騎手に初GIをプレゼントしたんですね。

ちょうど10年前になりますか…

脱線しましたが、外回りコースで3連勝中ですが小回りも対応できるのではないかと思います。むしろ器用さもありますし中山でさらにパフォーマンスを上げるかもの期待もあります。

朝日杯は2番手追走から直線も馬なりで先頭、追い出したらあっという間に突き抜けて圧勝。上位入線が後方からの追い込み馬が多かったにもかかわらず上がり最速と、力が違ったとしか思えない内容でした。

将来はマイラーでしょうが、春の間はクラシック戦線で中心になる馬。弥生賞は同コース同距離で行われるにもかかわらず、皐月賞に直結せずダービーと関連が高いレース。ダービーでも好走するためには当然ここは勝っておきたいところ。脚質的には皐月賞向きですが昨年のアルアインとはタイプが違いますしトライアルのここでも結果を出しそうです。

 

ワグネリアン

今回の弥生賞で1番扱いに困るのはこの馬。中京、京都、東京と違う競馬場で圧倒的なキレ味で3連勝してきており血統的にも人気が高い1頭。過去の弥生賞の傾向からすると、スローペースの少頭数で、とにかく斬れる馬が派手に勝つ→皐月賞でコケるのがパターン。

弥生賞はディープ産駒の庭なのです。

今回該当しそうなのがこの馬…ここ最近乗れてきた福永騎手が昨年のカデナみたいに大外一気で差し切ってしまうような気もするのですが…先週のすみれステークスでキタノコマンドールが想像以上の勝ちっぷりを見せたこともありこの馬かどちらに乗るのかも気になるところ。

気性がカリカリしているのと跳びが大きくなってきてフォームが変わってきたという点が完成度の面でダノンプレミアムに劣るように思います。

勝つか3着以下かという扱いにしておきます。

 

ジャンダルム

こちらはデビューの頃とはイメージが変わってきました。サドラーズウェルズ系特有の斬れないマイラーかと思っていましたが、武豊騎手も絶賛するほどのキレを持っているよう。

どちからというと皐月賞で消耗戦になったときに内からスッと差し込んでくるイメージでしたが…この馬もいかにもトライアル向けの馬として扱います。ホープフルステークス勝ちのタイムフライヤーを京都2歳ステークスで破ったグレイルが共同通信杯で惨敗しましたし、タイムフライヤーの実力を改めて測るのに一役買いそう。弥生賞に強い武豊騎手だけに馬券圏内は堅そうですね。

 

オブセッション

前走シクラメン賞が圧巻のレコード勝ち。こちらは500㎏を越す大型馬でゆったり走れる外回りコースでこそかなと。皐月賞よりはダービー向けで昨年のクラシック路線でいうとベストアプローチ強化版なイメージ。ここで掲示板、青葉賞かプリンシパルステークスで権利を取ってダービーで穴人気するのではないかと想像。

藤澤&ルメールコンビで当然侮れないですが、弥生賞での優先順位は低めかなと。

 

サンリヴァル

こちらはいかにも皐月賞で穴を開けてくれそうな馬。弥生賞3着くらいでまさに昨年のダンビュライト役。父ルーラーシップで、少頭数でディープ産駒とのキレ味勝負では分が悪いのは見え見え。

ハイペースで流れたホープフルステークスで唯一前残りの競馬を見せた底力とレースセンスは皐月賞でこそ活きるはず。弥生賞でも配当妙味的には馬券に入れておきたい馬です。

 

以上、楽しみな弥生賞の有力馬分析でした!

リアルタイムで競馬中継観たいが…果たして。


ブログランキング参加中です。
ちょっとだけでも興味持ってもらえたら応援のクリックお願いします!

オマケに土曜中山9R潮来特別の予想も載せておきます。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara