2018弥生賞、2018チューリップ賞振り返り。

みなさんお疲れ様です。

今週の競馬はいかがでしたか??

tom’sは惨敗に終わりました(;o;)

チューリップ賞はヒモ穴狙いで◎シグナライズから行きましたが阪神JF組には全く力及ばず。

やっぱりGI上位馬は層が厚かったですね。

弥生賞は2頭軸の◎ダノンが完勝、◯ジャンダルムがなんとかサンリヴァルを捕らえて3着確保。直線半ば、ワグネリアンが追い込んで来るまではそのまま!って叫んでましたが、ワグネリアンが2番手に上がったあとはジャンダルム差せー!!と忙しい直線でした笑

オーシャンステークスは昨夏函館スプリントでお世話になったキングハートが重賞初制覇。ここ2走が大敗だったので旬が過ぎたと見て無印。外枠を嫌って評価を少し下げたナックビーナスが2着と、3着にミルコ兄さんの上がり馬ダイメイフジという結果に。

では早速チューリップ賞、弥生賞のトライアルを検証します。

チューリップ賞

正直言って、ここで上位に入った3頭で桜花賞決まりかなというくらいそれぞれが本番に向けたレースができたと思います。

ラッキーライラックは相変わらずのレースセンスとスケールアップした末脚で圧巻の走り。2歳女王の貫禄を見せつけました。

ゆったり流れて3番手から上がり3F33.3秒の決め手を発揮されては他の馬は為す術なし。ラスト2F目は10.7と一瞬のキレも持ち合わせていて、まったくスキがありませんでした。

2着のマウレアはクイーンカップを叩いての効果と武豊騎手の手腕を持ってしてもリリーノーブルと小差の2着。小柄な馬で、使い詰めて良くなるタイプでもなさそうで桜花賞に向けては視界良好とは言えないでしょう。桜花賞の権利取りにこのレースを使ったことでオークスまで良くないリズムを引きずりそうな。上位3頭の中では1番苦しい立場になったと思いますね。

リリーノーブルは大型馬ですし、ここを叩いて上昇が見込めそうです。が、逆転となると多頭数の本番で枠、もしくは展開の利がないと厳しいような…一瞬のキレを求められない以上はハイペースから早めに押し切るくらいの持続力が欲しいところですが、母父クロフネということでGIではちょい足らずの気もします。

今週のフィリーズレビューには桜花賞を意識できるような馬は見当たらず、フラワーカップもオークスに向けての意味合いが強いレース。

シンザン記念勝ちのアーモンドアイが逆転候補ですがスタートに難がありますし阪神未経験、持ち時計もチューリップ賞組に劣ります。

プリモシーンもフェアリーステークスから直行ローテに不安、テトラドラクマは疲労で回避。

やっぱり不動の中心はラッキーライラック、上位評価もチューリップ賞組になりそうです。

弥生賞

こちらもチューリップ賞につづいて振り返り。

とは言ってもただただダノンプレミアムが強かった。ワグネリアンについては例年ならいかにも弥生賞という感じの大外一気で勝てていたはず。相手が悪かったですね。

ジャンダルムは早め進出から逃げるサンリヴァルを射程に入れるもなかなか伸びず…坂を登ってようやく加速してなんとか3着確保。武豊騎手も相手が強かったとコメントしていますが本番に向けて策を練ってくるはず。個人的には皐月賞特有の厳しい流れで多頭数になればレースセンスでまた上位に顔を出してくると思っています。豊さんが絶賛したキレ味はまだ鳴りを潜めていますね…

サンリヴァルは本番に向けては…さすがに勝ち切るにはパンチ不足でしょう。ダノンプレミアムも前々での競馬になるでしょうし、後ろからのプレッシャーに対応できるかですね。ダノンプレミアムはおそらく後ろを警戒するというよりはあくまで自分のリズムを大切にしながら勝ちに行く競馬をしそうです。

となると、ダノンプレミアムと後方待機の馬にチャンスありと見ます。16年のディーマジェスティ、マカヒキのように大外からぶっ飛んでくるような流れになるか、昨年のように高速馬場で器用に立ち回る馬にチャンスがあるか。

タイムフライヤー、オウケンムーン、キタノコマンドールやスプリングステークス組から有力馬が出てくるか楽しみですね!

オブセッションは若さを露呈して大敗。やっぱりダービー目標に立て直して来るでしょうが、しばし様子見ですね。

今週はサトノダイヤモンド国内復帰戦の金鯱賞。スワーヴリチャードも順調に成長していそうで豪華メンバーの集まる一戦に注目です。

牝馬重賞も難解そうですが、出走馬確定、枠順発表のあと結論出したいと思います。

 


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!

金鯱賞の本命候補を書いておきますね。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara