2018中山牝馬ステークス結論!内枠小回りは絶対買いのこの馬から!

みなさんお疲れ様です。

今日は鹿児島出張から福岡へ帰ってからの高松。

日中、新燃岳が噴火して煙もくもく立ち上る瞬間を目撃しました。

移動距離どんだけ~って感じですが。あっという間に1週間過ぎました。

来週は怒涛の出張ウィーク。一体何キロ走ることやら・・・

 

では中山牝馬ステークス結論へ!

昨年はワイド2つ的中した思い出のレース。今年も的中といきたいところ!

 

中山牝馬ステークス

◎トーセンビクトリー

昨年はマジックタイム本命で押さえ評価としましたが今年は◎でいきます。

常々書いているとおり、この血統は中山はとにかく走ります。ここ2戦は有馬記念、AJCCと牡馬相手に、しかも距離も少し長いこともあって苦しい競馬ですが、前走AJCCは前残りの展開の中、外からしぶとく伸びて5着。本来は脚の使いどころが難しいながらも持ち前の器用さでインコースからちょいと差してくるのが得意な馬。

2番枠に入った今回、56kgのハンデは楽ではありませんが、他の有力馬も同斤量ならこの馬をチョイスします。

昨年は中山牝馬ステークス、クイーンステークスと馬券で稼がせてもらった恩がありますので、今年もよろしくの気持ちで本命にします。

 

〇フロンテアクイーン

昨年のこのレースは8着に敗れましたがその後はGIヴィクトリアマイルこそ8着になったものの堅実に上位争い。

前走も勝ちパターンに入ったもののミスパンテールの強襲に合い2着。今回のメンバーでは強烈な切れ味勝負の馬もおらず、総合力が問われそうです。

54kgで走れるのも魅力で今回も堅実駆けに期待します。鞍上も乗れてる北村宏騎手なのも心強いですね。

 

▲エンジェルフェイス

1年の骨折明けで1600万を逃げ切り勝ち、前走京都牝馬ステークスは控える競馬で進境を見せて4着。3歳時にフラワーカップを逃げ切ったコースで再度重賞取りに挑みます。当時負かした馬にエテルナミノル、ゲッカコウ。強力な先行馬もいませんし、距離延長のここは気分良く行かせても良いのではないかと。

 

★マキシマムドパリ

こちらもトーセンビクトリー同様に56kgを背負います。中山はデビュー3戦目でクイーンズリングに敗れて以来となります。どちらかというと広いコース向きだと思いますが、最近積極的なレースを見せる藤岡兄なので中山コースでも上手く捌いてくれるのではないかと。切れ味勝負のタイプでもないので早めに押し切るようなレースがベスト。

 

△ワンブレスアウェイ、バンゴール、ブラックオニキス

押さえは決め手がありそうな馬から。エンジェルフェイスあたりが作る流れを早めに有力馬が捕まえに行って最後は後半から差してくる馬にチャンスありと見ます。

馬券は三連複2頭軸で手広く行きます!

◎ー◯ー総流し!計14点!

あとは◎トーセンビクトリーの単勝勝負!

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara