2018高松宮記念振り返り。3着ナックに泣く…

みなさんお疲れ様です。

なかなか引越しの片付けが終わらず…

ちっちゃい子が2人いると余計にですね笑

馬券の方もすっかり神様に見放されてるかのごとく当たらない(T_T)

高松宮記念もブログ予想にアップした買い目とは別に◎レッツゴードンキの単勝を買って見守るも…抜け出してからファインニードルに迫られながらも食い下がり食い下がり。

スプリンターズステークスに引き続き最後の最後で交わされるという悔しい結果。

土曜も日曜も馬連なら…という残念な結果でした。

まあもし馬連買ってたらレースの結果も違って結局ハズレてたと思います!というくらいネガティブな精神状態になってます笑

では振り返り。

なんといっても1番人気レッドファルクスのよもやの敗戦。

レース後のミルコ兄さんの弁では「進んで行かなかった」とのこと。直線は内を突いて伸びるもバテて下がってきたダイアナヘイローとスノードラゴンが壁になり捌けず外へ進路を変更するロス。これがなくとも頭はなかったとしても馬券内はあったかという感じはするだけに。

ここ最近ミルコの神騎乗が鳴りを潜めていて、馬券を買う側としてはやや疑いをもって馬券検討に臨んでいる今日この頃です。

その辺りも考慮しての◎レッツゴードンキでしたが…

まあ差されたのは好調川田騎手のファインニードルですし、ブログでは▲評価してたので納得は納得。ゴドルフィンの勝負服に違和感を覚えながらもやっぱり「持ってる」人は持ってるなと妙に納得してしまいました。お金持ちの人にお金が集まる、不思議な世の中です。笑

資本の二極化の究極を見たような高松宮記念でした。

3着に食い込んだナックビーナス。セイウンコウセイではなくミウラコウセイが3着に来たので馬券的に残念な結果に…

ナックビーナスは重賞ではあと一歩のレースが続いていましたがここも善戦。三浦皇成騎手も重賞勝ちこそ武蔵野ステークスのインカンテーション以来ありませんが、たびたび重賞でも上位に食い込み存在感を見せています。

今週の大阪杯ではシュヴァルグランとのコンビで初GI制覇のチャンス。

その大阪杯は川田騎手が引き続きアルアインとのコンビを組むものの、サトノダイヤモンドは戸崎騎手、ダンビュライトは浜中騎手と乗り替りが多く、騎手の手腕が問われる一戦ですね。

大阪杯の予想はまた別の機会に…

 

先ほど少し書いたゴドルフィンの勝負服の件ですが、JRAではかつて馬主登録されていた方(いまも現役?)が青一色を既に使用しているため使えないとのことですが…

個人的にはファンタスティックライトが来日してテイエムオペラオー、メイショウドトウと叩き合ったあのロイヤルブルーのイメージが強いですね。ファインニードルの勝負服よりもうちょっとツヤがあったような??袖の輪よりもそちらの色味に若干の違和感がありました。

まあ細かい話ですみません。

馬券が当たる気がしないので、回顧記事の中にこういう雑談を少々挟んで気を紛らわします!

 

話が戻って今週は大阪杯。

京都記念では叩き台見え見えだっただけに低評価に抑えながらもきっちり馬券に絡んできたアルアイン。

大阪杯はメイチで仕上げてくるであろうと思われるので重い印を打つ予定ですが…

またいろんな情報に惑わされてあれこれ買わないように。

単勝、もしくは馬連で行こうかなと考え中です。

夜にはドバイも控えていることですし、なんとか資金調達したいところ。

しばらくパソコンもWiFiもない環境なのでブログ更新が捗りませんが週末の予想はアップする予定ですので、今後ともよろしくお願いします。


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara