2018桜花賞枠順発表! 最内に入ったラッキーライラックの走りやいかに??

みなさんお疲れ様です。

2018年クラシック第1弾、桜花賞の枠順が発表されましたね!

大本命候補のラッキーライラックは最内1枠1番に入りました。

とにかく外差しが決まりやすい阪神1600m。過去遡っても最内枠の好走はほぼ皆無。

最内に入った馬の実力が足りなかったのでは?という疑問もあり…

調べてみました。

2017ミスエルテ

2016キャンディバローズ

2015コンテッサトゥーレ

2014カウニスクッカ

2013ストークアンドレイ

2012エピセアローム

2011フォーエバーマーク

2010ショウリュウムーン

2009ダノンベルベール

2008デヴェロッペ

2007ショウナンタレント

こうやってみると成績が振るわないのもある程度納得のメンバーではないでしょうか。

阪神外回りで伸び伸び走るには中〜外枠で揉まれず気分良く行ける方が良いのでしょう。ただし先行馬も苦戦傾向なので多少のロスがあっても外から差してくるのがセオリーのようです。

さてラッキーライラック。

デビュー以来外回りマイルばかりを走ってきているものの、チューリップ賞は5番枠ですが10頭立て。新馬戦の4枠8番が経験の中では最内。

うまく捌けるかに注目です。

他の有力馬でいい枠に入ったなと思うのが5枠9番リリーノーブル、2枠の2頭アンコールプリュ、リバティハイツのフィリーズレビュー組。フェアリーステークス勝ちのプリモシーンも7枠15番と揉まれずに運べそうですね。

結論は土曜の深夜の予定ですが、今から楽しみです!

ラッキーライラック1強ムードですが、阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞上位のマウレア、リリーノーブルの逆転があるのか、未対戦組の一発があるのか。

ヒモ荒れは十分考えられそうなのであまり絞りすぎずに買い方の工夫をしたいと思います!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara