2018桜花賞振り返り。連日のディープ祭りとはならず。アーモンドアイの豪脚恐れ入りました。

みなさんお疲れ様です。

桜花賞、堅い堅い決着になりましたね。週初めの段階では◎ラッキーライラック◯リリーノーブル▲アーモンドアイでしたが、週末が近づくにつれて欲が湧いてきて穴狙いに走ってしまいました…

アーモンドアイをぶった切ったのが最大の反省。やっぱり牡馬混合のシンザン記念勝った馬は要注意ですね。わかっちゃいたけど配当を考えて、理由をこじつけて消してしまいました。

出遅れ、輸送、時計勝負、桜花賞苦手?なルメール騎手、母フサイチパンドラ(完全主観)…

どれも杞憂に終わりましたね!

さてレースを振り返ります。

2018桜花賞

注目の最内枠ラッキーライラックは好スタート。押し出されて逃げるんじゃ…という不安も出たくらいでした。外からコーディエライト、ツヅミモンが交わしていって序列は落ち着きました。

狙っていたディープ産駒のプリモシーンが出遅れ。アーモンドアイもダッシュつかず後方待機。

道中は大きくレースが動くことなく直線へ。

阪神マイルは外回り。差しが届きやすいコースではありますが…

ラッキーライラックがうまく持ち出してラストスパート。その後ろから雪辱に賭けるリリーノーブルが迫る。マウレアは外を回してスパートするも前を捉える勢いはなく。

ディープ勢はレッドサクヤが最前列で前を伺うが切れ味は見せられず。出遅れのプリモシーンは内を突くも進路がなくジ・エンド。

そうこうしているうちに、アーモンドアイが楽な手応えであっという間に大外から馬群を飲み込む!

内で抜け出したラッキーライラックをもあっさり捉えて突き放す完勝。

シンザン記念で見せた切れ味が本物であることを証明。良馬場の時計勝負になりましたが上がり3F33.2と他馬より1秒以上速い圧倒的な末脚でレースレコード。

恐れ入りました。直線では手前を何回か替えていたように、左回りならさらにパフォーマンス上げそうです。新馬戦、未勝利で見せた圧巻の切れ味はオークスでも発揮されそうです。

追い込み脚質の桜花賞組は距離不安説が出てもオークスで好走可。2冠の可能性は高まったと思われます。

桜花賞の1〜3着は1枚抜けてる印象。オークスでもワンツースリーかあっても不思議なしですね。マウレア、フィニフティあたりは馬体の成長と底上げがないと逆転は厳しそう。

忘れな草賞を買ったオールフォーラヴ、フローラステークスで新星が登場するか。

逆転の目はそこらへんですかね。

 

さて来週はダノンプレミアムの回避で一転大混戦の皐月賞。昨年はアルアインに◎を打ちながらペルシアンナイト抜け。ダンビュライトも当然買っておらず…

皐月賞ではデムーロは絶対的存在ですね。

ということでキタノコマンドールは押さえ必須??キャリア2戦でどこまでやれるかなど課題もありますが。

さて今週もいろいろ考えながら過ごします。

馬券的にもそろそろドカンと一発ほしいところ。

ようやく今週末から自宅にインターネット回線が入りますので皐月賞の結論はPCから更新できるかもです。(何かトラブって結局スマホからの更新になりそうですが(^^;;

 

来週こそは!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara