2018マイラーズカップ、フローラステークス振り返り。ディープ産駒がビュンビュン切れ味発揮。

お疲れ様です。

天皇賞春の展望でも書こうかと思っていたらもう水曜日…今週もあっという間に週末になりそうですね!

先週の皐月賞で随分気を良くして臨んだ今週の3重賞でしたが…残念ながら全敗となりました。

最大の原因は馬場読みが甘かったことかなと反省。福島は力のいる馬場だったということで非力なトーセンビクトリーよりメイショウサムソン産駒のキンショーユキヒメが狙い目だったということですね。昨年のマーメイドステークスで◎をうちハナ差4着の苦い思い出の逆パターンになりました。

マイラーズカップは高速の京都開催ということでスピードの絶対値がモノを言いましたね。阪神マイルで1.31.9の持ち時計があるとはいえ、◎ブラックムーンは荒れ馬場の方が良かったかな。さすがにこのメンバーで大外一気を決められるほどの実力は備わってなかったか…

▲サングレーザーがさらに進化を見せましたね。高速馬場を中団後方から徐々に持ち出し直線一気。

◯エアスピネルや同じく4歳の△モズアスコットより1kg重い斤量を背負って勝ちきったことに意味があります。

安田記念本番もこの3頭には注目しつつ、中距離路線からも強力な4歳馬スワーヴリチャードが参戦。面白いレースになりそうですね!

オークストライアルはマイラーズカップと同じくディープ産駒のサトノワルキューレが豪脚発揮でオークスへの切符をゲット。

出遅れというよりダッシュがつかずといった感じのサトノワルキューレは最後方追走。2400m戦でも勝負どころでもたつくイメージだったので、馬券的にはここはしめしめと。きっと今日も3コーナーから4コーナーで押しながらなかなか進んで行かないサトノワルキューレを想像しましたが、あれあれ案外すんなり反応してました。◎レッドベルローズは先団を見ながら…てすが折り合いを欠きつつポジションが下がって行きます。直線向いて追い出すと逃げるデュッセルドルフが踏ん張るもノームコア、パイオニアバイオの8枠2頭が並びかけて先頭に。

サトノワルキューレが大外から猛然と追い込み、レッドベルローズも伸びてくるも、残り200あたりから脚色が鈍る。対照的にサトノワルキューレはさらに加速、1000m1.01.1のスローペースでながら上がり33.4秒の豪脚で差し切り勝ち。

オークスに向け、桜花賞馬アーモンドアイ、2歳女王のラッキーライラックに挑戦状を叩きつけました。

今のところ桜花賞上位3頭とサトノワルキューレで仕方なしかと思ってますが、そこは枠順、追い切り次第ではまた惑星が誕生するかも。

今週は古馬の伝統レース天皇賞春。タイトルホルダーはシュヴァルグランのみと、実績か勢いか、はたまた臨戦過程か…何を重視するかで馬券収支に直結しそうですね!

傑出した馬が不在の年は波乱傾向にある天皇賞春。

穴狙いか、実績重視か…

まあ実績といっても条件戦上がりの馬もいるメンバーなのでどこからでも狙えるレース。

ガンコか4歳勢のチェスナットコート、クリンチャー、サトノクロニクルか…

何せ考え甲斐のある一戦になりそうですね!

ゴールデンウィークの旅行中になりそうですが買い目は日曜午前には発表したいと思います( ^ω^ )


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara