2018天皇賞春結論!勢いある馬を中心に。

おはようございます。

ゴールデンウィーク真っ只中、旅館からサクッと更新します。

2018天皇賞春

◎ガンコ

◯シュヴァルグラン
▲チェスナットコート
★カレンミロティック
△クリンチャー
△サトノクロニクル
△レインボーライン
△トーセンバジル

 

買い目は三連複一頭軸流し◎ガンコから印の馬へ21点、あと馬連でシュヴァルグランを外した2.4.6.8.10.12.15のボックス21点で勝負します!

大波乱はなさそうですが、上位人気でガチガチでもなさそう。

アルバートが来たらドボン、という布陣でいきます。

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara