2018天皇賞春結論!勢いある馬を中心に。

おはようございます。

ゴールデンウィーク真っ只中、旅館からサクッと更新します。

2018天皇賞春

◎ガンコ

◯シュヴァルグラン
▲チェスナットコート
★カレンミロティック
△クリンチャー
△サトノクロニクル
△レインボーライン
△トーセンバジル

 

買い目は三連複一頭軸流し◎ガンコから印の馬へ21点、あと馬連でシュヴァルグランを外した2.4.6.8.10.12.15のボックス21点で勝負します!

大波乱はなさそうですが、上位人気でガチガチでもなさそう。

アルバートが来たらドボン、という布陣でいきます。

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara