2018NHKマイルカップ 枠順確定で一言。

ゴールデンウィーク真っ只中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

管理人tom’sは子どもと一緒に博多どんたくでも見に行こうとかなーと計画中です。

さて今週は3重賞。どのレースも確固たる本命不在(だいたいいつもそう言いますが)で難解そうです。

枠順発表もありましたし、ここらでマイルカップに出走するメンバーの雑感を。

2018NHKマイルカップ

タワーオブロンドン

ここは1番人気確実か。前走アーリントンカップはマイルの距離と仕上がり途上説を嫌い、予想の上では評価を下げました。しかし結果は予想以上の能力差を感じる一戦となりました。ラブカンプーが引っ張りペースが流れたこともあり折り合いも問題なくついていました。道中はいつも通り後方追走から直線で外に持ち出す際にややスムーズさを欠いたものの、立て直してからは一気の末脚で他馬を飲み込みました。

ゴツい見た目からはスプリンター体系ですが、血統的にはむしろ中距離思考。この辺りをどう判断するかですね。今回はスローペースが見込まれるので再度折り合い面が課題に。内枠の2枠3番をうまく捌けるかも検討の重要な材料。朝日杯は内を突いて来ましたが、強烈な伸びは影を潜めました。

やはり外に持ち出してナンボな気がします。

パクスアメリカーナ

こちらはアーリントンカップでタワーオブロンドンの後塵を拝みましたが、重馬場のこぶし賞ではケイアイノーテックを下しています。時計勝負がどうかと懸念しましたがアーリントンカップでクリア。父クロフネはマイルカップと好相性で姉ホエールキャプチャというのも心強いポイント。枠順も5枠10番ということで極端な枠に入らなかったのは◎。前走アーリントンカップは最内枠で道中徐々にポジションを下げるキツい競馬に。直線はインコースから盛り返し力のあるところを見せましたが本来は大跳びですんなり外めを走らせたい馬。あとは減り続ける馬体重と輸送が鍵を握りそうです。

カツジ

名前から今まで軽視していましたが…ニュージーランドトロフィーは新味を見せる追い込み勝ち。今まではあまりディープ産駒らしからぬところがありましたが、やはり切れ味はディープ産駒のそれ。スタート次第で位置取り自在な点は強みになりそう。同じディープ産駒のケイアイノーテックとの比較で、どちらを上位に取るかが悩みどころ。ただこちらの方がローテーション的には余裕がありますし、今回はこちらを上位に取りたいですね。

ミスターメロディ

マイルカップに出走するメンバーの中で、底知れない感じがするのはこの馬。ダートを中心に使いつつ、前走初芝で重賞ファルコンステークスを完勝。早い流れを先行から抜け出してフロンティア、アサクサゲンキをあっさり振り切った内容は秀逸。折り合いと距離が課題となりますが能力で圧倒する可能性もありそう。

ギベオン

人気馬で嫌いたいのはこの馬かなと。2000.2000.1800と来て初のマイルがGI。ミルコ兄さん騎乗で人気を後押ししてる感はありますが、マイルカップで突き抜けるほどのインパクトは感じません。今までマイルカップにはミッキーアイル以外、これと言った有力馬を送り込んでいないディープ産駒。今年はケイアイノーテック、カツジ、アンコールプリュ、プリモシーンと5頭出し。ギベオンよりはその他のディープ産駒に魅力を感じますので、今回は軽視。来たらごめんなさいです。

 

といった感じの有力馬に対する感想でした。

他にも穴っぽいところがたくさんいるので正直悩むところ…馬券的にはかなり手広く買うことになりそうですが、それはまた明日!

土曜日の競馬で馬場などを検証して最終結論を出したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara