2018京都新聞杯結論! ここ一本に絞ったグローリーヴェイズから。

おはようございます。

ダービーに向けて最後の切符を争う土曜日の東西メイン。

京都新聞杯、プリンシパルステークスをザクっと予想します。

2018京都新聞杯

◎グローリーヴェイズ

きさらぎ賞2着から間隔を空けて京都新聞杯へ。関東馬で輸送時の渋滞が懸念されますが、ダービーを蹴ってまでここ一本に絞って来た陣営の判断は好感。先週のゴーフォザサミットと同じくまだ馬体も完成途上といった感じですが、ここで2着までに入って賞金を加算しておきたいところ。京都への適性も高そうで、気が早いですが菊花賞へ向けて好勝負を期待します。鞍上浜中騎手は昨年プラチナムバレットで京都新聞杯を制していますし、連覇がかかります。

◯アルムフォルツァ

毎日杯は惨敗したものの前走あずさ賞は完勝。逃げるジェシーをあっさり捕らえた脚はなかなか見どころあり。ハーツクライ×チーフベアハートといかにも平坦得意な血統、池添騎手の手腕に期待します。

▲フランツ

最内枠、ミルコ兄さんで評価を上げたいところですが…1番人気なので相対的に3番手。前走のイン突きは、好時計勝ちはインパクト大ですがあまり過大評価するのも…昨年の青葉賞勝ちのアドミラブルみたいに圧勝があってもおかしくないですが…

以下穴っぽい馬が多く、手広く行きます。

ケイティクレバーは逃げれば当然実力上位ですが…控えた前走の意図やいかに??ということで今回は消し。

シャルドネゴールド、レノヴァール、メイショウテッコン、レイエスプランドル、アドマイヤアルバ、ロードアクシスまで押さえます。

◎グローリーヴェイズから三連複28点、馬連8点勝負!

 

2018プリンシパルステークス

◎ハッピーグリン
◯ブレステイキング
▲コスモイグナーツ
★コズミックフォース
△イェッツト

5頭の馬連ボックス10点勝負!

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara