2018函館スプリントステークス、ユニコーンステークス振り返り。

お疲れ様です。

朝から大阪の地震、大変でしたね。過去二度大きい地震を体験しているのでライフラインが止まる不便さ、またいつ来るかわからない大きな余震の恐怖は身に染みています。

被災された皆様の1日も早い日常復帰をお祈りいたします。それにしても一寸先は闇ということを痛感することが多いこの数年間です。

さて函館スプリントステークスとユニコーンステークスをざくっと振り返ります。

まずは函館スプリント。

勝ち時計はほぼ想定通りの1.07.6。

スタートはダイアナヘイロー、ジューヌエコールの牝馬2頭がやや遅れ。セイウンコウセイはまずまずながら強引にハナを奪いにいきます。ワンスインナムーン、ナックビーナスは控える形。ダイアナヘイローは無理せず中団待機。◎ライトフェアリーは思惑通り外から先行。しめしめと思いながら見ておりましたが結果はまさかの最下位…

4コーナーでもセイウンコウセイがインぴったりを逃げて粘る粘る。外から並びかけるワンスインナムーン、ナックビーナス、間からタマモブリリアン。馬群は密集していてダイアナヘイロー、ジューヌエコールあたりは内で手綱を引っ張り全く追えず。人気薄アドマイヤゴッド、ヒルノデイバローは上手く持ち出し追い込んで来ますが届かず。

逃げ切ったセイウンコウセイが昨年の高松宮記念記念以来の復活勝利。シルクロードステークスでも逃げて粘っただけに、行ききればさすがGIホースといったところ。ここ最近はネロ、セイウンコウセイの西山勢に振り回されてる気が笑

セイウンコウセイも今や展開に注文がつくだけに、買い時は慎重に判断しないとですね。昨年スプリンターズステークスで◎を打って撃沈して以来重い印は打っていませんが、今後はどうでしょう…

2着は常に激走注意の10番人気ヒルノデイバローが入りました。こちらも展開とスタート次第ですがやはり実力馬。単勝は売れないものの三連系のヒモには重宝されるようで、3.10.1番人気でもギリギリ万馬券という結果。

4着、5着に△アドマイヤゴッド、△タマモブリリアンが入りました。セイウンコウセイを切った時点で既に負け組ではありますが、穴馬のチョイスとしては良かったように思います。

今回負けた馬でもダイアナヘイローやジューヌエコールなど完全に脚を余した馬もいるので次回人気落ちなら要注意ですね!

ユニコーンステークスは想定通りの堅い決着。2番人気のグリムは直線思いのほか伸びず惨敗。3着にエングローサーが入りました。

勝ったルヴァンスレーヴはスタート一息で後方待機、道中ポジションを押し上げ、直線では外から持ったまま並びかけて突き放すワンサイドなレース。このまま成長すればダート界を席巻しそうですね。昨年のエピカリスのようなこともあるので海外にこだわって欲しくはないですが、今後の活躍が楽しみです。

 

馬券はユニコーンステークスのみ的中でしたが、狙いは悪くなかったと思ってます。

今週は宝塚記念。

追切、枠順を見てからの結論ですが、上位4〜5頭ピックします!

 


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara