2018函館2歳ステークス 有力馬展望。

おはようございます。

今週は出張続き、来週も出張続き。そんな出張の夜は地方競馬が面白い!

地方競馬は引退宣言していましたが、やっぱりちょこっと遊んでいます笑 負けると取り返したくなるのでノメり込み過ぎないようには加減していますが。

それでもやっぱり最終レースで挽回したくなるのは競馬好きの性でしょうか・・・

 

Twitterぼちぼちやってます!

思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 

さてそれはさておき今週は函館2歳ステークスと中京記念の2重賞が開催されます。

個人的には函館2歳ステークスが好きなので、ぜひ的中させたいと思っております。キャリアの浅い2歳馬の将来性、完成度をたった1~3戦程度のレースの中から推測するのが楽しい!それでもって的中した際には最高じゃないですか!?

一口馬主やPOGをやっているわけではないですが、ちょっとした親心みたいなものを感じるレース。道営から参戦の馬もおり波乱含みでしょうね。

では上位人気が予想される馬、個人的に推したい馬の勝ち上がったレースを解説してみます。

 

アスターペガサス

(1戦1勝 函館1200m 良1.10.0 2馬身1/2差)
ゴリゴリのアメリカ血統ですが、一介のスプリンターではなさそう。スタートはまずまずで二の脚早く3番手をキープ。4コーナーで押っつけ気味に仕掛けると直線ではあっという間に引き離す完勝。ラスト3Fが11.8-11.7-11.5と加速ラップを刻んだところにこの馬の能力を感じます。15頭立ての経験ができたのもプラスに働くはず。タイプとしては昨年のカシアスと似ているかなと。カシアスは未勝利戦を1.09.4、上り3F11.8-11.8-11.4のラップで快勝。昨年の函館は異常に高速馬場だったことを思えばアスターペガサスの時計も及第点でしょう。今のところ▲候補です。

 

カルリーノ

(2戦1勝 函館1200m 稍1.09.7 1馬身1/4差)
父マツリダゴッホ、母父ショウナンカンプと渋めの血統ながらオーナーはジェネラーレウーノとエタリオウでクラシックを沸かせたGリビエール・レーシング。デビュー戦こそナンヨーイザヨイの4着に敗れていますが、道中で行きたがるところポジションを下げ、終始インコースを通りレースを教えたような感じ。4コーナーでは勝ち馬ナンヨーイザヨイ4~5馬身後方を追走、直線半ばで外に切り替えてからは一気の伸びで2馬身圏内まで差を詰めています。これを活かした未勝利戦もインコースを徹底し、岩田騎手らしく直線で内に潜り込ませて抜け出しました。今回は鞍上が藤岡兄さんにスイッチですが、函館リーディング射程内で好調、先週の函館記念も好騎乗でエアアンセムを勝利に導いているので心強いところ。今のところ◎はこの馬かなと

 

ロードワンダー

(3戦1勝 函館1200m 良1.11.1 1/2差)
キンシャサノキセキ産駒らしく仕上がり早なイメージ。馬体も420kg台で小柄ながら3戦して418-424-426と増加中。デビュー戦はウインスピリタスのロスのないレース運びの前に完敗も、道中押っつけたり4コーナーで外に膨れたりと随所に幼さが出た感じ。直線では猛然と追込み2着を確保。2戦目も4コーナーでやや外に膨れ気味、直線追い出しムチを入れると外へヨレるなどやはり幼さを露呈。前述のカルリーノらに完敗。3戦目は4コーナーで外に馬を置きスムーズにコーナリング。直線もまっすぐ伸び着差以上の完勝。12.1-11.9-11.7とこちらも加速ラップ。3戦すべて手綱を取ったルメール騎手が今回はホールドユアハンドに騎乗なのがマイナスですが・・・中1週→中1週→連闘となりますが経験値を活かして上位を狙えそう。

 

トーセンオパール

(1戦1勝 函館1200m 良1.10.3 2馬身差)
スウェプトオーヴァーボード産駒。410kgと小柄な牝馬ですが、函館2歳ステークスに向きそうなタイプ。スタートも早いですし直線追い出して手前を替えてからの伸びはなかなか。あまり人気しなさそうですが、穴ならこの馬かな。昨年のウインジェルべーラの再現に期待です。

 

ナンヨーイザヨイ

(1戦1勝 函館1200m 良1.09.4 1馬身1/2差)
エイシンフラッシュ産駒。想定1番人気が予想される馬ですが・・・前述カルリーノのところで書いた通り、うまくレースに乗れたことが一番の勝因かと。勝ち時計1.09.4も開幕週でのもので、過信禁物。昨年のナンヨープランタンと被るところもあり・・・いまいち推す要素に欠ける現状。内枠を引ければもう一丁もあるかもですが、今のところは押さえ程度の評価です。

 

スズカカナロア

(1戦1勝 函館1200m 稍1.11.1 3/4馬身差)
ロードカナロア産駒。母父ハーツクライでどちらかというと1500mとかが合いそうな馬。新馬戦も7頭立ての少頭数だったこともあり、あまり見るべきところが見当たらず。上位人気しそうですが、今のところナンヨーイザヨイ同様に押さえもしくは消しくらいの評価の予定。

 

あとは福島デビュー組のイチゴミルフィーユやガイセン、ダート圧勝でルメール騎手が手綱を取るホールドユアハンドあたりに注目していますが、枠順、馬場などを加味して最終結論を出したいところ。新種牡馬パドトロワやダノンバラード、ジャスタウェイ産駒がどんな走りを見せますかね。

楽しみな1戦です!

 

ただいま『競馬最強の法則』ブログランキングにてサマーシリーズ2018予想コンテスト開催中!
4戦目/(全17戦終了現在)20位と奮闘中!下記バナーをクリックするとブログランキングにジャンプ!
そちらから予想コンテストも確認できますよ!たくさんのブロガーの予想が見れて役に立つこと間違いなし!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です