2018中京記念、函館2歳ステークス振り返り。グレーターロンドンに渾身の◎!も…ヒモが堅く三連複案外でした(;´・ω・)

お疲れ様です。

夏休み最初の週末は猛暑の中親戚でプチバカンスでした。

競馬もバシッと予想がハマッてくれれば文句なしでしたが・・・土日トータルでマイナス収支とイマイチな結果に。

狙ったレース以外にも手を出して収支悪化させる悪いクセが。来週以降の札幌開催で挽回となりますか!?

 

では簡単に土日の振り返りを。

土曜は函館日刊スポーツ杯と中京2歳ステークスをブログ外で予想(Twitterでつぶやくのみ)。

中京2歳ステークスはガチガチ決着も馬連3点で収支は微増、狙いの函館日刊スポーツはダノンスマッシュ抜けでドボン。モズスーパーフレア、ディバインコードもいいところなくアマルフィコーストだけ2着に来たものの・・・まあ完敗でした。目をつけておくべきはダノンスマッシュはマイルで折り合い難で苦戦していたところ距離短縮で本領発揮。ロードカナロア産駒ということで普通に買い材料はありましたね。実に結果論ですが笑

 

 

↓↓ Twitterもぼちぼちやってますので、よかったらフォローしてみてください。

 

あとは函館開催中は外枠は基本的に苦しかったですね。モズも先行できず、ディバインも終始外で伸びを欠く。アマルフィは今日は好位から進めたのが功を奏した形。結果3歳馬でワンツーとなりました。日曜はレイデオロの弟レイエンダが1000万条件を完勝しており、今年も夏競馬で3歳馬のレベルに注意を払う必要がありますね。

この傾向と新馬戦の内容を加味して予想した函館2歳ステークスでしたが・・・

 

2018函館2歳ステークス

〇評価のアスターペガサスが直線一気で世代最初の重賞ウイナーとなりました。

1800m→1200mに距離大幅短縮の新種牡馬ジャスタウェイ産駒のラブミーファインが2着、こちらはあまり買い材料がなく消しておりまして・・・◎カルリーノが3着とヒモ抜けでハズレ。

スタートで▲ロードワンダーが後方に。やっぱり幼さを露出しましたが道中から脚を使いながら上がり最速で7着まで押し上げた内容は評価してもいいかと。ただ使い詰めできましたし、馬体の成長を促す意味でも次は秋でしょうか?気性面の成長も必須ですが能力は確か。本命にはしづらいタイプですが短距離路線でヒモには警戒しておく馬になりそうです。

〇アスターペガサスは新馬の内容通り鋭い末脚を発揮。とくに残り200を切ってからの加速は目を見張りました。距離はマイルまでかなという印象ですがスピードは一級品。スタートに少々難があるのでそこらあたりも課題ですね。

◎カルリーノは思ったほどは弾けませんでしたがなかなか奥のありそうな競馬。イメージ的にはスズカカナロアが通った最内を突いてラブミーファインには先着・・・してほしかったところですが、そこは競馬なので仕方なし。鞍上の藤岡兄さんはガンガン内を突くスタイルでもないですし。そういう意味では岩田騎手の方がこの馬には手が合ったか??という印象。

ラブミーリッキーが引っ張る速めの流れをあっさり2番手追走から完全に抜け出したラブミーファインは能力ありますね!1800⇒1200で次走折り合いが心配ですが・・・母父アグネスデジタルですし1400mくらいがベストかな?クラシック云々は微妙ですが牝馬路線のモノサシになる1頭では。

1番人気ナンヨーイザヨイは無印にした通り、新馬の勝ち時計に人気が引っ張られましたね。内容的には特段強調できるものがなく、開幕週の馬場を少頭数で先行できてうまく抜け出した感。メンバー強化されたこのレースではスタートから行き脚がつかず、終始外を回って直線も途中で息切れ。秋の自己条件1400~1600mで再度見直しを。穴評価にしたイチゴミルフィーユ、スズカカナロア、ヒストリコ、ラブリロンリロンスは現状ではパンチ力不足でした。ルメール騎手騎乗で人気していたホールドユアハンドも15番枠では何もできず。ダートに戻って再評価でしょうか。

そんな感じの函館2歳ステークスでした。

来年へのメモとしては、新馬、未勝利レベルの緩いレースでは上がり3F加速ラップで勝ってきた馬を狙え!ですね。

それでいくとラブミーファインも該当してました・・・(新馬ラスト3F12.3-11.9-11.8)

そのあたりは週中記事で書いてましたので、ご参考まで・・・

2018函館2歳ステークス 有力馬展望。

2018.07.19

 

2018中京記念

こちらは◎グレーターロンドンが後方一気の末脚で一刀両断。今までの鬱憤を晴らすレースぶりで重賞初勝利を飾りました。

ここしかない、という舞台でハンデ56.5kg、左回り、外枠、マイル戦と買い要素は十分。ただ夏負け情報も出ていたのそこだけが心配でしたが、杞憂でした。

秋に弾みが着くレース内容でしたが、一戦一戦が勝負の馬ですし脚質に幅が出てきたとはいえ基本的には不器用な馬。条件がハマらないと差し届かずのシーンは確実にありますので狙いを絞っていきたい馬ですね。

2着に先行策から抜け出した△ロジクライ。こちらも長期休養を挟んでマイルでは安定株に成長してきました。2000mくらいまでは守備範囲だと思いますので、秋の天皇賞でも楽しみはありそう。ハーツクライよりダイワメジャー産駒なイメージでいるほうが近いかな。

★リライアブルエースはグレーターロンドンよりさらに後ろ、さらに外追い込んで3着確保。GIとなるともう少しパワーアップが必要な感じですが、マイル前後の重賞では上位争い必至。斤量次第ですが関屋記念あたりが正念場かと。

4着に△フロンティア。もうちょっと直線競った展開なら3着あったかなというレースぶりながら、斤量面で優位性があったにしろ古馬相手に健闘と言える内容。スワンステークス、阪神カップあたりでも上位争い可能でしょう。勝ち切るにはもうワンパンチ必要でしょうが・・・

〇評価として馬連の軸に据えたミエノサクシードは直線ジリジリ差を詰めるも7着まで。持ち時計があまりないだけに、この馬場では現状これが精一杯かも。ただ右回りの方が走りますし、1800m前後なら重賞でも上位の力量はあります。あとはメンバー、斤量次第で判断していきたい馬です。

馬券的には◎―△ー★で三連複的中も、配当が50倍そこそこで大してハネず。。。ウインガニオンはハイペースで引っ張り負けて強し。夏競馬の間は人気でもやはり押さえておくべきかと。

2018函館2歳ステークス、中京記念結論

2018.07.22

 

これで夏競馬は七夕賞(馬連232.5倍)、函館記念(馬連55.4倍)、中京記念(三連複54.2倍)と3連勝! 

来週のアイビスサマーダッシュ、クイーンステークスも的中目指して頑張ります!

クイーンステークスは昨年三連単的中したレースなので特に力が入りますね

7/29-7/30 収支回収率203.0% クイーンステークス的中&振り返り

2017.07.31

それではまた来週!

 

ただいま『競馬最強の法則』ブログランキングにてサマーシリーズ2018予想コンテスト開催中!
5戦目/(全17戦終了現在)上位で奮闘中!下記バナーをクリックするとブログランキングにジャンプ!
そちらから予想コンテストも確認できますよ!たくさんのブロガーの予想が見れて役に立つこと間違いなし!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara