2018キーンランドカップ、新潟2歳ステークス振り返り。

お疲れ様です。

なんだか体のだるーい月曜日でした。競馬も不調でなかなか元気が出ませんが…

とりあえず地方競馬は見切りをつけて、中央競馬に集中します!(そういいながら結構月日が流れましたが)

ではザクッとですが重賞の振り返りを。

2018キーンランドカップ

◎に据えたのは悩んだ結果レッツゴードンキ。この馬、馬券的には相性の良くない馬ではありますが、スプリント戦では堅実に走ってきますし枠も3枠6番といいところをゲット。本番はスプリンターズステークスですが恥ずかしいレースはしないはず!との見立てでした。◯ダノンスマッシュとどちらを本命にするかで迷った末にまたまた軸馬選びに失敗…

悩みすぎてもダメ、安直に行きすぎてもダメ。

ちょっとズレてる感じがなかなか修正できずな夏競馬です。

勝ったのは△ナックビーナス。この馬も当然本命候補ではありましたが、枠がちょっと外なのと、モレイラ騎手が実は特別レースではイマイチな成績ということを懸念して評価下げましたが…いやはや。やっぱりマジックマン恐るべし。今までの詰めの甘さは何処へやらの逃げ切り勝ち。

馬券はレッツゴードンキの単勝と馬連流しで勝負したので3着ペイシャフェリシタは拾えなくても大丈夫でした。

しかしやっぱりキーンランドカップは牝馬が強い!そう思って本命にしたドンキさんは内枠を捌けず5着同着という結果に。休み明けで反応が悪かったとのことで本番での巻き返しを期待したいところ。単勝10倍くらいつけば美味しいかなと思いますが果たして。

ムーンクエイクは距離不足、キャンベルジュニアは力負けながら展開ひとつで浮上の余地はありそうな短距離戦線。秋冬の短距離重賞で巻き返しなるか?

2018新潟2歳ステークス

◎はジャスタウェイ産駒のエイシンゾーン。溜めていくようなレース前の雰囲気でしたが好スタートから先行。直線は逃げるエルモンストロを交わしに行って一旦先頭に立つも失速。馬場の悪い内側を走ったのは残念…4コーナーでうまく外へ誘導できたらもう少し踏ん張れたのではという思いはあります。

対照的に勝ったケイデンスコールは上手く外めに出して末脚発揮。あまり大物感は感じませんがまだまだ成長途上とのことで次走以降も注目しておきましょう。

ということで重賞はカスリもしなかった今週の競馬でしたが、土曜の予想のBSN賞は馬連的中、日曜の小倉日経オープンは未公開ながら馬連一点的中。

傷口は最小限で留まりましたがまだまだ回収率は低迷。

今週も難解そうな重賞ですが、あまり捻り過ぎずに予想しようかと思います。情報に流され過ぎないように気をつけよう…

それではまた!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です