2018紫苑ステークス予想!

お疲れ様です。

今週はほぼ外泊の出張でお疲れさんモードです。

地方競馬も3ヶ月で大敗し、身の危険を感じて引退しましたし!今週からは中央競馬を趣味程度に楽しみましょう!

前もそんなこと言ってる気がしますが・・・

では早速紫苑ステークスの予想に。

2018紫苑ステークス

まあ正直混戦すぎて自信なし・・・実績的にはマウレアが一歩リードも、絶対的な存在でもなし。鞍上武豊でより人気を引き上げている感あり。掲示板を外すことは考えにくいけど、勝つまではどうかな、といった評価です。

それならば夏に力をつけてきた馬や春はクラシックの壁に阻まれたものの逆転を狙う馬たちに妙味ありかと。そういう視点で選んだ馬が下記。

◎ノームコア

昨秋のアスター賞の後に骨折、休養明けのフラワーカップ、そしてフローラステークスを連続3着。いかにも善戦マン(ウーマン)な馬ですが鞍上にルメールさんを配し勝負気配か。切れずバテずの馬で、京都での秋華賞というイメージが沸かず。。。勝負するならここかなというところで。ハービンジャー×クロフネでパワーはあるけどパンチ力不足。開幕週の高速馬場も若干怪しいですが先行力を活かして粘り込みを。

〇ロザグラウカ

こちらも母父クロフネ。祖母のローズバド譲りの小柄な馬体から繰り出す切れ味はなかなか見どころアリ。オークスこそ後方からの競馬になり10着に敗れていますが本来は先行できる脚はあります。水仙賞で破ったウラヌスチャームやタニノフランケルも古馬相手に好走してますのでこの馬も同世代なら上位の力はあるはず。3枠5番でうまく好位につけられれば抜け出してこれそう。

▲カレンシリエージョ

昨年の札幌2歳ステークスでは3番人気に推された馬。気性面が安定せず惨敗続きでしたが、前走の小倉500万条件を快勝。今回も前走と同じく9番枠で揉まれずいければ直線押し切りのシーンもあって不思議なし。好調ハービンジャー産駒のワンツーなるか?

★ランドネ

こちらは走る気マンマンな気性で、折り合いが鍵。春はローテーションが詰まっていたことも結果が出なかった要因かも。間隔開けることで成長していれば潜在能力はここでも上位。開幕週の前残りがあるとすれば妙味十分です。

ということで、上記4頭の馬連BOXで行きたいと思います。

あとは◎ノームコアから人気どころのマウレア、サラス、レッドベルローズ、穴のハーレムラインに押さえで流します!

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara