2018オールカマー予想! ⇒振り返り(9/24更新)

お疲れ様です。

あれあれ三連休明けだと1週間が早いですね!もうすぐ金曜日…枠順確定間近です。

そんな間際でなんですが、有力馬について見解を。

Twitterやってます!
単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 

有力馬展望

レイデオロ

昨年のダービー馬。神戸新聞杯以来1年ぶりの勝利を目指しますが果たして。個人的には鉄板ではないなと感じています。事前予想の人気にも現れていますが…基本的には広い東京コース、特に左回りを得意とする馬。右回りの皐月賞は器用にインコースぴったり回って5着に来ていますが、明らかに叩き&ダービーを意識して無理しなかった結果。京都記念は馬場が影響したにせよ切れ味勝負のタイプではないアルアインにも伸び負け。また折り合いにも若干不安のある馬で、同世代のアルアイン、ダンビュライトはじめ勢いあるエアアンセムらをあっさり下すほど抜けているとは思いません。ただしルメールさんが絶好調なのでその点はプラス要素。先週の弟にもレイエンダに続いて好走できるか?

アルアイン

こちらも海外帰りということで万全に仕上げたかというとちょっと疑問。また今後のローテーションも未定とのことで素直に狙い辛いところ。さらにさらに。鞍上が北村友一騎手にスイッチということで果たして乗りこなせるかどうか・・・ルメール騎手や川田騎手といった名手と比べると経験値が不足していることは否めず。こちらもパワー型の馬で、元来はスピードタイプ。古馬になり短距離志向が強くなってくると抑えが利かず・・・の危険性もあるかと。

ガンコ

17年の暮れから芝に再転向して覚醒。藤岡兄さんとの手も合っているのでしょう、日経賞を制して天皇賞春でも堂々3番人気に推される存在に。ただ距離が長かったか、硬い馬場が合わなかったか。それとも使い詰めの影響か。もしかして障害練習をしていなかったから?な説までありますが、ここは真価が問われる一戦。週末は中山競馬場の天気が持ち直しそうですが高速馬場というほどではなさそう。とはいえ2.11秒台の決着になると出番なしな気がしてます。

ダンビュライト

昨年の皐月賞3着で大波乱の立役者になったあとは勝ち切れないレースが続き、イマイチ君のレッテルが貼られそうなところ奮起しAJCC含め2連勝。その後はまた勝ち切れず掲示板前後と馬主孝行な馬です。今回も同世代のレイデオロ、アルアインと3強を形成するようなポジションですが、うーん。AJCは斤量55kgと2着のミッキースワローより1kg軽かったうえに展開もバッチリはまってさらに鞍上ミルコ兄さんと勝つべくして勝ったようなレース。展開の鍵を握るのが今回もマイネルミラノ。ある程度ペースが流れて縦長の展開で3番手くらいにつけて、早め抜け出しで後続封じるという策が取れれば金星も・・・とは思いますが今回はレイデオロ、アルアインと同斤量ですからね。あまり人気するようだと評価下げると思います。

エアアンセム

こちらも春先にオープンに上がるまでは見事なイマイチ君でしたが、相手なりに走るタイプでメンバー強化もお構いなく函館記念で重賞制覇。藤岡兄さんが下手な騎乗でオーナーに叱られたというエプソムカップから一転、完璧な騎乗でサクラアンプルールを封じました。今回は他の有力馬より1kg軽い56kgで出走できるのは大きいですね。中山得意の田辺騎手に乗り替わりますが、藤岡兄さんの乗るガンコが早めに勝ちに行く競馬をすれば最後に抜け出てくる力はあるはず。

他に注目すべきはゴールドアクターの復活なるかという点、昨年の日経賞以来2着以来1年半ぶりに復帰する中山巧者ミライヘノツバサ。ゴールドアクターは正直もう厳しいかなというのが本音。腰の状態が悪かったとのことですがそれにしても負け過ぎかと。馬券圏内はさすがにないのでは。

そんな感じで、有力馬の実力が拮抗しているものの、それぞれに弱点があるメンバー。見て楽しむレースかもしれませんが馬券はきっちり買いますので!笑

最終の予想は前日もしくは当日に公開します!

それでは今日はここまで!

2018オールカマー結論!

◎アルアイン
◯エアアンセム
▲レイデオロ
★ダンビュライト
△ガンコ

悩んだ結果◎はアルアイン。内からすんなり先行できそうで、無理に前を捕まえに行くほど警戒する馬はおらず。ガンコ、ダンビュライトが前にいると思われますがおそらく交わせる。あとはレイデオロの強襲と一呼吸置いてエアアンセムが迫って来るかなと予想。

買目は馬連で◎アルアインから印の馬へ4点!レイデオロだけ少し厚めに。

当たりますように!

 

2018オールカマー振り返り

 

いやー東西でダービー馬の秋初戦、しびれましたね!同日にダービー馬が重賞制覇なんて史上初でしょうよ!?

今後もダービー馬が輝きを放つ競馬界であってほしいなと願います。故障したり、ダービー後に不振に陥るケースが多いので・・・

それだけ消耗度の高いレースとも言えますが、今後は菊花賞にこだわらない馬の出てくるでしょう。ワグネリアンもその例になりそうな?

 

では2018オールカマーを振り返りましょう。

 

2018オールカマー振り返り

アルアインが最内枠から好スタート。すんなりハナへ、と思いきややはりマイネルミラノが競りかけて敢然と先頭に踊り出ます。レイデオロは中団よりやや後ろ、ダンビュライトはレイデオロより少し前。ガンコはもっと先行すると思いましたが、アルアインより4馬身ほど後ろでダンビュライト、レイデオロより1馬身ほど前という位置取り。上の有力馬考察で書いた通り、速い時計での決着となった今回は少し厳しい結果となりました。

道中は大きな動きもなく、直線へ。逃げるマイネルミラノは昨年のようなリードを取ることもなく後退。代わってアルアインが楽な手応えで先頭へ。馬群の内を突いてダービー馬レイデオロが伸びてくる。好調ルメールに操られ同期の皐月賞馬をあっさり捕らえて1年ぶりの勝利。勝ち時計2.11.3はなかなかの好タイム。前日にはモズスーパーフレアが1200m1.07.0で走れる馬場ではありますが。まあここでレコード決着となっても今後の負担になりますし、実力馬が実力通りに走った結果と見ておきましょう。

3番手争いは一度は完全にエアアンセムが上がるも最内を突いてこれまた4歳世代のダンビュライトが制しました。ダンビュライトは完全にアルアイン、レイデオロに水を開けられる形になりましたが、しれっと3着に食い込む器用さがあります。秋のGI戦線でも人気馬が牽制しあう形になると一角崩しの3着・・・もあるかもしれませんね。

もう一頭のGIホース、ゴールドアクターはまたも見せ場なく惨敗。さすがにもう厳しいと言わざるを得ませんが、キタサンブラックらと競った個性派だけにどこかでひと花咲かせてほしいところ。

それでは来週のスプリンターズステークスの予想もお楽しみに!

 


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara