2018スプリンターズステークス予想/結論/振り返り(10/1更新)

お疲れ様です。

はてはて。今週末にまたまた台風が日本を直撃するとの予報が。

非常に強い台風でしかも大型。秋台風らしく日本付近に到達すると偏西風の影響で一気に加速するやつです。

ちなみに関空を冠水させた台風21号も似た特徴を持った台風でした。進路も似ているとのことなので、日本全国の皆さん、他人事だと思わず警戒しましょう!

子どもの頃からなぜか天気予報が大好きで、気象予報士になりたかった管理人です。でも大学生のときに気象予報士のテキスト見て一瞬で諦めました笑

なにやら高校のときにリタイアした吐き気を催すような数式を避けては通れないようでして。超絶文系の自分には不可能と見切りました。

Twitterやってます!
単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

 

さてそんな話はさておき、今週は秋のGIシリーズ開幕戦のスプリンターズステークス!サクラバクシンオーやロードカナロアのような絶対エースがいない最近の短距離界を制するのは!?3連覇なるかレッドファルクス、桜花賞以来のGI制覇なるかレッツゴードンキ、春秋連覇がかかるファインニードルか、最強の鞍上を迎え善戦にピリオドを打ったナックビーナスか。

では有力馬について見解を。

有力馬展望

レッドファルクス

なんと言ってもミルコ兄さんが騎乗停止になり乗れなくなったのが痛い・・・しかしその分馬券の検討としては悩みが減りました。新パートナーに戸崎騎手を迎えますが、今回は押さえまでの評価に留めます。今年も昨年と同じく安田記念からの参戦。昨年は猛然と追込み安田記念3着→苦手と言われた右回りを克服しスプリンターズステークス制覇。今年は昨年の勢いがなく、年明け初戦の阪急杯こそさすがの末脚で3着に追い込むも高松宮記念、安田記念では8着・9着。進路が開かなかったり運がない部分もありますが、昨年のような全盛期であればそんな不利をも跳ね返すほどのパフォーマンスが出せたはず。

加齢によりズブさも出てきており、1200mの追走、さらにエンジンが掛かるころには時すでに遅しの可能性が高いかと。本質的にはサウスポーですし、よほど展開、馬場が向かないと掲示板止まりな気がします。もちろん好きな馬なので応援はしたいですが・・・戸崎騎手もイマイチ流れに乗れてないので。

ファインニードル

いま最も勢いに乗るスプリンター。昨年は夏から連戦でスプリンターズステークスではすでにお釣りがない状態。今年は香港返りで仕上り6分と言われたセントウルステークスを完勝。外枠、重馬場をものともせず堂々の差し切り勝ちでした。鞍上も引き続き川田騎手ですし、死角が少ないのがこの馬。好位から確実に脚を使う安定感もあり、あまり極端な枠にならなければ重い印を打ってもいいですね。重馬場も克服済みですし、春秋連覇に向けて視界良好。

レッツゴードンキ

桜花賞以来GI制覇から遠ざかっていますが、コース、条件を問わず堅実なのがこの馬のウリ。末脚勝負が板についてからはなかなか展開が向かず好走止まりになっていますが、馬場悪化が見込まれる今回はチャンス大。斬れる脚があるわけではないのでパワー勝負になれば牝馬ながらメンバーの中でも優位。キーンランドカップは勝負所で進路が厳しくなり届かずの競馬でしたが、スムーズなら今までの鬱憤を晴らすような走りができるはず。岩田騎手のイン突き炸裂に期待です。

ナックビーナス

前走キーンランドカップでようやく重賞初制覇。すんなり先手を取れたこと、時計の掛かる馬場だったこと、そしてなによりモレイラ騎手の手腕によるところが大きかったですね。今回も台風の影響で馬場悪化が予想されますし雄大な馬体を誇る馬なので相対的に評価は上がります。とにかく堅実で中山実績もありますし、敢えて消す要素はないんですが、頭で勝負できるほどかというとまだそこまでは・・・という評価です。

アレスバローズ

サマーシリーズの1200m優勝の勢いをそのままにGI制覇なるか?元来能力は高かったものの気性面の乗り難しさが出世を阻んできましたが、この夏は重賞連勝と勢いに乗ってきました。末脚の破壊力はメンバー屈指なので、あとは展開と枠順次第。鞍上は藤岡兄さんに乗り替わりになりますが、勝利したこともあるコンビですし心配無用。1200mの持ち時計が優秀なので、あまり馬場が渋ってパワー勝負になってもいいことはなさそう。こなしはするが得意ではないといったところでしょうか。

他には函館スプリントで新コンビ池添騎手を背に復活を遂げたセイウンコウセイ、2度目の1200mで前進見込めるキャンベルジュニアなどに注目です。

では今日のところはここまで。

最終結論は土曜の深夜にアップ予定です。

お楽しみに!

2018スプリンターズステークス結論!

台風24号の影響で馬場悪化は避けられそうにない今年のスプリンターズステークス。

土曜の競馬、中山では再度短期免許取得のモレイラ騎手が無双状態で特別レース3連勝含む5勝とお手上げ状態。

癖馬チャレネグロ、プロディガルサンを勝利に導くあたり、やっぱり天才なんですね。イマイチ君のマイネルファンロンも道中一捲りで完勝。

ルメール強化版みたいで手が付けられません。騎乗馬の馬質が良いとかそういう問題ではなく、乗った馬が人気吸い上げ、そして勝ってしまうというまさにマジックマン。スプリンターズステークスもナックビーナスもあっさり勝っちゃいそうな気がします笑

そうは言ってもここは日本。そしてGI。簡単に勝ちをさらわれるわけにはいかないでしょう!立ち上がれサムライ!

4,000勝を達成した豊さんは1枠1番ラインスピリットに騎乗。さすがに厳しいと思いますので馬券は見送りますが・・・近走掲示板争いが続いているので賞金はきっちり稼ぎそうな気も。

さてでは結論を。

◎ファインニードル
◯ナックビーナス
▲ダイメイプリンセス
★レッツゴードンキ
△ラッキーバブルズ
△キャンベルジュニア
△ムーンクエイク
△ラブカンプー
△セイウンコウセイ

あまり捻らずにここはファインニードルから。前走は6分の出来と言われながら58kgと重馬場を問題にせず完勝。スプリントGI春秋制覇しても驚かない貫禄すら出てきました。

対抗は神騎乗という言葉すら安っぽく思えるモレイラ騎乗のナックビーナス。

前走はポンとスタート出たので逃げる形でしたが、今回はテンの速い馬がたくさんいるので行 好位からの競馬でしょう。馬格もあって重い馬場もこなすでしょうし安定感あるいつもの走りを期待。以下ダイメイプリンセスは勢いが無視できない存在。馬格もあって馬場適性は高いはず。今回も勝ち切るかは別として無欲の一発に期待。

同じく牝馬のレッツゴードンキ。どうも勝ち切れないですが桜花賞馬の維持をみせてほしいところ。泥んこ馬場になりそうで、相対的に浮上の余地が大きいのはこの馬。常に単勝は人気しますが連系ではさほどでもないので相手次第で案外美味しい配当も。

ラッキーバブルズは短距離ではいつも怖い存在の香港馬。成績を見る限りは陰り気味ですが昨年のスプリンターズステークス、今年の高松宮記念で好走したブリザードとの比較で行くとこちらが断然格上。渋った馬場が味方すれば大駆けも。

キャンベルジュニア、ムーンクエイクは前走キーンランドカップでスプリント戦の流れを経験したのはプラス。どちらもあまり重馬場得意ではなさそうではありますが一発の魅力はあります。何より鞍上が怖い。

馬場悪化ならセイウンコウセイも。前走は逃げ切り勝ちですが本来は逃げ馬でもなく控えても大丈夫。ただ、揉まれたくはないので外めの枠はいいですね。

ラブカンプーは夏場からとにかくタフに走り続けて頭が下がります。常にメイチな感じですでにお釣りはないかもしれませんし、馬場は合わないと思いますがバクシンオーの血と和田さんの闘魂注入での踏ん張りに期待します。

レッドファルクスはこの馬場で復活もあるかもしれませんが今回は見送り。かなり外を回されますし、それでも差してくればそこは諦め。3連覇は見てみたいので、どうせ来るなら頭で!

アレスバローズはこの馬場がどうかと、まだまだハマるかどうか展開待ちなところも。

というわけで買い目は…

三連複一頭軸流しで◎ファインニードルから28点!

あとは保険で◯ナックビーナスから印の馬へ馬連8点!

当たりますように!

 

2018スプリンターズステークス振り返り

お疲れ様です。

今週はとにかく馬券的には武豊さんに振り回された一週間でした。

シリウスステークスでは◎ミキノトランペットもスタート後にスムーズ差を欠いて撃沈。

スプリンターズステークスではファインニードル、ラブカンプー、そしてダイメイプリンセスの三連複も持っていながらラインスピリットがまさかの3着。

4,000勝ジョッキーとは今後もうまくお付き合いしないとですね笑

 

ではスプリンターズステークスを振り返りましょう。

スタートから主張していったのは予想どおりワンスインナムーン。ナックビーナスは好スタートを切るもワンスインナムーン、ラブカンプーにすんなり行かせて3番手。その後ろに武豊騎手のラインスピリット。後ろに今回はハナに行けなかったセイウンコウセイなど。アレスバローズ、ファインニードルは中団やや後ろ。レッツゴードンキ、レッドファルクスあたりが後方待機。4コーナーで香港からの遠征馬ラッキーバブルズが故障発生。

前半600m33.0と湿った馬場を考慮するとハイペース。直線で振り切りにかかるワンスインナムーン、追ってくるのは3歳牝馬ラブカンプー、そしてモレイラ騎乗のナックビーナス。ワンスインナムーンを交わしてラブカンプーが先頭に立ち二の脚でさらに引き離す。追ってくるのは外からファインニードル。ナックビーナスは坂を上って伸び一息。内からスルスルとラインスピリットが上がってきて3着確保。結局ファインニードルがラブカンプーを交わして1着。

ファインニードルは4コーナーでは手応えが怪しく、あらあら?という感じでしたが、前のナックビーナス、ラブカンプーの馬連を持っていたのでそれはそれでOKでしたが・・・直線残り100mでナックビーナスが脱落、代わってファインニードルが上がってきて注目の3着争いは・・・白い帽子にピンクのメンコがスルスル。外からは▲ダイメイプリンセスが突っ込んできてなんとか3着に!!と願うも届かず。

逃げたワンスインナムーンは追切の動きからも最高潮のデキかと思いましたが、あまりにも人気し過ぎ。かつ母父ヘクタープロテクターということでGIではあまり買いたい馬ではなかったので消しました。アレスバローズは位置取りも含め直線まではいい感じで来ましたが伸びずに失速。馬場が堪えたか、昨年のファインニードル同様夏場で使い切ったか。レッドファルクスもラッキーバブルズのアクシデントの影響があったとは言え往年の伸びはなく。レッツゴードンキは得意のイン突きではなく外に持ち出し、上り最速で追い込むも5着まで。一発に期待したキャンベルジュニア、ムーンクエイクはやっぱり本質的にスプリントは向いていないようで。セイウンコウセイも4コーナーで上がっていくような手応えもなく惨敗。

とにかくファインニードルの強さ、ラブカンプーのタフネスぶり、そして武豊騎手のソツのない騎乗が目立ったスプリンターズステークスでした。

なかなか重賞でおいしい配当をヒットできませんが。。。

 

来週は三日間開催。豪華メンバーが揃う毎日王冠、2歳重賞サウジアラビアRC、京都では京都大賞典が行われます。

いよいよ秋本番!GI戦線に向けて勢いつけていきたいところです。

来週も頑張っていきましょう!

 


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です