2018毎日王冠予想!(結論10.7更新)

お疲れ様です。

台風一過の日本列島ですが、9月上旬の台風21号に引き続き24号も日本にたくさんの爪痕を残していきました。

今回はとくに暴風による停電被害が多く、食品を扱うお店ではダメージ大きいでしょうね・・・冷蔵商品は品質の問題上すべて廃棄でしょうし。

こんなときでも商品供給は絶対だと言い張る大手コンビニチェーンさん。どうかしてるぜ!まあ被災された方の命をつなぐ食品類ですからできるものなら供給しますが供給する側にもきっといろいろな事情があるんですよ。たぶん。

さておき日曜開催の予定だった阪神競馬は月曜に順延、そして月曜日は台風の影響で馬運車が運行できずということで火曜日に再延期。

2日連続延期って今まであったんですかね??

Twitterやってます!
単勝勝負やら思いつきでつぶやきますのでご参考まで。

↓↓ よかったらフォローしてみてください。

2018毎日王冠有力馬展望

では毎日王冠のメンバーを見て有力馬をチェックします。

サトノアーサー

昨年はディープ祭りになった毎日王冠。今年も天候が大きく崩れなければ開幕週の東京はディープ買っておけばOK!になりそうな予感。

その中でも切れ者サトノアーサーには絶好の舞台。マイルは短く2000mは長い。まさにジャストフィットな条件が揃っています。前走エプソムカップは苦手を言われる道悪を克服し完勝。ようやく軌道に乗った感があります。ここで好走、天皇賞は超絶メンバー強化なので一枚落ちる感じですかね。母父リダウツチョイスってところがGI向きの底力を持ち合わせていない感ハンパない。

ダイワキャグニー

前走エプソムカップは馬場の影響もあり1番人気を裏切る大敗。昨年の毎日王冠は3歳馬の身でディープ3強に肉薄する4着に好走。今回も良馬場で競馬ができれば大崩れはしなさそうですが、この馬もGI級の底力は感じず。。。GII止まりな気がします。条件的にはここがメイチ、もしくは富士ステークスあたりも視野に入っていそうですが頭で買いたい馬ではないです。

アエロリット

こちらも東京は得意の舞台。先行したら簡単には止まらない粘りはなかなか脅威。切れ味勝負になると分が悪いのである程度のペースでいったほうが良さが出るタイプなのでここでは逃げの手か。

キセキ

復活に賭ける菊花賞馬ですが、極悪馬場激走の代償は思いのほか大きいようで。ベストは2200mあたりでしょうし、無理矢理使ってきた感あり。ここを叩いてアルゼンチン共和国杯あたりで再度輝きを取り戻してもらえればと個人的には考えています。ミルコ兄さん騎乗なので強引に上位に持ってきてしまう可能性もありますが。。。あまり買いたいとは思わないです。

ケイアイノーテック

今年のNHKマイルカップを制したディープ産駒。初の東京で切れ味全開となりましたが、広いコース、展開、藤岡兄さんの気迫とすべてが重なっての勝利。デビューから一貫してマイルを使いつつここで初めて1800m。スローで流れてよーいドンなら馬券圏内まで来れそうですが、アエロリット、ダイワキャグニーあたりが引っ張る速い流れになると伸びあぐねるかも。

ステルヴィオ

ダービーで◎を打つも、最後はパタッと止まって距離の壁を露呈しました。しかしスプリングステークスでエポカドーロを差し切った末脚は強力。ダノンプレミアムには後塵を拝み続けていますが、本番での逆転に向けてここは格好をつけておきたいところ。

他にはディープ産駒は古豪ステファノス、3歳馬カツジなどがスタンバイ。

面白いレースになりそうですね!

それでは今日はここまで。

結論は週末に!

2018毎日王冠結論!

おはようございます。

昨日のサウジアラビアRCは馬連、三連複的中で久々にスカッと決まりました。印の序列通りに買わないという捻りも功を奏しました。

先週は馬券の買い方で失敗しただけに反省を活かせて良かったです。

では毎日王冠の結論を。

◎アエロリット
◯ステルヴィオ
▲サトノアーサー
★ケイアイノーテック
△ダイワギャグニー
△カツジ
△サンマルティン

軸はアエロリットにしました。とにかく安田記念の走りが優秀。マイルカップを制している舞台でもあり東京適正は抜群。200m延長も大きなマイナスにはならないでしょう。あとは休み明けの分どこまで粘れるかという点ですが、モレイラ騎手ですしそこは保たせるでしょう。昨年はソウルスターリングに◎を打って撃沈しましたが今年も懲りずに牝馬に◎を。

◯は3歳馬ステルヴィオ。ルメールが引き続き乗りますし、こちらも東京向き。ダービーから600m短縮は大きなプラスで末脚は確実。古馬混合戦でも3歳馬が活躍しているように世代レベルも高く、この馬も信用していいと思います。

▲はディープ産駒のサトノアーサー。ようやく軌道に乗った感がありますが、成長とともに母父リダウツチョイスぽさが強くなってきたような。本来は良馬場でこその切れ味ですが、重馬場で結果を出しているようにパワー型にシフトしているのではと推測。アエロリットがある程度引っ張ってペースは流れそうなので展開は向きそうです。今日でこの馬がディープらしいか否か判断します!笑

以下同じディープ産駒の3歳馬ケイアイノーテック。マイルカップを制しましたがここが試金石の一戦。マイル以外の経験はないですが200mの延長なら問題ないでしょう。むしろ1400とか1800mのほうがキャラが立ちそうな感じも。

ダイワキャグニーは昨年4着しているように力は十分。ただし気分屋さんなのであまり信用しづらく押さえまで。

穴はディープ産駒カツジと左回り、池添騎手で改めて期待のサンマルティン。

買い目は◎アエロリットから印の馬へ三連複流し15点とディープ産駒のワイドボックス!

カツジが絡めばそれなりにつきますし。

このレースはディープの庭。昨年のワンツースリーで悔しい思いをしたので!

では当たりますよう!

※オマケ

オパールステークス

難解すぎるメンバーなので中穴狙いのワイドボックス。

トゥラヴェスーラ、カラクレナイ、アドマイヤゴッド、セカンドテーブルの4頭で勝負!

清滝特別

キボウノダイチ単勝一点!

鷹巣山特別

レッドヴェイロン、ハナレイムーン、モアナの三連複一点勝負!

2018毎日王冠振り返り

お疲れ様です。

三連休のJRA三連戦は何とか勝ち越しで乗り切りました。今年は夏場も不調に終わり、9月開催も残念な結果に終わっただけに何とか10月開催で巻き返したいところだったので、良いスタートが切れました!

とはいえ実は利益出せたのはJRAではなく地方と海外という笑

凱旋門賞の三連複、南部杯の三連単で収支回復。とはいえ土曜のサウジアラビアRCは三連複と馬連的中したので、悪くはなかったです。

では◎◯で決まりながらでも3着キセキを切って外した2018毎日王冠を振り返ります。

スタートをぽんと出たアエロリットがそのまま逃げ切り。ほんと危なげなく牡馬を抑え込みました。切れ味勝負は避けたかっただけにモレイラ騎手の好判断。さすがです!

ステルヴィオも末脚の破壊力は相変わらず。中団から伸びて来たのはこの馬だけ。距離は2000mがギリギリというルメール騎手の判断。この後天皇賞へ行くかマイルCSに行くかは分かりませんが、世代屈指の能力がありますね。

キセキは最内から好位につけた川田騎手の好判断。4コーナー回ったところでやられたなと覚悟。最後はステファノスが迫りましたが凌ぎきりました。天皇賞、ジャパンカップと距離が伸びていいと思いますが、昨秋ほどの迫力はまだ感じず。あまり人気するようだと敬遠しておこうかと。

ステファノス、ケイアイノーテックのディープ組は位置取りと切れ味で上位に及ばず。ディープ産駒のワイドボックス持っていただけに、あとひと踏ん張りでしたが…この条件で足りなかったということは単純に現状は力負け。ステファノスは叩き2走目狙いが鉄則ですが、次は人気しそうなので積極的には狙わない方向で。ケイアイノーテックはマイルカップ勝ち馬にありがちな成長力不足に陥らなければ。先輩アエロリットに続ければ文句なしですが果たして。

サトノアーサーはこの記事内の展望で書いた通りやっぱりパワー型にシフトしていると判断します。2歳や3歳春当時の地面に頭が着きそうなしなやかなフォームではなくなり、馬体もガチッとしてきた印象。上がり3F33.6もケイアイノーテックと同じで、位置取りの差はあれどサウンズオブアースと0.1秒差…今後のGIではパンチ力不足になりそうな感じです。馬場が渋ったマイルCSあたりがしっくり来そうなイメージ。

ということでやっぱり印上位の馬連できっちり仕留めることも大事だなと思った一戦でした。


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara