2018秋華賞予想!(10/14結論、振り返り更新)

お疲れ様です。

ようやく秋らしく、というか今日は肌寒いくらいになりました。いよいよ秋競馬も本格化ですね!

やっぱり10月の東京、京都開催になると一気にGIムードを感じます。

今週は古馬牝馬の戦い府中牝馬ステークスも注目ですが・・・なんと言っても牝馬三冠がかかるアーモンドアイの秋華賞!

逆転する馬はいるのか、それとも性能の違いでまたもや他馬を圧倒する走りをみせるのか・・・目標はジャパンカップであり世界制覇。それくらいの規格の馬なので同世代の牝馬には負けられないというところでしょうか。

では出走馬について一言。

2018秋華賞有力馬展望

アーモンドアイ

説明不要のスーパー牝馬。桜花賞では出遅れ癖を危惧して軽視、オークスでは距離延長をでスタミナを疑い3番手評価で痛い目に遭いました笑

秋華賞直行は予定通りなので、調整に問題はないですが、ここはあくまで通過点という作り。しかしながら美浦坂路で好時計を叩き出したようにさらにスケールアップを感じさせるので変に疑ってかかるのは止めようかと思います。よほどアクシデントがない限りは馬券内確実でしょう。

過去の名牝に比べ、秋華賞における欠点が少ないのもポイント。ブエナビスタはレッドディザイア、ウオッカはダイワスカーレット、さらにはレインダンスにまで先着を許しました。内回りの適性、脚質がモノをいう京都の2000mですので少なからず紛れはあります・・・が、アーモンドアイはオークスでは好位から突き抜けるパフォーマンスも見せ、後方一気以外の選択肢も増えました。シンザン記念で京都も経験済み。鞍上も百戦錬磨のルメール騎手ということで鉄板級の扱いとします。

ラッキーライラック

こちらは脚元のアクシデントでローズステークスを回避して直行。その後特に問題はなく順調にレースを迎えられるようです。しかし狙って直行のアーモンドアイに対し、予定外の直行ということで少し分が悪い感じですね。

先行脚質なので逆転の目があるとすれば過去の例に習いアーモンドアイより先に抜け出して凌ぎ切るレースになるでしょう。しかし先行勢にもカンタービレ、ミッキーチャームなど強力なディープ産駒もおり、後方にはアーモンドアイを筆頭にこれまたキレッキレのディープ産駒サラキア、プリモシーンのシルク軍団にトーセンブレスなど一筋縄ではいかないメンバー。馬体重も増加して成長もありそうですが、回りも成長しています。同じオルフェーヴル産駒のエポカドーロも躓くアクシデントがあったとはいえ秋初戦で敗退しているように、成長力という点では過信できないかと。あとは気性面で難しさが出てこなければ・・・

カンタービレ

個人的にはローズステークスをチョイ負けして人気落として秋華賞で狙う予定でしたが。。。ローズステークス勝ってしまったのであまり妙味がなくなりました笑

フラワーカップでも完勝したように小回り適性が高く、自在性が武器。鞍上に豊さんを迎えさらに人気に拍車がかかりそうなので、積極的に買う感じではないですが、それでも馬券的には切ることはできず。扱いに困る存在になっております。

サラキア

こちらはローズステークス2着でさすがの末脚を披露。ただしほぼ間違いなく出遅れるのは大きな欠点。広い外回りの阪神競馬場ではなく今回は内回りの京都2000m。直線勝負だけでは厳しいでしょう。小倉で500万を捲って勝ち上がってはいますが少頭数でしたし、とにかく展開次第。追い込み向きのレースにはなりそうですが全幅の信頼は置きづらいですね。

プリモシーン

これまたスタートに不安があるタイプ。前走関屋記念で古馬を撃破した点は評価できますし、ハマった時の末脚は世代屈指。ただしやっぱり器用さはないですし、血統的にも母系が短距離向き。GIで底力を問われる展開になると伸びきれない可能性もあるかなと。サラキアとともにシルク2騎が同じくシルクのアーモンドアイを負かしてしまうかというと・・・どうでしょうか。

枠順は金曜発表。枠順も秋華賞を占う上で大きな要素を占めますので要チェックですね!ラッキーライラックはとくに極端な枠には入りたくないはず。中目も偶数番が当たればいいですが。

今日挙げていない馬でも高配当の使者は潜んでいそうですね!ローズステークス惨敗組や新興勢力。その辺はまた結論の際に解説したいと思います!

ではまた週末に!

2018秋華賞結論!

おはようございます。

寝落ちして今に至る管理人です。

色々パターン考えましたが、下手に爆荒れを狙うのはやめました苦笑

府中牝馬ステークスも堅い決着でしたし。

ということ結論行きます!

◎アーモンドアイ
◯プリモシーン
▲サラキア
★オールフォーラヴ
△ラッキーライラック
△トーセンブレス
△ラテュロス
△ダンサール
△ランドネ

やっぱり頭はアーモンドアイで堅そうです。例年の超高速馬場だと…な感じですが今年はやや時計の掛かるソフトな馬場。シンザン記念を勝った京都の舞台で末脚を発揮炸裂か。

相手は色々考えましたが、やっぱりディープ産駒に落ち着きました。先行したい馬が多く流れは速いはず。ミッキーチャームあたりは相当スピードありそうで前半59秒は切ってくるか。となるとやっぱり末脚勝負かつ厳しい流れを経験している春のクラシック出走組を上位に見立てます。

ということで対抗にはプリモシーン。後方一気の脚質が見るからに不安ではありますが、破壊力はメンバー中でも随一。出遅れて詰まって消化不良な桜花賞は目をつぶって…春先よりパワーアップしているはず。フェアリーステークスを勝っているように小回りでもやれます。有力馬展望でも買いた通り血統的に短距離向きかもの不安もありますが、同世代のここなら覆せるとみます。

三番手は同じくシルク&ディープのサラキア。成長も伺えますしモレイラが騎乗停止で再度回ってきた池添騎手も期するところがあるはず。こちらも後方からでしょうが小倉のレースをみるとプリモシーンよりは機動力がありそう。シルク祭りになっても仕方なしの秋華賞です。

以下ローズステークス惨敗から巻き返しを狙うオールフォーラヴ、トーセンブレス、ラテュロスのディープ組。頓挫がありましたがやはり実力上位のラッキーライラック、内枠で先行型のランドネが穴。ミルコ兄さんのダンサールも大外が微妙ですが、押さえで一考。

ミッキーチャームは斤量一気に斤量とメンバー強化、同型が多いなど未知の魅力以上に不安点も多いので消しとします。

カンタービレも本来は狙いたい一頭ですがローズステークス勝って妙味半減とルメール騎手の好騎乗も大きかったので。豊さんなら上手く乗るでしょうが、今回は見送りの方向で。

1番買いたかったスカーレットカラーが取り消しになったのでちょっと残念ではありますが…

買い目は◎アーモンドアイから◯▲★へ馬連3点。

三連複は◎−◯▲★–印の馬へ18点!

当たりますように!

2018秋華賞振り返り

お疲れ様です。

いやー圧倒的な末脚で三冠達成しましたね!レースはディープインパクトの菊花賞よりも楽に見れました(偉そうにすみません)。

では展開予想がちょっとハズレた秋華賞を振り返ります。

スタートは有力どころはほぼ問題なしでした。◯プリモシーン、▲サラキアあたりも無難に出てマイポジションへ。

ミッキーチャームがスタンド前ですんなりハナに立つと…意外と誰も絡まない。オスカールビーが押して行くも1コーナーまでには深追いしない選択。

やや縦長の展開になるものの1000m通過が59.6…ミッキーチャームが後続をやや話して逃げる展開でこのタイムということで、馬券的にはこの時点でやられたなと。もう少し絡まれて厳しい流れになるかと思ってましたが、アーモンドアイを負かそうとすると(というより簡単に勝たせないようにすると)スローに落として前残りの展開に持っていくしかないという他のジョッキー心理がこのペースを作ったか。

アーモンドアイは4コーナー手前のでもまだ動かず。ただし手応えは十分。ラッキーライラックはいつもより一列背後のポジションでしかも勝負所では手応えなく。

直線で振り切りにかかるミッキーチャームに追いすがる後続馬。ラテュロス、ランドネが脚を伸ばしますが捉える勢いはなく。サラキアが伸びてくるも残り100mくらいでパッタリ止まり、3着は荒れるかなーと思っていたところに画面外から豪脚発揮のカンタービレが猛追するも及ばず3着。

アーモンドアイが大外から豪快に伸びて圧勝でした。

予想的にはもう少し展開が流れて後方待機組が台頭してくるかなと思いましたが…前述通り落ち着いた流れになりさらに楽逃げできたミッキーチャームが能力を発揮。カンタービレはまさかの追い込み作戦とは…さすが豊さんは考えることが違いますね笑 アーモンドアイより後ろにいる時点で勝ちはないと思いましたが、きっちり差してくるあたりはさすが。

◯プリモシーンはスタートからいつも通り後方待機で内を突く作戦も…馬券圏内を騒がすところまで行かず7着。自分で動ける馬ではないのでこの展開では仕方ないかなと。切れ味は世代随一なのは変わらないので、マイル前後なら今後も活躍できそうです。

▲サラキアは課題のスタートはまずまずで、中団より前でコースロスもなし。直線伸びかけて止まったのは距離と完成度の差か。

★オールフォーラヴは馬体はきっちり絞れましたが力が足りなかったかな。

以下後方待機型を中心に馬券を組みましたが返す返すも読み違え。

来週の菊花賞は一転混戦模様。

展開、実力をしっかり見極めて的中させたいですね!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara