2018菊花賞 予想!春の実績馬の信用度はいかに…

お疲れ様です。

先週の秋華賞は頭鉄板ヒモは大荒れ!の想定でしたが結局は堅めの決着となりました。

さて今週は菊花賞ですが…

これまた難解な一戦になりそうで頭が痛く痛いところ。春の実績馬か、夏の昇り馬か。

エポカドーロ

皐月馬でダービー2着。秋初戦こそスタートで大きく躓き、いつもの先行スタイルを取れず4着敗退。この敗戦をどう取るかが菊花賞の予想を左右しそうです。

叩いた効果で順当に上積みありと見るか、先行出来ず長く脚を使った分案外疲労があるのではないか。

菊花賞ではまずスタートを決めるのが大前提ですが、内枠引きましたし是が非でも行きたいのはアイトーン。以下ジェネラーレウーノ、メイショウテッコンも先行策。これらの馬の後ろにつけて脚を溜められれば皐月賞馬の貫禄を見せつけてくれるはず。

あとは体型、走法、血統ともに中距離向きかと思うのと父オルフェーヴルの狂気の血が爆発しなければ…牝馬と牡馬の違いこそあれど、ラッキーライラック、ロックディスタウンも順調に成長したとは言い難いところ。

ブラストワンピース

ダービーは直線の進路取りがまずかったのもあり5着敗退。その後古馬相手の新潟記念を完勝して挑む菊花賞。左回りでの爆発力は証明済みも、基本的には不器用な馬でコーナーを6回回る京都3000mで末脚が再現できるか?右回りは毎日杯を勝っているし不安材料にはならないですが…多頭数の内枠で真っ直ぐこじ開けれるほどスタミナと気力が残っているか。この一点に尽きると思いますね。

もっといろんな馬について書こうと思いましたが富士ステークスの予想も書かなきゃなので、一旦お開きにしますね(^_^;)

では土曜日深夜に結論書きますのでお楽しみに!

2018菊花賞結論!

おはようございます。

昨日の富士ステークスは◎◯でドンピシャ!あまり厚く張ってなかったのでちょい勝ち。アイビーステークスに手を出して外したのでトントンでした(^^;;

では悩みまくった菊花賞の結論を。

◎エポカドーロ
◯アフリカンゴールド
▲メイショウテッコン
★シャルドネゴールド
★エタリオウ
△コズミックフォース
△ジェネラーレウーノ
△ステイフーリッシュ
△ユーキャンスマイル
△グロンディオーズ

この陣容で行きます。

エポカドーロは成長が鍵ですが…やっぱり実力的には一枚抜けてると思いますし先行できるのは強み。他にも先行組で有力馬がいますがジェネラーレは気性が怪しい…春のクラシックで結果を残したエポカドーロから行きます。

2番手はここ2戦が強い内容のアフリカンゴールド。ステイゴールド産駒らしい小柄な馬ですがスタミナはかなりありそうで折り合い面でも問題なし。京都2400mで勝ちがあるのも適正面で心強い。鞍上若松風馬騎手とも手があっていそうなのでここはチャンスを掴んでほしいところ。

▲にメイショウテッコン。脚質ゆえかあまり人気になりませんが、こちらも実力はかなりのもの。神戸新聞杯では二の脚でダービー馬ワグネリアンに抵抗しましたし距離延長、京都替わりでもう一押しあれば頭まであるかも。

★にシャルドネゴールド。こちらもアフリカンゴールド同様ステイゴールド産駒。京都新聞杯上がり最速で3着。夏は条件戦で古馬と対戦して力をつけています。外枠がどうかですが内に潜り込んで折り合いがつけば末脚炸裂も。他の馬に比べて持ち時計がない(京都新聞杯は速いですが)ので例年より時計のかかる馬場になっているのも味方しそう。

以実力は確かもヨレ癖のある勝ちきれないエタリオウにも★印。

以下豊さん騎乗のユーキャンスマイル、ダービー3着はダテではないコズミックフォース、モレイラ騎乗のルーラーシップ産駒グロンディオーズ、京都新聞杯圧勝のステイフーリッシュまで。

まだまだ印が足りませんが…笑

キリがないのでここらへんで勝負!

現在1番人気のブラストワンピースはコーナー6回と右回りに不安なので思い切って消し!昨年は1番人気キセキを消して痛い目にあったのですが…果たして。

買い目は馬連で◎エポカドーロから印の馬へ9点、枠連で穴馬が多い8枠から全枠へ8点!

三連複は◎−◯▲★−印の馬へ26点!

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara