2018天皇賞秋予想!逃げ馬不在で今週もスローペース必至!?

お疲れ様です。

菊花賞も荒れたような、堅かったような…

1〜3着の単勝人気は7番人気→2番人気→10番人気。これだけ見たら結構な波乱ですが。

ジョッキーを見るとルメール、デムーロ、武豊。堅いですよね笑

それで三連複の配当が16,710円。

単勝人気順で見るとこんだけしかつかないの!?ですし、騎手で見たらこんなにつくの!?です。

まあ皆さん馬券上手ですよね!自分は皐月賞でガッツリ稼がせてもらったエポカドーロと心中。スタート絶好でニンマリしていましたが、あれスローペース…まあいいや。二周目3コーナー。まだ動かない。おいおい。

最終4コーナー。よし内に行った!けど伸びない。終了でした。まあスタミナ的に厳しかったんでしょうけど、もうちょっと動きのある展開を期待していたのでなんか微妙な菊花賞となりました。

さて今週も豪華メンバーが集結ですが、これまたドスローペースになりそうな脚質。

秋華賞、菊花賞とハイペースになるなる詐欺で結局スローペースに陥るという想定の逆パターン。ほんと展開読みって難しいですね(T_T)

ではスローペース確定の天皇賞秋、有力馬をちょっと分析します。

2018天皇賞秋

スワーヴリチャード

2018大阪杯の勝ち馬。その後距離不足と思われる安田記念に挑戦し負けて強しの3着。宝塚記念は使わず天皇賞秋一本に絞ってきました。中距離路線では現役最強クラスですが、左回りになるとさらにプラス。休養明けの一戦ですが調教もしっかり動いています。秋の目標はコース適性からも天皇賞秋とジャパンカップであることは間違いなし。先行勢がアルアインくらいで、枠順によってはスワーヴリチャードが押し出されて逃げる展開まで想定ですね。

それでも押し切ってくれそうなくらい信頼してもいい軸馬として扱う予定ですが…結論は週末まで持ち越し。

レイデオロ

先週の追い切り時に故障を疑うようなアクシデント。幸い脚元に問題がないということで天皇賞秋に向かいますが…GIだけにこのあたりの誤算が致命的にならなければいいですが。この馬は中団くらいからでしょうか。前を見ながら後続にも狙われるポジション。前はスワーヴ、アルアイン。マカヒキ、ステファノスあたりがいて後ろにサングレーザー、ヴィブロス。

なんといってもこの秋、神懸かり的な重賞成績を残しているルメール騎手が乗るので騎乗ぶりにも注目です。昨年のダービーのような早めに進出する、もはや乗れる外国人ジョッキーの代名詞となった早仕掛けから押し切るパターンとなるか?

マカヒキ

一昨年のダービー制覇のあと、海外遠征を経て帰国するもなかなか勝ちきれないレースが続いています。同期のサトノダイヤモンドが京都大賞典で復活しましたしマカヒキにもチャンスがあっても不思議なし。鞍上に武豊騎乗を配して先週のユーキャンスマイルの金子オーナー&友道厩舎のコンビでリベンジへ。

前走札幌記念ではサングレーザーに僅かに及ばずでしたがこの馬らしい切れ味を発揮。ダービーを制した府中で復活なるか?ですが…

案外小回りが得意になりつつあるような。キレッキレの瞬発力勝負になった時にヴィブロスやらサングレーザーにやられるような気も。

とミルコ兄さん、ルメール、武豊の騎乗馬について書いてみました。

結論はまた週末に!

 

2018天皇賞秋結論!

お疲れ様です。

土曜日の競馬は久々プラス収支(な気がする・・・)で無事終了!

アルテミスステークスは2歳牝馬重賞ということであまり深くは考えずに、わりと血統重視でいったらなかなかの高配当で良かったですね。

一方のスワンステークスは・・・ロードクエストが異次元の脚で差し切って久々の勝利をさらっていきました。ミルコ兄さんいよいよ覚醒かな?

 

馬券的にはロードクエストを完全エア状態にしていたので(来たらしゃーないと割り切って)悔しさはあまりないですが・・・

◎モズアスコット、〇グァンチャーレにしていたので残り50mくらいまでは熱々でした笑

まあ馬券はともかく予想の方向性は悪くないような気がするので、勢いそのままに天皇賞秋もゲットしたいところ!

では結論を。

◎スワーヴリチャード
〇ヴィブロス
▲アルアイン
★レイデオロ
△ステファノス
☆マカヒキ
☆サングレーザー
☆ダンビュライト
☆キセキ

というわけで、印回したのは当然人気上位ですが。。。

ちょっと捻りを入れました。騎手、実績からいくとスワーヴ、レイデオロ、マカヒキの3頭ボックスになりますが、さすがにそれではつまらない。

三連複1点勝負も考えましたが、ちょっと踏み留まって冷静に。

では印つけた馬の根拠を解説しますね。

◎スワーヴリチャード

説明不要なくらい個人的には現役最強だと思います。とくに今回の府中2000mはベストでしょう。秋は天皇賞秋、ジャパンカップが大目標で休み明けのここも当然勝負仕上げ。中距離のヌルいペースに馴染んたあとで安田記念を使ったこともプラスに働きそう。気性的にズルいところがありそうなのでマイルのペースが刺激になったはず。逃げ馬不在でスローが予測されますし、外からアルアイン、ダンビュライトあたりが先行していくと内で動けない可能性があるので、スタートしてからの2完歩目くらいで前目につけられたらしめたもの。あとは王道を突っ走ってください。

〇ヴィブロス

牝馬限定だと取りこぼしが目立ち、右回りだとワンパンチ足りず、2200mは微妙に長い・・・と非常にストライクゾーンが狭い馬ですが。ここは国内ではほぼベストの舞台でしょう。何度も書きますが展開はスロー。となれば切れ味勝負になるのは目に見えているのでこの馬に白羽の矢を立てました。内枠でロスなく運べば十分に一発はあるはず。とはいえ直線は真ん中より外が伸びているので、直線押し込められるのだけは勘弁です。そこはダービージョッキーの手腕に期待します(ユーイチさん割とよく詰まるので)!

▲アルアイン

皐月賞以来勝ち星がありませんが、内容的には悪くないです。京都記念、大阪杯は好位差しの形になりましたが2着、3着と健闘。香港は気難しさもあり惨敗ですが帰国初戦のオールカマーは好スタートから2番手、早めに抜け出したところをレイデオロに差されましたが交わされてからもしっかり抵抗できました。1F距離短縮はプラス要素ですしあとは左回りがどうか。ダービーでも超スローからジリジリ伸びていますので大きくマイナスになることはなさそうです。切れ味勝負になるとやっぱり分が悪いので、オールカマーのように積極的にレースを運んでほしいですね。

★レイデオロ

絶好調の鞍上を含め、これ以上評価は落とせないものの絶対的な存在ではないかと。2000m戦に出走するのは皐月賞以来で、以後2200~2400mを使い続けています。総合力は高いですが絶対的なスピード、切れ味でいうと上記3頭に劣るところがあるのではないかと思います。当然上位争いだとは思いますが、こちらもスワーヴリチャード同様、昨年取りこぼしたジャパンカップが一番の目標のはず。馬券的妙味を考えるとこのくらいの評価で濁しておきたいところ。

△ステファノス

とにかくタフに走る異色のディープ産駒。とはいえハマったときの末脚はやはりディープ産駒のそれ。また母父クロフネで東京適性は抜群に高い馬なので、ここでも押さえが必要でしょう。叩き2戦目でガラッと変わるのもこの馬(というか藤原厩舎)の特徴。秋初戦の毎日王冠は4着ですがキセキとは小差。むしろ休み明けにしては走り過ぎの心配をしてしまいますが。。。案外三連系の馬券でも人気していないので美味しい穴馬になりそうですね。コース取り的にはヴィブロス同様、内で我慢、直線持ち出してどれだけ弾けるかでしょうね。鞍上オドノヒュー騎手も未知数ではありますが・・・やっぱり外国人騎手かい!というオチもありそうです。

☆マカヒキ

ツイッターでも呟いたとおり、昨晩の夢で豊さんとともに復活!となりましたので正夢になるかどうか・・・はさておき。週中にも書いたとおり、母父フレンチデピュティがどうも「小回りくん」な気がしてならず。ディープ産駒、金子オーナー、友道厩舎と3拍子揃って3歳春のクラシックから人気してますし、何よりダービーのイメージが鮮烈なのでいかにも東京で走りそうですが・・・案外そうでもない。むしろ復活の狼煙とされている札幌記念で見せた4コーナーからの機動力こそこの馬の持ち味ではないかと。弥生賞もそう、若駒ステークスもそう、皐月賞もそう。好走は小回りが多いのです。今秋GI3戦連続穴馬で3着に持ってくる豊さんと友道厩舎の「武豊騎手とは手が合いそうと思っていた」など人気に拍車をかけるムードなのでここはひとつ冷静に。でもサトノダイヤモンドも京都大賞典で復活したし、好きな馬なので勝ったらそれはそれで嬉しいですけど笑

☆サングレーザー

扱いに困る1頭・・・モレイラ騎乗でなければあっさり切っても良かったんですけど。やっぱり東京2000mという舞台、このメンバーでは強気には推せないかな。前走札幌記念でマカヒキを下して距離克服!となりますが、インコースぴったり、直線もやや詰まりながらもロスなく抜け出した福永騎手の好判断(と運)もありました。短距離では圧倒的な決め脚を誇りましたが再度2000mでどうでしょうか。ただスローのよーいドンなので案外克服してしまいそうなんですよね・・・なので消さずに。

☆ダンビュライト

GIじゃ足りない、がもっぱらの評価ですが・・・皐月賞3着ですしGIIも勝っているのでイメージほど弱くないです。またルーラーシップ産駒ですし東京でもサウジアラビアRC2着とダービー6着。ダービーは超スローで持ち味活きずなので度外視・・・となるとここでも十分に足りる(馬券内には)のでは。前走オールカマーは出負けから巻き返して3着と、アルアイン、レイデオロには同期2頭に3馬身離されてはいますが悲観する内容でもないです。東京なら戸崎騎手も勝手よく乗ってくれるでしょう。まだ4歳で活力もありますしステファノスキャラになる可能性は十分。

☆キセキ

この馬もサングレーザー同様悩みどころ。前走毎日王冠はバッサリ切って3着に残られました。菊花賞馬になって長距離色が強いイメージですが本質的には中距離馬ということを再認識しました。と同時に、この馬平坦巧者では・・・という疑念も沸き上がりました。3歳春から素質はあったものの噛み合わず勝ち切れず、春はクラシック戦線に乗りそびれましたが、秋への狼煙となった中京500万下と新潟の信濃川特別。中京は直線坂がありますが、さすがに性能の違いで圧勝。信濃川特別は上がり32.9、勝ち時計1.56.9と強烈な印象を残しました。神戸新聞杯は馬群を縫ってレイデオロに迫るも2着。菊花賞は泥沼馬場でノーカウントとすると・・・あれ?菊花賞激走の反動から立ち直ってきたとしても、前走もステファノスを物差しにすると、GI馬としてはやや物足りない。今回1F延長は良いと思いますが、一線級のディープ産駒と東京でガチンコ瞬発力勝負になるとどうでしょうか。

 

という感じで、以上の馬たちをどう買うかというのがポイントかなと。

絞らないとトリガミもありますし、馬連好調なので基本は馬連でいきます!

馬連◎スワーヴリチャードから〇▲★△の4頭へ流し!
三連複は◎ー〇▲★△ー印の馬へ22点!
夢枠の三連単で1着スワーヴリチャード、3着ステファノス、ダンビュライト固定で2着は印の馬へ14点。

当たりますように!

 


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara