2018アルテミスステークス結論!府中マイルは合うはず。

おはようございます。

スワンステークスに続いて結論行きます。

2018アルテミスステークス

◎ビーチサンバ
◯エールヴォア
▲グレイシア
★ミディオーサ
△アズマヘリテージ
△トスアップ
△シェーングランツ
△アフランシール
△レディードリー

ここは1戦1勝のビーチサンバから。新馬戦はスローペースながら2番手から上り33.4で完勝。クロフネ産駒なので本質は瞬発力勝負には向かないですが、府中マイルは合いそうで好位につけれるセンスは強み。ルメール騎手から藤岡弟へのスイッチですが、友道厩舎なので普段から乗り慣れているはず。兄フサイチリシャール、姉のライラプスが府中で重賞勝ってますし血統的にも期待。

エールヴォアは未勝利のタイムと内容が優秀も、ヴィクトワールピサ×ワイルドラッシュで府中の瞬発力勝負になると、どうか。総合力は高そうですが牝馬特有の切れ味勝負になると取りこぼしはありそう。

グレイシアは前走のパフォーマンスが圧巻も、逆に荒削り過ぎて軸には置きたくないタイプ。スタートも不安ですし、母父ホワイトマズルですから…暴走機関車になる可能性もあるのでここは押さえの評価まで。あっさり圧勝の可能性もありますが今回は3番手。

ミディオーサ、シェーングランツのディープ2騎も当然評価は必要ですが、良血馬、名手ゆえの人気も。押さえますが重用はしません。

穴はアフランシール、アズマヘリテージの重賞経験組。あとは人気薄ながら未勝利圧巻のレディードリー、ジャスタウェイ産駒のトスアップ。

ここもスワンステークス同様馬連で行きます。

◎ビーチサンバから印の馬へ8点勝負!

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara