【波乱要素あり】2018武蔵野ステークス結論!府中専用機の追い込みに酔いしれるべし!

お疲れ様です。

デイリー杯は少頭数なのであまり捻らずでしたが、こちらはなかなか難儀な一戦。

軸は追込一手ながら末脚確実はサンライズノヴァで良さそうですが、相手が難しい。。。

三連系の馬券だとかなり手が広がりそうですが、どうしましょう。では結論を。

 

2018武蔵野ステークス

◎サンライズノヴァ
〇ナムラミラクル
▲イーグルフェザー
★ユラノト
△インカンテーション
△クインズサターン
△メイショウウタゲ
△モルトベーネ

 

ここは◎サンライズノヴァの鬼脚発揮に期待します。昨年の武蔵野ステークスは1番人気ながら12着に敗れていますが、3歳で56kgの斤量。加えて大井のジャパンダートダービーを使ったり適性外のレースで疲労もあったはず。今年は東京1400mor1600mに特化して使っていますし、昨年54kgで勝ったグリーンチャンネルCを今年は57kgを背負ってしかもスタートで躓きながら圧巻の差し切り。今年は昨年同様56kgでも出走となれば条件的には断然有利。充実期に入っておりここは負けられない一戦でしょう。

〇ナムラミラクルはここ2戦、先行して強い内容。鞍上にルメールを配し大幅強化。ちょっと人気し過ぎな気もしますがこちらも東京得意で4戦2勝2着2回とパーフェクト連対。個人的に前2走で馬券いただいてますし応援の意味も込めて。前走グリーンチャンネルCはサンライズノヴァに差されましたが1F伸びて逆転なるか。

▲イーグルフェザーもこれまた東京巧者。というか全22戦中なんと20戦が東京、7戦連続東京での競馬を継続中。前走は強いとされる3歳世代のシヴァージを撃破。末脚勝負になればこの馬にも出番あり。

★ユラノトは鼻出血明けですが仕上りは良さそう。東京1400でも勝ち鞍があり、函館1700でもハイランドピークに完勝しているあたり器用さというかレースセンスはメンバー中でも随一の存在。ケイティブレイブでGI勝ちした初騎乗の福永騎手に乗り替わるのも注目。

△インカンテーション以下もダート実績では上位の存在。交流GIでも堅実に走るインカンテーションは目標が先にありそうで調子は今一つの様子。相性の良い三浦皇成騎手がどう乗るかですね。

△クインズサターンはここ2戦末脚不発ですが、この馬もハマれば末脚は脅威。春先のGIII3着2回のコンビ四位騎手に戻りますし穴で一考。

△モルトベーネも休養明け3戦目で一変があっても不思議なし。アンタレスステークス勝ち馬でGII東海S3着馬ですし実績上位。前走59kg背負って見せ場を作ったので56kgに戻る今回はチャンスか。

△メイショウウタゲも充実。しばらく低迷していましたが2前走エニフステークスで13番人気で勝ち星を上げて前走交流GIの南部杯ではルヴァンスレーヴ、ゴールドドリーム相手に3着と健闘。そつなく立ち回ったにしても出遅れたノンコノユメに4馬身先着しています。

 

ということで人気どころではウェスタ―ルンドをばっさり切ります。右回りに実績が集中していますし、小回りのほうが向いている印象。近親にアンティノウスやコズミックフォースなど府中で実績のある馬がいますがこの馬は父ネオユニヴァースでタイプが違うはず。

芝からの転戦クルーガーも苦戦しそうですし、長期休養明けのグレンツェントも軽視したい一頭。

買い目は・・・

三連複一頭軸流しで◎サンライズノヴァから印の馬へ21点

前残りでサンライズノヴァが不発の終わった場合の保険で〇ナムラミラクルから馬連7点。

単勝が今のままで3倍くらいつけばサンライズノヴァの単勝も厚めに買います

 

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara