【上位拮抗も】2018エリザベス女王杯結論!混戦模様なら騎手で買え!?

お疲れ様です。

GI戦線もいよいよ中盤戦に突入かなという雰囲気。京都の4コーナーの逆光で見えない感じがいかにも秋競馬っ!昔の菊花賞の開催時期11月1週目がまさにそんな感じでしたよね。

ダンスインザダークの菊花賞やらエリモシックのエリザベス女王杯・・・ってやっぱり90年代後半の記憶が一番鮮明。

そんなエリザベス女王杯ですが、アーモンドアイ、ディアドラが出ない以外はほぼフルメンバーかなというメンツ。個人的にはマイルCSに行くと思っていたリスグラシューとミスパンテールがこっちに回ってきたのが本気を感じるので買いたくなる・・・のですが、相手関係を考えればたしかにこちらのほうが採算が合うのかなという現実的な理由かもしれませんが。

では結論とひとことコメントを。

 

2018エリザベス女王杯

◎リスグラシュー
〇モズカッチャン
▲ノームコア
★ミスパンテール
△ワンブレスアウェイ
△レッドジェノヴァ
△コルコバード
△フロンテアクイーン

 

◎リスグラシューはなかなか勝ち切れない馬で・・・東京新聞杯を勝っていよいよ覚醒かと思いきや、キャラ的には昨年と変わらず。脚の使いどころが難しいタイプ。鞍上にマジックマン・モレイラを配して新たな一面が引き出されることに期待しています。距離は1600~2000mくらいがベストで2200mは若干長い気もしますが・・・プリメラアスール、クロコスミアあたりが先手を取る流れでそう速いペースにもならなそうで馬群はバラけて縦長の展開か。馬群密集の消耗戦は避けられるはず。ならばこの馬の切れ味に賭けたい気持ちが強いですね。・・・昨年はとにかく京都のハーツクライ産駒は差し届かないと言い聞かせて常に馬券から外していましたが笑

〇モズカッチャンは最近スタート一息で後方からの競馬、とくに札幌記念は4角14番手という小回りでは絶望的な位置からサングレーザー、マカヒキにきわどく迫る好走を見せ3着。堅実掛けが魅力で、昨年と比べると目立たないミルコ兄さんとはいえが鞍上も魅力、つい飛びつきたくなりますが・・・結構評価に困る馬でもあるんですよね。というのが、持ち時計が非常に遅い・・・オークスこそ2.24.4と好タイムで2着に踏ん張っていますが、ローズステークスは休み明けとはいえ1.46.2で7着、秋華賞は重馬場で2.00.4で3着、エリザベス女王杯は良馬場で2.14.3で1着、京都記念は重馬場で2.16.5で4着、札幌記念は力の要る洋芝で2.01.1で3着。能力は出し切るけどワンパンチ足りない印象もある馬。ミルコ兄さんの一押しで勝ち切る可能性もありますが、例年よりやや時計がかかる京都とはいえ2.12秒前後で決着するはずでまた取りこぼし・・・けど馬券内の可能性が高そう。

▲ノームコアはまさにルメール人気という感じ。前走紫苑ステークスは1.58.0で強い勝ちっぷり。とはいえ今回戦うメンバーと比較すると相手関係が楽だったことも否めずこの馬も判断に迷う一頭。揉まれない外枠引いたのですんなり好位に取りついて早め抜け出しの画も描けますが、一気のメンバー強化に1F延長と課題もちらほら。

★ミスパンテールが個人的にはこの馬が一番怖い・・・ノリさんも久々のGIでしたし、もう一丁があっても。マイル路線に転向して連勝してヴィクトリアマイル、府中牝馬ステークスは敗れていますが関東圏の競馬なので度外視してもいいかも。関西圏、とくに京都は輸送が短いので能力を出し切れば頭まで。・・・根本的にスタミナ不足で失速の可能性も秘めている一方、あまり人気にならなそうなので馬券的には冒険する価値はありますね!

△ワンブレスアウェイ、最大の穴馬はこれかと!昨年夏にオープン昇格後は重賞でイマイチ安定感に欠いていますが、スタートさえ決まれば牡馬混合でも勝負できる馬。タイプ的にはモズカッチャンのスモール版なイメージでこれといった武器があるわけではないですが混戦でもつれたらひょっこり顔を出すタイプかなと。

△レッドジェノヴァは前走サトノダイヤモンドに迫ったは完全本格化とみていいですね。ただ母父ホワイトマズルですよ…。14戦のキャリアの内、掲示板外した2回と堅実駆けのイメージがあるレッドジェノヴァですが2番人気で11着、12着が。たまに謎の凡走するタイプな気もするのでこの人気では重用を控えておきます。

△コルコバードはようやく軌道に乗った感あり。基本的に関東でのレースが多く唯一関西圏のレースで馬券外の5着。それでも堅実ではあるのでこのメンバーでもやれていい。コンビを組む浜中騎手も2前走で勝ってますし問題なし。

△フロンテアクイーンもとにかく堅実。コルコバードと同じく京都は唯一秋華賞の14着ですが当時とは充実度が違いますし度外視。ここ2走馬体重の変動が大きいので輸送減りは注意したいですが、1ケタなら許容範囲で。意外と三連系でも人気していないのでヒモに一考。

人気どころで軽視したいのはカンタービレ。勢いのある3歳馬の代表格。ローズステークスは早め先頭から押し切り、秋華賞は後方一気と幅広いレースを見せるディープ産駒。個人的には小回りの機動力勝負の馬と思っていたのでローズステークス勝ったのは驚きでした。弟デムーロが乗るのでどんなポジションからレースを進めるかですが・・・ローズステークスは予想外の好走、秋華賞は反動がありそうな後方一気からの秋3戦目がどうかなーという感じ。タフに走るよりポン掛けのほうが走りそうな感じですし。あと弟デムーロが今季はあまり乗れてないので・・・(高額賞金で覚醒するかもですが笑)

 

ということで馬券の買い目は・・・

三連複◎リスグラシューから印の馬へ21点!人気どころで決まるとトリガミですが、ミスパンテール、ワンブレスアウェイの激走に期待しております。

あと馬連も◎リスグラシューから印の馬へ6点!モズカッチャン、ノームコアは少し厚めにしておきます。

武蔵野ステークスでも上手くハマった単勝も5倍つくなら買います。

 

結局印上位3頭は外国人で、4番手評価が先週JBCレディスクラシックを勝ったノリさん。調子がいい騎手を買っておけばあたる最近のトレンド(?)に乗っていきます。笑

 

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara