【ヒモ穴警戒】2018東京スポーツ杯2歳ステークス結論!

お疲れ様です。

先週の重賞は◎が4戦4勝と好調な予想が続いています。

今日は来年のクラシックを目指す2歳の戦い東京スポーツ杯2歳ステークス。

ディープ産駒に大物感がありそうな馬も出てきましたしハーツクライ産駒でも大物感あり、そしてジャスタウェイ産駒でも…と、なかなか楽しみなメンバーが揃いました。

早速予想にいきます。

2018東京スポーツ杯2歳ステークス

◎ヴェロックス
◯ルヴォルグ
▲カテドラル
★アドマイヤスコール
△ニシノデイジー
△アガラス
△ナイママ

◎はルメールの乗るヴェロックス。浜中騎手からの乗り替わりになります。この馬は切れ味勝負よりも持久力勝負。東京開催も終盤とはいえ、先週もスローからの上がり33秒前後の瞬発力勝負になっています。

しかしここはトーラスジェミニが逃げてカテドラル、ヴェロックスも前へ。切れ味勝負では分が悪そうな札幌2歳ステークス組のニシノデイジー、ナイママあたりが早めに仕掛ければ最後は持久戦になりそう。

ならばヴェロックス!相手はディープ産駒の大将格ルヴォルグ。先行から33.6の上がりを発揮して突き放した内容はグランアレグリアを思わせる走り。ムーア騎手の豪腕でここもしっかり脚を使えそうです。

3番手はキレッキレタイプではないカテドラルが踏ん張るか。ヴェロックスを封じた前走野路菊ステークスの内容は優秀。気性的にもしかしてまだ怪しい馬の可能性もあり、ハーツ×母父ロックオブジブラルタルといえばグレイルと同じ。まだ完成度も低そうで能力でどこまでか。

以下、意外なほど人気薄になっていますが未勝利勝ちが優秀なアドマイヤスコール。時計、内容ともルヴォルグと遜色なし。父ディープブリランテで少し嫌われているか。

あとは札幌2歳ステークス勝ちのニシノデイジー、コスモス賞でナイママの2着に入ったアガラスが東京で巻き返すはず。

ナイママは鞍上が不安…ですが2歳の間は注意が必要なマイネル軍団。人気ないですし押さえます。

買い目は三連複で◎–◯▲★–印の馬の12点!

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です